FC2ブログ

Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by ダックス

Category: ダックス  

20'バージョン総括

年の初めには考えもしなかった新型コロナウイルスの蔓延。
この年末にきてもその勢いは増すばかり・・・
医療関係者や周りの人たちに出来るだけ負担を掛けないよう
外出を控え感染防止に努める日々が続いてます。
それでも自分の場合は3蜜を避けられる趣味があって良かったかな?
ガレージ籠りが増えた結果、例年以上に色んな作業が進みました。
中でもダックスは地味ですが色々進化したので備忘録も兼ね
年末恒例の20’バージョン総括をしておきます。

まず、前年度からの課題であったオイル交換はバルブスプリングをシングル化した際に完了。
(2020/4 走行距離106.8km時)




ダックス オイル交換




試しにスーパーゾイルも添加。
なんとなくノイズが少なくなって加速もスムーズになったようですが
バルブスプリングも一緒に換えたので効果の程は未知数・・・
まぁ、改悪にはなってないから良しとします。

他には数年越しで実現した純正ジェネレーターへの換装。
これは効果覿面!アイドリング時に暗かったライトの光量が増し
ウインカーと同時に点けても狙い通り減光具合が改善されました。
これで暗い夜道も安心して走れます。

あと、バッテリーのコンパクト化。




バッテリーコンパクト化




大きさが半分になったのでパッと見は6V仕様になりました。
取り付ける際、以前切り取ったバッテリーケースの片割れが
どこかにあったような気がして段ボールの中を探してみたところ発見!
なんでも取っておくものですね~
おかげでウインカーリレーをスマートに装着する事が出来ました。

ちなみに、満足度が一番高かった作業はフロントホイールのセンター出し。




フロントホイールセンター出し




うちのダックスは最初からフロントホイールのセンターが出てなくて
前から見ると左側にだいぶ寄ってる状態・・・
全ての旧油圧フォーク車がそうなのか?
それともうちだけの個体差か?
これまではワッシャーをカラー側に挟み込んで誤魔化してきましたが
それだとフォークが下で広がる状態になるんで機能的には今一な状態・・・
解消するには物理的にブレーキパネル側を削って右に寄せるしかないので
思い切ってやってみたところ狙い通りセンターをキッチリ出す事に成功!
フロントフォークの歪みと一緒にモヤモヤも一気に解消です。




2020’バージョン




走ってみると当たり前かも知れませんが手を放しても真っ直ぐ進む!
これまでは体全体でバランスを取る必要があったのがウソみたい・・・
どうも純正部品を削るのが納得出来ず二の足を踏んでましたが
こんな事ならもっと早くにやっとくべきでした。






Category: ダックス  

I've Got The Power!

新型コロナ蔓延防止の外出自粛をきっかけに始めた作業が
いくつかありますがその中の一つがダックスの各部見直し。
バルブスプリングやジェネレーターの交換を行いましたが
そのついでに行ったのが外したマフラーのリペイント。




マフラーお化粧中




サンダーでざっと錆を落とし普通の「アクリルラッカースプレー」で重ね吹き。
ガストーチで強制乾燥させると耐ガソリン性能はともかく
「耐熱ブラック」と耐久性ではあまり変わりませんからね。

で、乾燥させてる間にちょっとお試し。




サイクロン




ヨシムラのサイクロン!

昔から憧れてましたが目指すダックスのスタイルには合わないし
何より高価なんであまり見ないようにしてきましたが・・・
まぁ、レガマフラーの爆音もなんとかしたいと思ってたので
付けてみて静かだったらそのまま交換もアリかなと。




ヨシムラ T2




で、峠に持ち込み試してみましたが・・・
高回転になるとレガマフラーと音量はそんなに変わらない!?
アイドリングは音が低く静かだったんでいけると思ったんですけどね~
ただ、吹け切った音質は独特でトンネルの中は思わず3往復したくらい w
ちなみに、キャブのセッティングはレガマフラーに合わせた状態で
下から上まで淀みなく奇麗に回ってくれました。
乗った感覚としてはレガに比べて発進時のトルク感は若干下がったけど
上の伸びはかなり良かったんじゃないかな?

でも・・・

しばらく遠目に眺めていて確信!
このかち上がったサイレンサーは違うよな~
60年代あたりをイメージするならやっぱりレガだわ。





Category: ダックス  

ホンダ純正ジェネレーター

ホンダ純正ジェネレーターに交換したダックス。
配線を繋ぎ直しプラグに火が飛ぶ事を確認出来たので
キックしてみたところ以前より始動性が悪くなった!?
それでも掛かってしまえば問題なさそうなので仕事上がりに実走テスト。




純正軽量ジェネレーター




タイミングライトで念のため点火時期を確認してみると
交換前と比べて最大進角は変わってませんでしたが
低回転時の遅角具合が若干少なくなってる・・・
始動性が悪くなったのはこのせいかな?




ライト光量問題なし




交換する最大の理由であったアイドリング時の光量不足は
ウインカーやストップランプを同時点灯しても以前と比べたら雲泥の差。
これで回せばもっと明るくなるので灯火系の強化は狙い通り!
バッテリーの充電電圧もしっかり出てるので交換作業は上手くいったようです。

ただ、調子に乗って暗い夜道を遠回りしてたらガス欠に・・・




ガス欠・・・




カバンの中のタイミングライトは役立たず・・・
こんな時、全波整流化してたらヘッドライトが点いたんだよな~





Category: ダックス  

ジェネレーターの純正&軽量化

バルブスプリング仕様変更の効果を実感出来たところで
もう一つなかなか出来なかった作業に着手。
前からやろうと思うだけで終わってたジェネレーターの交換・・・
アイドリング状態では蝋燭並みにしかヘッドライトを光らせる事が出来ず
夜の交差点では怖い思いをしてきたのでホンダ純正に交換します。




ジェネレーター交換




物は軽量アウターローター付きって事で入手済みでしたが
全波整流化をもくろんだのが原因で手付かずに・・・
そこで、今回は面倒な全波整流化はせずにそのまま交換し、
どうしても必要性を感じるようであればまたその時考える事にします。




軽量アウターローター




アウターローターは純正を削った物で重量は約2割減。
あまり軽くし過ぎると非力なエンジンではトルク不足になるそうですが
うちの場合はボアアップしてあるし反対側のオイルフィルターローターも
軽量化してあるんでバランス的にはちょうどイイんじゃないかと・・・
まぁ、あれこれ悩んでいても何も解決しない。
ただ、これまで悩み続けた4年間も無駄じゃなかったはず・・・





Category: ダックス  

シングルバルブスプリング実走テスト

バルブスプリングをシングル化したダックス。
効果の程を確かめたかったので人混みを避け実走テスト。
コースはこれまでとの違いが分かりやすいよう
走り慣れた小佐渡の峠道から海岸線へ。




棚田




結果、Wスプリングに比べて気持ちエンジンの回り方が軽くなった感じ!?
音で無理やり表すと「ズイィーズイィー」と重い感じだったのが
「ブイィーンブイィーン」と引っ掛かりが取れたような・・・
つづら折れの峠道ではアクセルのオンオフを多用しますが
今までよりもギクシャクしなかったような気も・・・
ヘッドを組み直したばかりで抑え気味にしてた影響もあるかと思いますが
普通に走る分には今のところ悪い事はなさそうです。




迷走・・・




人混みを避け過ぎて未開の土地まで・・・
念のため工具は多目に持参してましたが
こんなドン詰まりで壊れたら大変なところでした。






1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >