Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by XLR

Category: XLR  

新緑の稜線

もう一週間前になりますが「佐渡ロングライド」翌日の事・・・
赤玉迂回路の峠から見た澄み切った景色が忘れられず
約一カ月ぶりに大佐渡スカイラインへ上ってきました。
一瞬、自転車で・・・とも思いましたが足はXLR。
最終目的地はガメラレーダー真横の妙見山山頂で
本土の山並みを堪能しながらオニギリを食べるって算段です。




遠望効かず・・・




が、標高が上がるに連れアレレ?感増大。
昨日まで小木半島の向こうに見えてたはずの北アルプスが見えない・・・
見えてたらこんな感じだったのに~ 情報 by 「佐渡の四季+α」さん
まぁ、本土の山並みは見えませんでしたが新緑が綺麗だったおかげで
そんなに落ち込まず楽しむことが出来ました。


それにしても季節の移ろいは早いものです。
つい一月前、残雪が残り冬枯れしていた最高地点付近も・・・




残雪あり


↓↓↓↓↓


残雪なし



ガメラレーダーが建つ妙見山も・・・



大佐渡スカイライン最高地点の残雪2018


↓↓↓↓↓


緑化進行中




若芽が眩しい緑色に変わってました。
次回訪れるのはヤマツツジが満開の頃だから6月中旬くらいかな?
今年はガメラレーダーをバックにシャクナゲの花も見てみたいところです。
ちなみに、オニギリは遠望が今一だったんで適当な木陰で食べましたが
スープ代わりとなるはずだったカップラーメンはバーナーの燃料を忘れてしまい・・・
最近この手の忘れ物が多くなりました。




電柱ストレート




今回の足として頑張ってくれたXLR。
多少のガタピシはありますが今のところ大きなトラブルは怖いくらいにありません。
ただ、こんな時ほど要注意々・・・






Category: XLR  

隕石も栗も落ちる女神山

10月の佐渡はグルメイベントやスポーツイベントが目白押し。
毎週、どこかで何かをやってます。
先週末は地元の駅伝大会に参加しましたが慰労会まで
少し時間が空いたので同日にやっていた
「佐渡トライアルフェスティバル」の見学にGO。
が、いつもセクションがある場所に行ってみてもバイクたちが見当たらない?
時間が許す限りあちこち探してみましたが結局空振り・・・
どうも今年はコースが変わってたみたいですね~、残念!




紅葉山バス停




でも、せっかく小佐渡の山中まで来たので前々から行ってみたかった
女神山にある電波中継塔まで足を延ばすことに。




女神峠




以前、隕石の落下痕と伝えられる「星穴」に紅葉山公園から大汗掻いて上りましたが
山頂からだとすぐ歩いて行ける事が分かったので今度は楽して行きたいかなと。
ただ、峠から山頂までの林道は結構荒れておりそんなに楽じゃありませんでした・・・




がれ石




夏の豪雨の影響か轍が掘れて岩盤が剝き出しのところも・・・
XLRの走破性に助けられ無事クリア出来ましたが
次回来るならちゃんとしたオフロードブーツが必要そうです。




女神山電波中継塔




なんとかこうとか泥だらけになりながら山頂に到着。
山頂にはNTTや東北電力などのアンテナが何本かあり
本土からの電波を島内向けに中継しています。
この辺り、夜に来たら星が手に取るように見えるでしょうね~
まぁ、一人で来るのは怖いのでやりませんけど・・・




隕石の落下痕?


未紅葉




目的の「星穴」は山頂から登山道を下るとすぐ到着。
楽だわ~ ♪
周りの木々はまだ緑が目立ちますがすぐに色付く事でしょう。
この日、山頂付近の気温は10℃ちょい・・・
うっかり薄着で上ってしまったので堪えました ((+_+))




栗地雷


しばぐり




ちなみに、今年は山栗が豊作みたい。
イガを割るのが手間なんで拾ってきませんでしたが
慰労会が無かったら陽が暮れるまで拾ってたかも?
クマやイノシシが居ない佐渡ならではのお楽しみです。





Category: XLR  

2016佐渡国際トライアスロン

先日の日曜、28回目となる「佐渡国際トライアスロン」が行われました。
台風の影響により早朝から30℃を超えるという過酷な条件の中
1,800名あまりの鉄人たちが自分の精神・体力の限界に挑戦しました。
ちなみに、厳しい条件であればある程燃える選手が多いそう・・・
何と無くその気持ちは分かりますが自分はちょっと w
せめてポジティブな気持ちだけでも見習いたいところです。




バイクラック





ヘタレな自分は今年もバイクマーシャルとして参加。
足は昨年タイカブでガス欠するという失態をおかしたので
機能面はともかく航続距離では比較的安心なXLR。
二年ぶりの起用ですが途中で止まる事なくしっかり働いてくれました w
ただ、古い事は否めない・・・
アルミフレームのWR250Xなんて目の毒! あれイイな~





バイクマーシャル




今回の担当は小佐渡を回るB/Rタイプの約100km。
ドラフティング違反が激しいと聞く比較的先頭に近い範囲
でしたがわりとバラけていたのでそんなでもなかったかな?
とりあえず自分が見た範囲だけではありますが
以前よりマナーが良くなったと前向きに受け止めます。




休憩中



ボランティア




各エイドステーションでは地元の子供たちもボランティア。
「みず~~~~!」
「コーラ~~~~!」
「アクエリアス~~~!」
「バナナ~~~!」
と大きな声を出して頑張ってました。
けっこうなスピードで通過するので上手く渡すには慣れが必要です。




休憩中2




バイクコースはそのほとんどが海岸線。
まだ所々一車線しかない狭い区間もありますが
ここ10年の間にだいぶ改善され本当に走り易くなりました。
以前は観光バスが走り易いようにするのが道路整備の目的でしたが
最近はトライアスロンやロングライドなどスポーツイベント
による影響の方が大きくなってるかも知れません。
まぁ、どっちにせよツーリング好きにはありがたい ♪
せっかくなんで自分も久しぶりに自転車で走ってみようかな?
もうちょっと涼しくなって晴れていて尚且つ風が穏やかな日に・・・






Category: XLR  

天空のお花見 千竜桜

佐渡ロングライド前、最後の休日。
少し足慣らしでもしとこうか・・・
と思いましたがサボって天空のお花見にバイクでGO。
お目当ては「千竜桜」、大佐渡スカイラインの尾根付近にある桜です。




新緑の金北山



新緑のスカイライン




この季節は新緑が鮮やかで気持ちイイ!
道端には高山植物が数多く見られ道中飽きることがありません。




大佐渡スカイライン脇のカタクリ




中腹辺りから沿道には絶える事無くカタクリの花、
やさしい色合いがイイですね。




白雲台キャンプ場




登り始めて30分程で「千竜桜」があるという妙見キャンプ場に到着。
しばらく乗ってないとエンジンの掛かりが物凄く悪いですが
一度掛かってしまえばその後はわりと快調なXLR。
昨年まではいつ止まるか不安でしたがだいぶ信頼感が
増してきたのでそろそろ林道も行けるかな?




水津方面俯瞰




振り返ると両津湾越しに先日自転車で走った海岸線
この春はいつも霞みがかってスッキリとした青空が拝めません。


さて、お目当ての「千竜桜」はというと・・・




千竜桜



満開!?千竜桜




微妙な感じ・・・ではありますが咲いてました。
冬季間、数メートルの雪に覆われるため地面に這いつくばるような
枝ぶりになるそうですが植物ってのは大したものです。
少しは見習わないといけませんね・・・


ちなみに、この「千竜桜」の名付け親は新潟出身の写真家「天野 尚」さん。
ネイチャーアクアリウムの第一人者としても活躍されており
個人的にも憧れの存在でしたが昨年の8月に病のため他界・・・
さらなる活躍が期待されていただけに本当に残念でなりません。
コブダイや原生林をはじめとした佐渡では当たり前の自然が
じつは世界に通用する素晴らしいものだと気付かせてくれたのが
天野さんの写真集「佐渡-海底から原始の森へ」(2007年)。
あれがきっかけで色んなモノや人が動き出したような気がします・・・
この日も島内外から多くの人たちが天空のお花見に訪れてました。





Category: XLR  

夏のスイッチ

先週に引き続き、またまた素浜海岸までツーリング。
足は時間が無かったので快速?XLR。
比べる方が間違ってますがモンキーよりはやっぱり早い w




2015'素浜海岸




今回の目的はある漂着物を探すこと。
しかし、それなりに面白い物はありましたがお目当ての物は発見出来ず・・・




危険物・・・



ヤシの実




海開き前に行われた海岸清掃のおかげだと思いますがゴミが少ない。
空梅雨で雨が少なく河川からの流出物や濁りが入ってないのも大きいかな?
で、ふと見ると海水浴場にビキニ姿・・・




ビキニ




どこからか蝉も鳴きはじめ夏のスイッチ、入りました。






12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >