FC2ブログ

Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by タイカブ

Category: タイカブ  

2019 佐渡国際トライアスロン

台風接近で雨が予想されていた今年の佐渡国際トライアスロン大会。
幸いなことに進路が少しずれたおかげで雨雲の空白地帯となり
当日(9月1日)は朝から暑いくらいの好天に。
ただ、前日に吹いた強い西風の余波でスイムは苦戦したらしく
足が売り切れバイクやランでリタイヤされた方も多かったとか・・・
自然相手は思うようにいかないものですがそれを克服するのも
トライアスリートには醍醐味の一つなんでしょうね。
選手の皆さん、ボランティアの皆さん、お疲れさまでした。


自分は今年もバイクコースの審判として参加。




2019佐渡国際トライアスロン




足はタイカブ。
XLRも悪くありませんがルール違反の監視業務に加え落下物の回収など
ストップ&ゴーも多いのでカゴ付きノークラがやっぱり便利です。




審判業務中




でも、これ見ちゃうとな~




GL1800




こちらのGL。
昨年までは同じ色でもエッジの効いた旧型だったはずなので
オーナーさんに聞いてみると最近こちらに乗り換えたそう。
しかも、前車は島内で欲しい人を探してたとか・・・
タイミング次第ではもしかするともしかしてたかも・・・
どうもGLとはご縁が無かったみたいです・・・


やっぱりうちはちっちゃいのだな。





Category: タイカブ  

錆落とし

梅雨前線の影響で大雨となった九州地方。
避難指示が広い範囲で出されたりと大変な事になってましたが
梅雨明け前には必ず梅雨前線が日本海側へ抜けてくるので明日は我が身!
今年はいつもより注意する必要がありそうです。

ただ、すでにけっこう降ってるんですよね~
雨上がりのガレージ内は湿度が高くエアコンが欲しいような状況で
メッキ部品や鏡面加工したアルミパーツには浮き錆が・・・
雨に濡れたホンダZが錆びの発生を助長したか!?

で、見てしまったからには放っとけないので錆退治!
まずは梅雨入り前から錆が気になっていたタイカブのフロントキャリアから。
この機会を逃すとまたいつになるか分かりませんからね・・・




サビトリキング




ここで活躍したのが「サビトリキング」。
以前使って好感触は得ていましたが今回使ってみてやっぱり良いと確信!
これ、「ピカール」とはちょっと違った錆の落ち方で削り落とすっていうより溶かすって感じ。
流石に瘡蓋状になった錆は最初にある程度除去してからになりますが
あまり力を入れず擦るだけなんで磨き傷もほとんど目立ちません。
一体なんの成分が効いてるのかな?

それにしても、サビトリキングもさることながら感心するのはホンダ純正部品のメッキ。
多分国内でメッキされてるんだと思いますが耐久性が抜群です。
NERVモンキーの前身から取り外して処分した中華製メッキ部品は
細かな鱗状にメッキが剝がれ磨くどころの話ではありませんでしたからね・・・





Category: タイカブ  

タイカブのタイヤ交換 備忘録

今週末に迫った佐渡ロングライド
先月発生した落石による通行止めの影響で島を一周する
Aタイプ(210kmコース)はコース変更となりました。
迂回コースはちょっとしたヒルクライム・・・
正直、坂が苦手な方には厳しい・・・かも?
逆に坂バカさんには笑いが止まらない状況か!?

その影響で自分は迂回区間の監視にオートバイで回ることに。
ホントは自転車で参加したかったところですが
参加者の安全優先なんで仕方ありません。
で、急遽出番となったタイカブですがタイヤがヤバい・・・




ひび割れ・・・




まだ溝は残ってるしチューブ式なんで正直このままでも・・・
と思いましたが二年前から気になってたんでこの機会に交換します。




新旧タイヤ比較




まだもったいない!
某ヘビーユーザーに怒られそう・・・
ちなみに、新調したリアタイヤは今までと同じD107(2.50-17 6P.R.)。
自転車のそれより送料込みでも格段に安い w




カブのフロントタイヤ交換




ついでなんでフロントタイヤも交換。
もう5年も前にタイヤは用意して明日やろうと寝かせてましたが
この機会を逃すとまた5年伸びそうなんで決断しました。
ちなみに、今まで寝かせてたやつは2012年製で履いてたやつは1995年製・・・
で、交換作業は2時間ほどで終了。
こんな事ならもっと早くにやっときゃよかった・・・




ニュータイヤ装着




で、さっそくテスト走行してみてその変化に驚いた・・・


ナニこれ!?超滑らか~🎵






Category: タイカブ  

ランガンスタイル

雨の日の休日が続いた10月後半から一転!
ようやく晴れの休みがキターーーーーー♪
って事で前夜は色々予定を立てながら眠りにつきましたが
うっかり寝坊してしまい早々に計画倒れ・・・
そこで、いくつかの予定をまとめて実行することに。

タコ獲りツーリング!




タコハンターカブ




タイカブでポイントを移動しながら外海府を北上していくランガンスタイル。
予定では岩場に潜むタコを片っ端からゲットする作戦でしたが
どうもこの日はみんな揃ってお出掛けしてたみたいで・・・




片辺大橋




まぁ、ポイントの開拓も兼ねてたので悔しくはありません・・・

で、帰る事にしましたが元来た道を戻るのもつまらないし
せっかく外海府まで足を延ばしたので
入川からデンデン山経由で国仲方面へ戻ることに。
大佐渡山脈をショートカットするこのルートは通った事がないし
「入川渓谷の紅葉はそりゃ~見事だぞ」
と前々から聞いていたのでちょうどいい機会かと。




入川渓谷入口




まずは入口の警告看板に「通行止め」の文字が無いのを確認。
ドンデン山頂から入川方面に続くこの道は大雨や強風により
土砂崩れや落石、倒木などが多発するので
事前に通行止めになってないか確かめておくのが無難です。




入川の紅葉




川から離れる辺りからは狭く曲がりくねった道路が山頂まで続きます。
ちなみに、入川渓谷の見所ですが序盤が山場だったようで
気が付いた頃には遅かった・・・
山頂付近はほとんど枯れ木になってました。




杉葉地獄




路面は台風の影響か落ち葉で凄い事になっており
つるっと滑ってヒヤッとする場面も何度か・・・汗
放牧された牛たちによる地雷原もあるそうなので気が抜けません。
所々川のようになってる場所もありましたがそこはタイカブ、
更にはチェストハイのウェーダーにゴアテックスの雨合羽、
じゃぶじゃぶ突き進んでも苦にならない w
むしろ開き直ったら楽しいくらいでした。
トイレさえ我慢出来れば最強!?




防水仕様




けっして怪しい者ではありません・・・




振り向けば外海府




峠付近からは眼下に入川集落と日本海が望めます。
ここまで何回か写真撮ったり休みながらで約40分・・・
家に帰るなら素直に元来た道を走った方が断然早い事が判明 w
けど走って面白いのは間違いなくコッチ!
何度も見てる国仲平野も峠を越えて見ると格別の感がありました。




タイカブ、峠を越える




ところで、今回初めて相川側(入川)からドンデン経由で両津側(梅津)に
抜けて気が付いたのがカーブミラーの番号標識。
あれって両津側の「1」から始まり相川側まで峠越しの通し番号だったんですね。
てっきり山頂あたりが最終番号(50くらいだったかな?)だと思ってました。
相川側で最初に気付いたのが「120」だったので多分もうちょっとあると
思いますがこれは意外な発見でした。




カーブミラーの通し番号




それと、セーラームーンに向こうを張った魔法の杖(タコゆすり棒)。
遠心クラッチだから良かったものの峠では物凄く邪魔 w
たまに見掛けますがロッドホルダーみたいな物を作って
手ぶらでいける方法を考えた方が良さそうです。




錦秋





Category: タイカブ  

2017佐渡国際トライアスロン 備忘録

2017佐渡国際トライアスロン」が開催された先週末の佐渡ヶ島。




バイクラック




全コース合わせて約2,000名のトライアスリートが競技に参加。
トランジッションエリアにずらっと並んだロードバイクは
色んな工夫や発見があって面白いですね~
小さなサドルも物によってはオートバイのシートより高価・・・
ハマると恐ろしい世界が目の前にあります。


さて、今年は2年ぶりにタイカブでのマーシャル業務。
前回は途中でガス欠するという大ポカをやらかしたので
今回はそうならないよう予備タン持参で臨みました。




タイカブ兄弟




出発前にタイカブ(HA06)、二台並んで記念撮影。
滅多に出会えない兄弟車と二年ぶりの再会です。
あと、カブつながりではこんな車両も・・・




カブ改




何気にLEDヘッドランプやタコメーターなど一通り改造済。
カゴにはホンダ純正オイル缶に入ったガソリンが2本!
無事に佐渡一周出来たのかな?
それよりも今はボディーブローのようにタコメーターが気になって仕方ない・・・
原付には必要ないと思ってましたがあればやっぱりイイよな~
個人的に今回一番刺激を受けた一台です。




バイクマーシャル業務中




マーシャル業務中のタイカブは今年から前カゴにお買い物ネットを装着。
べつに魚や野菜を買いに行くためではありません・・・
コース上に転がったドリンクボトルは非常に危険なので回収しますが
前カゴに入れてそのまま走ると風圧で飛び出してしまうのでこの作戦。
指定された場所(ボトルキャッチャー)以外へのボトルの投げ捨ては
禁止なので本来なら落ちてちゃいけないんですが・・・
軽量化のためやっちゃうんですかね?
投げ捨て行為は即ペナルティーボックス行き!
このあたり選手たちのスポーツマンシップを信じます。




バイクマーシャル業務無事終了




ところで、写真では青空ばかりですが局地的には激しい通り雨も・・・
おかげで自分は何度か全身ずぶ濡れになりました。
まったく濡れずに済んだマーシャルも居るのに・・・
どうも今年は当たり年みたいです。






1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >