Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 07 2006

Category: ツーリング  

初夏のダチョウロードをゆく

朝、ふと目が覚めたら外から眩しい陽射しが!?
連日の雨で外にも出られずストレスがたまり捲くってたので
これを逃す手はないと早朝ツーリングに出かけました。

朝飯までの小一時間・・・
遠くまでは行けそうにないので目的地は ダチョウロード!

まずは一路、海に向かいました。


朝陽が目にしみる・・・


西風の強い日は両津湾がベスト。
鏡のような海と朝焼けに染まる雲を眺めながら一服です。
私はタバコはやらないのでコーヒーブレイク!
と思いましたが復刻メロンソーダが目に入ってしまいつい・・・
マイルドな甘さがグッドです (´ー`)

さて、時間も無いので先を急ぎます ε=ε=ε=┌| ∵|┘

右手には不動のホンダZ、N3・・・
いつか一緒に走り出せるといいな~と夢見ながら
通称 びんじょろ坂 を駆け上がります。

ルームミラーにはいつものごとく白煙が映ってますね~
アクセルを踏み込んだ時や負荷が掛かった時がひどいみたい・・・
早いうちに手を打たないとまずいかな~(ーー;)

と、そんな事を考えているうちダチョウロードに進入!
梅雨の長雨で勢いを増した木々がまるで緑のトンネルみたいです。
見てると嫌な悩みも吹き飛びますね~

で、本命登場!


ダチョウ!


ダチョウロードの由来である ダチョウ です ^^;

なぜここにいるかは謎ですが1年くらい前からいるみたいです。
それにしてもこの大きさは何度見ても凄い!
佐渡には動物園がないので子供たちも大喜び♪
近くに住んでる朱鷺よりも迫力では間違いなく上ですね(^^ゞ

おっと、もう時間がありません!
大きな瞳で見つめるダチョウたちに別れを告げ家路につきます(汗)

ダチョウロードの森を抜けるとお気に入りの直角コーナー!

直角コーナー


写真なんか撮ってる場合ではありませんが青空がきれいだったので・・・
梅雨の晴れ間は五月晴れ!とはまさにこのこと!?


タチアオイの花


道端のあちこちにはタチアオイの花。
下から順に咲いていき、天辺まで開くと梅雨明けと言われてます。

もうすぐ夏本番ですね♪

Category: ホンダZ  

汚れたセンターパネル・・・

梅雨の長雨が続きガレージは湿りがち・・・嫌ですね~
せっかくマフラーを補修したのにその快音を響かせる事も出来ません(T_T)

しょうがないのでドライバーズシートに座り
ブ~ンブ~ンと口ずさみながら妄想ドライブ・・・切ない(-_-)
子供の頃、ミニカーを手にはしゃいでたのを思い出します。
って今もそれやってるし(^^;

むむっ!?
ふと目を横に向けるとセンターパネル付近が気になります・・・


汚れたコンソール・・・


き、汚ねぇ~(ーー;)


今まで気にならなかったのが不思議なくらい汚れてます・・・
よく見るとラジオもかなり汚れてますね~
ちょっと指でこすったくらいではきれいになりそうにありません。
このままでは自慢のフライトコックピットが台無しに!?

そこで雑巾を持ち出し汚れを拭き取ろうと試みましたが上下に動くはずの
ルーバーはびくともせず、隙間も狭いのでなかなかうまくいきません(汗)
終いには力を入れ過ぎルーバーごと奥に落としてしまう始末 (ーー;)

結局、ばらすはめに・・・
まずは手始めにセンターパネルを外してみました。


30年分の埃・・・


ゴホッゴホッ(+o+)

白い粉塵が舞い上がり健康の危機を察知!
すでに手遅れのような気がしましたがマスクを取りに走りました。
30年以上かけて蓄積された埃の世界・・・
探検のし甲斐がありそうですね~

これでしばらくまた楽しめそうです (^_^;)


Category: ホンダZ  

エキパイの補修・・・最終章!?

梅雨も終盤に入りましがここにきて各地で雨雲が大暴れ!
毎年の事になりつつありますが被害が大きくて大変です(ーー;)

そんな中ではありますがマフラー補修の仕上げとして
一度焼き固めたマフラー用の包帯に耐熱ペイントを施します。
ちょっとした水跳ねくらいにしか効かないでしょうが・・・
まぁ、おまじないみたいなものです(^^ゞ


耐熱ペイント


補強で入れたバンドを外して至近距離から耐熱スプレーをプシュ~
マフラー用の包帯は思ったより染込んでいくので多めに塗っておきました。

あとはエンジンをかけて排気熱で乾燥させます。

久しぶりにキーをひねるとコココココッ!っとガソリンポンプが始動。
いつも思いますがこの感じがいいですね~♪
以前乗ってたV-maxを思い出します (´・`)

チョークを引いてセルを回すと一発でお目覚め!
なんだかホッとしますね~
しばらくはバッテリーも大丈夫そうです。

気をよくして車体周りをチェックしてみると・・・!?


スラッジ!?


マフラーの後ろあたりに土みたいなものが落ちてます。
シャッターを開けたばかりだから汚れてるはず無いんだけどな~?
と思いながら近づいてよく見てみるとマフラーから飛び出した堆積物・・・(ーー;)

今まではこんな事無かったのでびっくりです。
エキパイの穴が無くなって俳気圧が上がった証拠・・・かな(^^ゞ

さて、これで一通りの補修が終わりました。
出来はともかく、それなりの結果が出たのは良かったです♪
あとは実走してみてどれだけ効果が長持ちするかですね。
梅雨明けするのが待ち遠しいです (^.^)
Category: ホンダZ  

エキパイの補修・・・2

マフラーの亀裂に充填した耐熱シリコンガスケット
マニュアル通り一日置いて(24時間)完全硬化させた後
その上からガスケットの保護とパイプの強度アップを狙い
ホルツのマフラー用包帯「ガンガムバンテ-ジ」ってやつを巻いてみました。

多少の穴ならこの包帯だけでも補修出来るそうなので
シリコンガスケットと併せてWの効果も期待出来る・・・かも?
使い方は簡単で1・2秒ほど水につけて患部に巻き付けたら針金で固定し
一昼夜放置した後、排気熱で熱硬化させるというものです。

一回目は水につける時間を長く取り過ぎて失敗・・・
充填剤の部分がドロドロと溶けて流れてしまいました(ーー;)

気を取り直しての二回目は最初の失敗に気をつけて行ったので
なんとかそれなりに巻き付け終了。


ガンガム バンテージ


ガムテープのような粘着力を想像していたのですが
巻き終えた直後はまったく粘りも無く頼りない限りです・・・
しかし熱硬化後はマニュアル通りにバリッと硬くなりました。
触った感じではけっこう強度も期待出来そうです♪

あとは亀裂部分の補強と包帯の固定を兼ねてホームセンターで
見つけたホースバンドを取り付けることにしました。


ステンレスバンド&ワイヤー

ついでにワイヤーもステンレス製のものを購入。
付属のワイヤーは素材がよく分からないので念のためです ^^;



ステンレスバンドの取り付け

亀裂部分のあたりにホースバンドを被せ巻いてみました。
隙間を埋めるパッキン代わりには一回目で失敗しゴミ箱に捨てられた包帯を再利用・・・
もったいないですからね (^^ゞ

さぁ、これで補修は一通り終わりましたが
雨の日に乗ると包帯が濡れてしまい効果が落ちそうなので
早いうちに上から耐熱ペイントで保護しておこうと思います。

ちなみに音はびっくりするくらい静かになりました!
補修前って言うか、うちにやって来た当初よりも静かな気がします。
空冷はちょっとうるさいくらいが当たり前と思ってましたが・・・間違ってた!?

この効果が長く続くといいのですがきっとダメだろうな~
とりあえずこのまま耐久性を試してみたいと思います (^^ゞ
Category: ホンダZ  

エキパイの補修・・・1

先日、亀裂の見つかった水中メガネのエキパイ・・・
そのままではいつか落っこちてしまいそうなので
そうなる前にとりあえず応急処置をすることにしました。

無い頭と懐具合で考えた結果、穴を塞ぐものには耐熱性で振動にも
対応できるものを使い、さらにその上から亀裂の補強も兼ねて
帯状のものを巻いておくのがいいかな?と・・・
出来る事ならエンジンからエキパイを外して亀裂部分を
溶接してもらうのが一番いいのでしょうが熱や錆びで経年劣化した
フランジボルトが折れてしまうと大変ですからね ^^;


とりあえず身近で手に入る補修用品を用意しました。

マフラー補修用品

右:使いかけの高耐熱シリコンガスケット(Permatex)
中:マフラーパテ(ソフト99)
左:包帯(Holts)


まずは患部の錆びを落とします。

患部の錆び落とし


みごとに逝ってますね~(ーー;)
ただ、錆びを取ったら穴が開くと思われた患部以外のパイプ部分は
幸いな事に厚みも残っているみたいなのでその辺は溶接などでも修正出来るみたいです。


耐熱のシリコンパテ


お次は亀裂部分に耐熱シリコンパテを充填!
このパテは耐熱性に加え柔軟性も多少あるので振動にも
強いかもと思い使ってみる事にしました。
カチカチに固まるものではすぐ割れる心配がありますからね。

あとは半日くらい放置した後に排気熱で仕上げます。
そのあとから補強も兼ねて耐熱性の包帯を巻きますが
それはまた後ほど・・・とにかく焦りは禁物です ^^;



Category: ホンダZ  

レーシングサウンド!?

梅雨の晴れ間は五月晴れ!
どんよりした雲間から青空が覗くとほっとしますね♪
そこで気分転換にぶらっと出かけてきました。
補修作業も楽しいけど、さすがにそればっかりでは滅入りますから・・・
こんな時、うちの水中メガネは(一応)動いて止まってくれるので助かります(^^ゞ


紫陽花


この時季、佐渡島内の沿道にはタチアオイやアジサイの花がいっぱいで
濃い新緑の中に赤や紫の鮮やかな彩りを添えてくれます。
雨で洗われた空気も透明感があって気持ちいい~♪

しかし、なにかおかしい・・・

パーシャルの状態だといいのですがアクセルを踏み込むと
直管みたいな乾いた排気音が混じります(ーー;)
車を停めてエンジンルームを見た限りではとくに問題ないようですが・・・

そこで、ガレージに戻りマフラー周辺を調べます。
まずは下にもぐれるようジャッキアップ。
床に寝板(古いゴザ)をひいたらマフラー全体の観察開始!
前から後ろまで全体に錆びは出ていますがとくに目立つような穴は確認出来ませんね~

ならばとエンジンを掛けエキパイの周辺に手をかざしてみたところ
一ヶ所だけやたら風を強く感じます。
最初はクーリングファンの影響だろうと思いましたがビートを刻むので
懐中電灯を手に風の出所付近を調べてみたところ・・・患部発見!


マフラーの亀裂・・・


ビシッ!といってますね・・・
右エキゾーストパイプの繋ぎ目付近に亀裂が入り黒い煤も確認出来ます(ーー;)
かろうじて上4分の1くらいでつながってはいますが
このままでは近いうちに断裂するのは間違いありません。

溶接?パテ埋め?丸々交換?
とにかくなんとかしなければなりません。
走れる事だけが唯一の癒しなんだから・・・(T_T)
Category: ホンダZ  

染めQ

なんとか昇降機能の快復した助手席のドア。
ドア内壁の錆び止め処理も一通り終わったのでいよいよ仕上げに入ります。

一気に内張りを取り付けて終了!
といきたいところですがまずは補修から・・・
なぜかクリア?を筆塗りされた部分があったり泥で汚れてたりと
拭いただけではなかなかきれいにならないんです(ーー;)


内張り(補修前)


そこで、前々から気になっていた染めQを使ってみる事にしました。
本皮や合皮はもちろん、プラーマーを使えばダッシュボードなどのプラスチックなどにも
使えるそうなのでアイデア次第では色々楽しめそうです♪


染めQ


まずは表面の汚れを出来るだけ落とし、その後しっかりと脱脂します。
専用のリムーバーがあるそうですが今回は手持ちのシリコンオフで代用。
そういちいち専用品ばかり揃えてられません・・・だって高いし(-_-;

ちょっと不安を残しながらもスプレー開始~!
厚塗りするとテカったり、せっかくのシボ模様が消えちゃうそうなので
遠目から慎重にいきましたが

こんなんで染まるんかいな?(ーー;)

って感じです。
なんだか薄い感じのスプレーですね~

それでも辛抱強く重ね塗りしていくと段々いい感じに♪


内張り(補修後)


クリアが塗られてた場所はちょっとツヤの感じが違うようですが
最初の状態から比べたらだいぶ綺麗になりました。
試しに擦ったり曲げたりしてみましたが剥がれる様子もないので
これなら十分使用にも耐えることが出来そうです。
なんだか残りの内張りもみんな塗りたくなってきました・・・汗

ちなみに、ちょっと破れてるのはご愛嬌・・・
合皮を買ってきて作り直そうとも考えましたがノーマルの
プレスラインがいい感じなので今回はそのまま再利用しました(^^ゞ
Category: ホンダZ  

空冷Zのシールドビーム

先日の夜間走行で以外に使える事がわかったヘッドライト。
とくに問題もないので外すことなんか考えてもいませんでしたが
緊急用ボンネットワイヤーの収めどころを探す際、外してみる羽目に・・・

この時初めて気付いたのですが中の電球大きいですね~!
土地柄のせいか思わずイカ釣り船のランプを想像してしまいました。
しかし、それよりもなによりも困ったものを発見・・・
よく見ると反射板のメッキが剥れて波打ってます(-_-;


反射板ぶよぶよ・・・


乗ってる時は気付きませんでしたがこれはよくありませんね。
下手すると光軸がでないかもしれません・・・汗

そこでこの際、ヘッドランプをH4方式に変更してみることにしました。
バルブの交換も楽だし明るさアップも期待出来ますしね♪

しかしここで問題発生・・・

ライトのリムだけ残して凡庸の丸型ランプを付けるつもりでしたが
ランプ本体にリムが直付けされてるためリムから探さなければなりません!


リム直付け・・・


取り付け穴の位置が同じものがあればいいのですが
水冷Zのヘッドランプなんか流用出来ませんかね~?
このあたり、なぜNのものを流用しなかったのか気になるところです・・・

はっ!?

もしかしてこれが個性ってやつなのでしょうか~ (ToT)


Category: ホンダZ  

ドアの中の記憶・・・

佐渡の6月中は梅雨とは思えないようなお天気が続きましたが
7月に入ったとたんにジメジメ・・・
怪我してることもありなんだかスッキリしないですね~(T-T)
とは言っても夏はすぐそこ!
梅雨明け前にいじれるところはいじっておきましょう。

懸案だったガラスレールの問題もある程度解決したので
ドアの内側に錆び止め処理としてまずは「必殺!錆び封じ」を塗布し
その上からガレージに転がってたスプレーグリスを吹いておきました。

最初はインナー専用で売られてる錆び止めスプレーを!
とも思いましたが成分表示を見たらただの

グリス!

揮発しないものならたぶん効果は似たようなものですよね!?
この選択・・・もしまずかったら教えて下さい m(_ _)m


ところで、この作業に入る前にドアの底を掃除したのですが
その際に錆び山の中から面白いものが出てきました。

忘れ物・・・


ガソリンスタンドの会員証!
何年前のものかは不明ですが関東方面のスタンドのものです。
以前のオーナーさんがうっかり落としたものかな?
それとも未だ見ぬ後のオーナーへのメッセージ?

その昔、本土を元気に走ってたであろう水中メガネの姿が頭に浮かびました (^^)






1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >