FC2ブログ

Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 自転車

Category: 自転車  

ハンドル交換調整ライド

秋と言えばスポーツ。
それなのに毎日々埃っぽいガレージに籠ってばかり・・・
これじゃ~体に良くないわ。
そこで、久しぶりに自転車で出掛けてみる事に。




海に出た!




向かった先は大佐渡・相川方面。
当日は久しぶりにミニベロ持って新潟への遠征を予定してましたが
朝起きてみたらけっこうな雨が降ってたので断念・・・
よって道路が乾くまでは埃っぽいガレージで過ごす事となり
出発は天候が回復してからのお昼過ぎとなりました。




夫婦岩




コロナの影響で中止となった「佐渡ロングライド」のコースを
急ぐことなくブラブラ寄り道しながら途中までトレース。
今回は直前に交換したハンドルのセッティングも行いましたが
海岸線は色んなシチュエーションを試せるので好都合。




ヒルクライム




チョイ乗り程度じゃ良いも悪いも判りませんからね。

ドロップハンドル 400mm ⇒ 410mm
クイルステム   90mm ⇒ 80mm
バーテープ    ブラック ⇒ ブラウン

ちょっと狭くて遠いと感じてたハンドルの違和感が解消され
相乗効果で首も楽になり肩凝りも減りました。

ちなみに、道中色々な発見がありましたが今回一番のトキメキは・・・




金猿!




眩しいっちゃ!

さすがは佐渡金山のお膝元です。





Category: 自転車  

錆好きホイホイ

9号、10号と続いた台風襲来。
こちら佐渡島では雨・風の被害は全くありませんでしたが
その代わりフェーン現象で記録的な暑さに・・・
もう日中夜間を問わず体力温存で外出は自粛。
まだ陽が上り切らない早朝だけが外で活動出来る貴重な時間です。




稲刈り直前




ついこの間田植えが終わったと思ってましたがもう刈り取り目前。
今年はコロナのおかげで季節の進み具合がしっくりきません・・・
あまりに暑いんで気が付きませんでしたがもう秋なんですね。

そんな田んぼを横目に海を目指して走ってると道端に気になるものが・・・




CL



ちょっと前から置かれているのは知っていて遠目に見ても
ホンダの旧車(CL?)だということは分ってましたが
スクランブラータイプのマフラーが良いですね~
欠品は無さそうですがホイール周りが残念な状態・・・
でも、なんとかなるよね・・・


こいつは危険だ




Category: 自転車  

パナモリマウンテン、路上復帰

寒い頃から補修ペイントを進めていたパナモリマウンテン。
元から付いてた部品もようやく使える目途がついたので
「長浜のトビシマカンゾウを見に行く!」
と言う大義名分を無理やりでっち上げヤル気を鼓舞。




パナモリ完成




で、完成♪

錆が酷過ぎたチェーンとブレーキ取り付けボルトは交換しましたが
その他の部品はひび割れたタイヤも含め全て再利用。
ほぼ当時の姿で路上復帰させる事が出来ました。




長浜のトビシマカンゾウ




乗ってみた第一印象は「乗り易い」!
スリックに近いタイヤの影響が大きいんだと思いますが
見た目の割にハンドリングは軽く前に自然と進む感じ。
中古チェーンやギアまわりからの騒音も少ないんで
ロングライドでもストレスなく走れそうです。




背合バス停




派手なネオンカラーも今見ると悪くない。
たまたま出会った地元の婆ちゃん達にも
「キレイな色だの~」
と好評でした w





Category: 自転車  

パナモリマウンテンのサドル再生

フレームの補修ペイントとメカ整備に先んじて進めていた
パナモリマウンテンのサドル修理。
元々付いていたアボセットのサドルは少し破れはあったものの
パッと見はそのままいけそうに思えましたが持ってみると
やたら重く感じたので指で押してみたら破れから水が噴出!
赤いダホンのサドルに続いてお前もか・・・
と思いながらも作業工程は概ね同じだと判断し分解開始。




これがホントの吸水シート




まずは中のスポンジがどうなってるか確認してみましたが
全体に水が染み込んでたので表皮を剥いで正解。
破れたところから押し出すだけでは乾かなかったはず・・・




遠赤乾燥中




新聞紙を押し付けて出来るだけ水分を少なくしてから
コタツの遠赤効果を利用して乾燥促進。
この冬はこればっかだった w




乾燥ダイエット成功




結果、約60gのダイエットに成功!
持った感じは数字以上に軽く感じるから不思議です。
ホント、面倒でも修理出来て良かった。
他にも使えるサドルはいくつか持ってましたが
オリジナルが使えるならそれに越した事はないですからね。





Category: 自転車  

パナモリマウンテンのメカ整備

先日、補修ペイントに一区切りついたパナモリマウンテン。
しばらくは天井にでも吊って保管する予定でしたが
せっかくなんで一度パーツを組み付け走らせてみる事に。




パナモリのパーツ一皿




分解後、手付かずのまま仕舞ってあったパーツ。
欠品は無いようですがいつものごとく錆びだらけ・・・
アルミの腐食は磨けばイケそうですがメッキが剥げたのは厳しいかな?
まぁ、見た目は多少悪くても機能的に問題なければそれで良し。
出来るだけ元の状態に戻し当時の性能を確かめます。




錆びた5ピン・・・


トリプルギア分解




バラシて磨く!




錆びたディレーラー


ディレーラー磨き




とにかく磨く!




DXペダル分解




錆びて固着していたペダルもバラして磨く!
ホイールのハブも同様にバラして洗浄&グリスアップ。
両者ともカジってたのでゴロゴロ感は多少残りましたが・・・
まぁ、許す。




チェーン継足し・・・




チェーンだけはあまりに酷いんで再生断念・・・
何かの車体から外した7速用中古チェーンがあったので
数コマ足りない分は捨てずに取ってあった切れっ端を継足して間に合わせます。




デオーレDX




ちなみに、メインのコンポーネントはシマノの「デオーレDX」。
80~90年代のパーツで「XT」に次ぐセカンドグレード・・・
シマノの釣り具で例えると「ツインパワー」ってところかな?
当時、自分が乗ってたSHOGUNは「EXAGE 400 LX」
(シマノの釣り具で例えるとバイオマスター?)だった事もあり
いつか使ってみたいと思ってた憧れのパーツです。







1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >