FC2ブログ

Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by モンキー

Category: モンキー  

お花見リバースツーリング

今週は地元の春祭りで身動きが取れなくなるのでそうなる前にストレス発散!
って事で小佐渡は前浜の海岸線をお花見しながら走ってきました。
足はヘッドライトをLED電球に交換してみたNERVモンキー。
ちなみに、今回の最終目的は銀行での通帳記入です。




規制なし




まずは両津港から前浜方面に向かいますが通行止めが解除されてる事を確認。
ここでダメなら先に進まず両津市街の銀行で事を済ませますが
大丈夫そうなので多田港まで進みそこから峠を越えて畑野町の銀行へ向かいます。




椎泊の桜




↑走り出して間もなく目に飛び込んできたのは椎泊の桜。
植えられてから約70年程だそうですが目立ちますね~
夜はライトアップもされてるそうなので機会があれば再訪したいところです。




大川の桜




↑大川集落、みかえり坂の桜。
「赤い橋」と姫崎灯台が見える絵にかいたような構図がお気に入り。




水津の桜




↑水津漁港上の桜。
このコーナーを回ると対岸に本土の山並みが見え始める
個人的にはいつ来てもワクワクするポイント。
ちなみに、ホンダZのカーステレオでFMラジオとか聴いてると
劇的に感度が上がり始めるポイントでもあります。




弁天岩の桜




↑水津漁港からちょっと先に進んだ場所にある風島弁天の桜。
ここにはキャンプ場もあり当日もいくつかテントがありましたね~
トイレが年中開いてる点もドライブ好きには特筆の重要ポイント w




片野尾の桜




↑風島弁天の先にある「くじら塚公園」の桜。
このあたりからは右手に山桜も目立ち始め青い海との
コントラストを楽しみながら進めます。
あまり知られてませんがこの公園の裏手斜面には巨大なクジラの骨が突っ立ってます。

話変わって交換してみたLED電球。
この先に現れるいくつかのトンネルでヘッドライトを点けてみましたが
残念ながら期待してた程明るくは感じませんでしたね~
白が強いせいか最初は点いてないのかと疑ったくらい・・・
その辺はあらためて夜にでも再検証したいと思います。




柿野浦の桜


岩首の桜




↑島内でも一番先に開花すると言われる柿野浦~岩首の桜。
朝陽が一番早く当り始めて日照時間が長いってのがその理由かな?
ただ、残念なのはその数か所で崩落が起こってる事・・・
海岸線を埋め立て新しい道路を作る計画があるそうですが
この桜並木がどうなってしまうのか心配なところです。

さて、あとはもうちょっと進んで峠道から国仲方面へ抜ければ
銀行で記帳して気分良く終われるはずでしたが・・・




規制あり・・・




通行止め!?

いったいどうなってる!?

行く手を遮る交通整理員に聞くと次の再開時間は1時間半後・・・
飛行機に乗ったら大阪まで行けるぞ!
まぁ、そこは抑えて桜を二度見しながら元来た道を逆走。
最初見た規制看板を海に沈めたいところでしたが奇麗な桜に免じて止めときました。





Category: モンキー  

モンキーのタイヤ交換 TT100 

イーハトーブのタイヤ交換が終わり一息ついたところで
外したタイヤなんかを片付けていたところ気になるものを発見。
後輪のタイヤが坊主になってしまったメッキモンキー用に
昨年?一昨年?に用意しておいたダンロップのTT100。
まだなんとかイケると引っ張ってるうちに交換する機会を逃し続けてきたので
勢いが残ってる今のうちに思い切って交換しておきます。




モンキータイヤ交換




どうしてすぐにやれなかったんだろう・・・
って思うくらいイーハトーブに比べたら軽くて楽♪
でも、タイヤを外す手数は同じ!
小さくてもちゃんとしたバイクだとあらためて実感です。

合わせホイールの場合、中が腐食して割る時に苦労する事もありますが
メッキモンキーのホイールは状態良好。
チューブもホイールに張り付いて裂ける事もありますが
見たところ劣化が見られないので再利用です。




8インチ 21インチ 比較


TT100 交換




いい機会なんでイーハトーブの外したタイヤと記念撮影。
タイヤだけで見るとその差が余計に際立ちますね~
同じスピードで走ったらモンキーのタイヤが早く減るのも納得です・・・




バンクシー?







Category: モンキー  

スタッドボルト修理

早いうちに折れてしまったNERVモンキーのスタッドボルト。
折れたままではマフラーを取り付けられず動かせないので
残ったスタッドボルトの抜き方を調べてみると・・・

1.残ったボルトにナットを溶接して回し抜く
2.センターに穴を開け逆タップで抜き取る
3.太目のドリルで穴を開けタップでネジ山再生

等々、色々な方法があるようですが「1」は難しそうなのでまずは「2」を選択。




エンジン下し・・・




最初は車体に搭載したまま下からチャレンジしてみましたが
どうにもやりにくいので面倒ですがエンジンを外して逆さまに。
それからセンターを外さないよう細いドリルから慎重に作業を進め
いよいよ逆タップを食付かせてみましたが全く回る気がしない・・・
そこで無理せず「3」に作戦変更。
下手に逆タップが折れ残るともう自分の手には負えませんからね。




スタッドボルト摘出




徐々にドリルを太くしていき最後はへばり付いた破片を摘出。

よっしゃ!一山超えた♪

これで後はタップでネジ山を切り直せば修理完了!
のはずでしたがドリルが斜めに入ったせいで穴が大きくなり
6mmのスタッドボルトが空回り・・・




リコイル




ここで仕方なく登場、リコイルモドキ w
ホンダZの修理でも活躍してくれましたがあるとないでは雲泥の差!
お陰様で無事に公道復帰出来そうです。

ところで、ドリルの刃。
最初ちっとも削れないんで熱処理され硬度が上がったスタッドボルトに原因がある
と思ってましたが昔買った新品のドリル(2mm)を試してみたところあら不思議!
面白いように切子が現れあっという間に貫通したではありませんか~
勢いでオイルトンネルまでぶつけるくらい・・・汗
どうも最初に使ったドリルは鈍らだったみたいです。





Category: モンキー  

スタッドボルト折れる・・・

夏祭りもイベントもなく只々暑いだけの今年の夏。
空いた時間にやりたい事が出来そうなものですが
いざこうなってみると暑くてヤル気が起きません・・・
それでもバイクにカメラ、篠笛にお風呂場の混合栓まで
次々と物が壊れてくれるので仕方なしの修理作業。

中でも一番厄介なのはNERVモンキーのスタッドボルト・・・




スタッドボルト折れる・・・




早いうちに取り付けたヨシムラのダウンマフラーですが
見た目と性能はともかく煩過ぎてストレスの方が大きいんで
音の静かな純正アップタイプに戻そうとしてたところ

キン!

という乾いた音と共にスタッドボルトが折れてしまいました。




スタッドボルトの残骸・・・




しかも、一番面倒そうなとこで折れてる!
せっかく大人の判断で良い事してたのになぜ!?
これまで何度もマフラー交換はしてきましたが
スタッドボルトを折ってしまったのは初めてなんでショックです。

それにしても折れた原因は何だろう?
このエンジンは搭載してまだ一年も経ってないし
そんなにきつく締め込んでもいないのに・・・
まぁ、原因はともかく抜き取らないと次に進めないので何とかしないと。





Category: モンキー  

フロントフォークオイルシール交換

ヨシムラのマフラー装着で元気になったNERVモンキー。
キャブレターの細かな詰めは現場で試すのが
一番なので工具を持参しあちこち走ってみる事に。




キャブセットラン




海岸線から峠道まで色んな状況で試してみましたが
抜けが良いので長い直線なんかは伸びますね~
ある程度回すと排気音が静かになるポイントがありますが
そこまで回すとついついオーバーペースに・・・
人目を気にせずのんびり走りたいとなると難しいかな?
低速時のトルク感は前に付けてた中華アップマフラーが
好印象だった事もあり元に戻すかちょっと悩みどころです。


あと、別件でも悩みが発生。
元気に走り過ぎたせいかフロントフォークのオイル漏れが酷い事に・・・
元々少しずつは漏れてたんでいつかはこうなると思ってましたが
流石に見過ごせないレベルまで来たのでこの機会に修理する事に。




脚立リフト




脚立を利用して宙づりにしたらフロントフォークを分離。
すでにオイルシールは用意してあったので
頭の中でシュミレーションした通りに・・・とは進まない!
やはり実際やってみないと分からないトラブルがあるもんです。




オイルシール交換




多分、OHされるのは初めてだと思われますが片方にあって
もう片方には入ってない部品があったりする・・・
素人でも気になるくらいの粗い仕上げと単純な仕組み。
まぁ、ガタなくオイルが漏れなければそれで良いんですが
組み直すにはパッキンの追加など少し工夫が必要でした。
ちなみに、オイル量は30ccくらい入ってましたが
ネットで情報を探すと60cc前後が妥当との事なんで
とりあえずそれで試して問題があればまた考える事にします。






1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >