Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 11 2006

Category: ホンダZ  

ヒーターエアーダクトの補修

ガレージのFMラジオからクリスマスソングが多く流れるようになり
もうそんな季節なんだな~とあらためて気付かされます・・・
なかでもホール&オーツのクリスマスソングは新鮮だったな~♪
以前はお腹一杯気味だった達郎も今聴くと悪くないですね (´ー`)

・・・

さて、エンジンの半分がきれいになったところで一休み!?
奥に見えるヒーターエアーダクトの下半分が
車体の取り付け口から外れていることに気付き
この際なのできちんと付け直しておく事にしました。

もしかして室内がやたらとガソリン&オイル臭かったのは
この隙間からエンジンルームの臭いが入り込んでたせい!?
っていうかエンジンルームがガソリン&オイル臭いってところに
根本的な問題があるんですよね ^^;
今回のキャブメンテ&エンジンルームの清掃で改善されることを祈ります。

(このダクトの機能はエンジンの熱風を利用して
室内を暖めるヒーターシステムの一部となっております。
ちなみに空冷のN360なんかも同じシステムです。)



ホットエアーダクト!?

ついでに付着してる白いスプレー塗料も落としておきましょう!
ってことで、ちょっとドライバーで引っかいてみましたが
付着してる塗料はすんなり取れそうにありません・・・汗
そこで、ダクトを引っ張り出しパーツクリーナー&ボンスター攻撃!
卵の殻をむき取るようにパリパリツルンとはいきませんでしたが
なんとか擦り落とすことが出来ました。
やっぱり黒い地肌が出るとシャキッ!っとしますね~
やった甲斐があったってもんです♪

さて、お次は肝心の繋ぎ目部分の補修です。
このダクトは長円状の金具で車体側の吸気口に押さえ付けるような形で
取り付けられているのですが、いつの頃からか半分外れた状態で
押さえつけられていたらしく取り付け口が変形していました (ーー;)

一度変形したゴムパーツってなかなか元に戻らないんですよね~
ダメ元でそのまま元に戻してみたところやはり外れてしまいました。
そこで今度は患部を湯煎した後、金具に直接接着してみる事に・・・


金具直付け!

本来なら曲げに強いシリコン系の接着剤がよかったのですが
曲がった部分をくっ付くまで金具に押さえつけておくのは厳しかったので
今回は一発勝負!ロックタイトのジェル状瞬間ボンドを使用しました。

とりあえず、手で引っ張ったくらいでは外れそうにないけど・・・大丈夫かな?
まぁ、ダメだったらまたその時に考えましょう ^^;



Category: ホンダZ  

輝け!エンジンルーム

キャブをメンテナンスで外したついでに
油汚れの目立つエンジンまわりをきれいにしてみる事にしました。

きっと今までに一度も磨かれた事がないんでしょうね~
(ってオレももっと早くやれよな!)
灯油&ボンスター攻撃でゴシゴシとがんばってみましたが
ファンカバー上の汚れは頑固にこびりついてびくともしません (ーー;)

結局、竹の棒でガシガシつついてそれでもダメなところは
角の落ちたマイナスドライバーでガリガリと削り落としました・・・汗


やっと半分・・・汗

大汗かいてやっと半分が終了!
上から見えるところだけですけどね ^^;

何十年もの時間をかけて油と熱で蓄積した汚れはほとんど化石!?
なにかきれいさっぱり簡単に落とす方法はありませんかね~
前かがみの姿勢が続いたので腰が痛くなりました (+_+)

よく見るとエンジンの汚れ意外にも気になるところがありますね~
ヒーターダクトやワイヤー類に付着した白いもの・・・
以前エンジンルームを塗装した時にマスキングなしで
スプレーされた名残りのようですがこれもなんとかしなくては!

なんだか泥沼の様相です・・・汗

Category: ホンダZ  

頭上のネオン街・・・

キャブのメンテナンスも一段落?したところで
ちょっと気分転換に放置状態だったルームランプをいじってみました。

砕けたカバーをもとにレプリカを作るのは厳しそうなので
今回は平面のみで試してみることにします。

まずは厚紙を利用して現物あわせで型取りし
それをベースに手持ちの塩ビ板(1mm)を切り出します。


カバーの作製

色がちょっとね~ ^^;

まぁ、今回はフィッティングと耐熱テストが主な目的なので何でもよしです!

・・・

さっそく出来上がったカバーを取り付けてライトオン!


微妙・・・

(゚o゚)

・・・

(・o・)

・・・

フィッティングに関してはエッジの強いスタイルさえ気にしなければ
それなりに収まってるし、耐熱性も長時間点けっぱなしにしなければ大丈夫そうです。

ただね~ ^^;

もうちょっと考える余地がありそうです。

・・・

でも、これはこれでありかも知れませんね (^^ゞ



Category: ホンダZ  

キャブのリビルト作業

部品の調達でストップしていたキャブのメンテナンス作業・・・
地元のショップに部品を発注してみたところ
翌日返って来た返事は・・・在庫ナシ!
これには参りましたね~
 
さて、どうしたものかと悩みましたがここは神頼み!?
国産360ccを中心としたパーツ販売やチューニングを手掛けられている
ご存知ネオライフさんに部品を送って頂き無事作業再開となりました♪


パッキンセット到着

到着したパッキンセットは小さなOリングも揃っています。
とりあえず全部の交換は難しそうなので今回は簡単に
外せるところだけ新しいものに交換しておきました。
本来なら全部交換するべきなんでしょうが・・・汗


加速ポンプ

バラす前、加速ポンプの凸部分にもガソリンの雫が出来ていたので
パッキンセットに併せ加速ポンプのパッキンも交換。
ストローク幅も規定の値よりかなり大きかったので
ロッカーアームを曲げて調整しておきました。
ちなみに、古いパッキンはカチカチに硬化しており弾力性ナシ!
これではガソリン漏れはもちろん機能的にも問題あったかも!?
ついでの交換でしたが見ておいてよかったです (^^ゞ

さて、パッキンの交換も終わり組み立て作業となりましたが
フロート室を固定するためのネジ穴が3つもなめてます(ーー;)
2つはナットをかませて対処しましたが、残る1つは
ナットをはめ込むスペースがありません (ーー;)
ネジ穴を大きく切り直すか?それともヘリサート加工?
無い頭で色々考えましたが今回はどちらもパス・・・
転がってたタッピングスクリューを短く切ってみたところ
具合よく締まったので今回はそれでよしとしておきました ^^;


とりあえず完成♪?

いくつか不安なところもありますがとりあえず完成 (^^ゞ
最初の状態に比べたら中も外も良くなったはずですがどうでしょうね~

とにもかくにも、この作業を通してキャブの仕組みをある程度理解出来て良かったです。
セッティングやトラブルシューティングに役立つ・・・かも ^^;

Category: ホンダZ  

キャブのメンテナンス

パワーアップしたJOYくんのおかげで汚れの取れたキャブレター。
さっそくフロート室を開けて中の状態を観察してみました。


キャブ清掃


今までダックスに付いてるPC20しかいじった事が無いので
バタフライバルブやジェット類の多さに興味津々!
マニュアル片手に働きの仕組みを勉強してみましたが
うまくできてるものですね~

ちなみにフロート室は4本のボルトでとめてあるのですが
ボディー側のネジ穴が3つもバカになっていました・・・(ーー;)
もしかするとガソリン漏れの原因はこれか!?

さて、大体の構造と仕組みが理解出来たら清掃作業に入ります。
基本は穴という穴をきれいに貫通ってことで
クリーナー&エアガンでプシュッ!とやっつけます。

とりあえず今までに不具合を感じた事はないので見えるところだけ・・・
のつもりでしたが穴を見つけたら奥まで覗いてみたいのが男の性!
上蓋を引き抜いて奥のジェットを外してみる事にしました。
潤滑剤を垂らして頃合いを見計らいマイナスドライバーでグッ!


割れた・・・泣


結果は無念の中折れ・・・もとい!失敗。
ちょっと強引過ぎたのか凹の壁が折れてしまいました(T_T)

交換部品があれば逆ネジなどで引き抜きたいところですが
OHSFに泣きの報告を入れたところ
性能に悪影響は無いだろうとのお答えを頂けたので
今回はこのまま組み戻すことにしました。

しかし、今度は上蓋を元に戻そうとしたところ
グラグラしてどうもキッチリ感がありません。
どうしたものかと調べてみたらパッキンにヒビを発見!
これが原因か~とよせばいいのにつついてみたところ
あろうことかバラバラになってしまいました・・・


あ~・・・


メンテナンスしてるんだか破壊してるんだか・・・

とりあえず部品の調達から再出発です(+_+)


Category: ホンダZ  

臭いの元はキャブレター!?

足元が綺麗になった水中メガネ♪

いいですね~♪

ドライバーズシートで自己満の世界を満喫です (´ー`)

それもつかの間・・・
なにやら室内にガソリンの臭い!?
以前から少しは気になってましたがちょっと
ひどくなってるみたいでガレージの中全体が匂ってます(ーー;)

どうしたものかとエンジンルームを覗いてみたところ
キャブの真下あたりにまだフレッシュなガソリン染みを発見!
これがエンジンの熱で気化すると匂うんでしょうね・・・
そこでこれもいい機会と考え点検してみる事にしました。


キャブの取り外し

まず、ワイヤー類と各種ホース、ソレノイドのハーネスを外し
キャブ前後の取り付けバンドを緩めたらキャブをごっそり引き抜きます。


汚れたキャブ・・・


きたないですね~(ーー;)

中をチェックする前にまずは洗浄!
出番だぜ!JOYくん!!
長年の使用で堆積したしつこい油汚れを浮かせます。
これ、へたなキャブクリーナーより効きますね♪



Category: ホンダZ  

タイヤハウスのマット完成♪

「だいじゃ」だと思っていた光岡自動車の大蛇・・・

「オロチ」だったんですね ^^;

・・・

さて、型取りして切り抜いたマットですが
元の穴開きマットに合わせてホックの金具を取り付けてみました。
裏地のゴムは案外薄いので滑り止めの凸を外すように
回転させて場所を選べばすんなり爪は貫通します。


偽造マット・・・


形状ですが元のマットにある切り欠き部分は省略しました。
ちょうどタイヤハウスの角にあたるところを馴染みやすくする目的が
あるようですがとりあえずこのままでいってみます。

まずはタイヤハウスのまわりをこの際なのできれいに清掃!
けっこう埃や泥で汚れてましたね~
マットの穴が開いてたところは擦れたせいで地金が出てます(ーー;)


装着前・・・

でも、状態としては錆びも少なく良いほうかも知れません。
ここはウィークポイントの一つで穴が開いてる事もあるそうですので・・・

さて、いよいよ装着作業です。
ホックの位置が微妙に合わないので場所を修正・・・


装着後・・・


なんとか無事に付きました♪
切り欠きは無くても問題ないみたいですね。
微妙に馴染まないところもありますが・・・
まぁこれなら許容範囲です(^^ゞ

ただ、気を付けなければいけないのは運転席側!
アクセルペダルがあるので動きを妨げないよう注意が必要です。
アクセル全開で引っ掛かっては大変ですからね(汗)
何度も念を入れて動きを確認しておきました。

これで足元は気分スッキリ!
けっこう目につく部分なので効果は大きいです。

外からは見えませんけどね・・・笑




Category: ホンダZ  

こだわりのブラック!

昨夜は雷が鳴り響く荒れたお天気・・・
今年初めて雹や霰も降ってきて冬の訪れを感じます(ーー;)

・・・

さて、外し終わったタイヤハウス上の穴開きマットですが
補修にあたってどういう構造なのか観察してみたところ
立体的なものではなく平面の一枚ものだということが分りました。
てっきりタイヤハウスの形に合わせて切り貼りしないと
ダメかと思っていたのでこれは嬉しい発見です。

さっそく手持ちのカーマットをあてがってみたところ
なんとかタイヤハウスのRに馴染みそうな感じです。
しかしながら、ここで気になったのがマットのカラー!
グレーの縞模様だと足元が妙に明るく感じます。
慣れの問題かも知れませんが水中メガネのインテリアには
やっぱりブラックがいいな~

そこで、近所のホームセンターやカー用品店を物色したところ
ようやく某100円ショップで発見♪
意外と真っ黒なやつってないものなんですね。
ちなみに価格は2枚で税込み735円なり~
100円ショップなのになんで700円!?って気がしますが
まぁ、あまり細かい事なのでよしとしましょう・・・ (-_-)


黒いカーマット発見!


さて、このマットから型取りして切り出しますが
まずはご丁寧にも2枚重ねになってる部分があるので
その部分の糸をチマチマと解いて取り外します。
これ、本来はフロアマットなんですね・・・汗


切り出し作業


元のマットで型取りした新聞紙をベースのマットに合わせ
ハサミでジョキジョキと切り抜いていきます。
裏地のゴムマットが薄いのでけっこう簡単に切れますが
ここは少し余裕を持たせて型紙より大きめに切っておきました。

ところで、型紙の中にある見慣れないクルマ・・・
何かと思って読んでみたところあの光岡自動車ではありませんか(・o・)

その名は・・・

大蛇!

お値段は・・・

¥10,500,000!

・・・

税込みか~(-_-)

・・・

どんなフロアマットがついてるのかな~(-_-)

・・・

・・










Category: ホンダZ  

アナーキー

オレ流補修で直るはずだったルームランプカバー・・・
素材の選定にちょっと悩んでますので気分を変えましょう ^^;

天井から視点を足元に移してみると足元に何やら穴が!?
実は前々から気になっていたのですがアクセル脇のカーペットに
靴が擦れることによって出来た穴が開いてるんですよね~(ーー;)
ココが同じようになってる人も多いのでは?
狭い上に長年酷使されていた場所なのでしょうがないんですが
見た目は悪いし靴にも引っ掛かる感じがするのでここは何とかしたいと思います。

まず観察してみると何やら丸い金具が3ヶ所に付いてます。
どうやらここで留めてあるみたいですね~
そこで恐る々引っ張ってみるとバチッ!という音と共に外れるではありませんか!?
裏を返して見たところホック形式になってたんですね~(・o・)


タイヤハウス上のマット


助手席側もだいぶやれていたので一緒に外しましたが
調子に乗って引っ張ったら一部破れてしまいました(ーー;)
表のケバケバが無くなったところは裏地の劣化も酷く
簡単に引き裂けますので注意が必要です。
って気付くの遅過ぎ!

・・・・・・

・・・

(T_T)



さて、とりあえず金具だけは外しておきます。
構造はリングから生えた3ヶ所の爪を表から貫通させ
裏側で凹プレートの穴に折り曲げて固定するといったものです。


ホックの金具


この部品は再利用が前提ですので爪を折らないように注意します。
前出のような失敗をしないよう、ここは無理せず慎重に外しました・・・汗

とりあえず無事に6セットを取り外し完了。
無事に作業が進むと楽しいですね~
もうるんるんで鼻歌まじりですよ!

アゥァナァ~キィ~オンザタイヤハァ~ァウスゥ♪

ちょっと字余り気味ですね~(ーー;)


Category: ホンダZ  

オレ流補修・・・

先日、うっかり割ってしまったルームランプカバー・・・
見上げる度に裸電球が気になります(ーー;)

機能的にはカバーが無くなった事で逆に明るくなった♪
なんていうプラスの一面も発見しましたが
やっぱり見た目が今一だと気分は暗くなりますね~

そこで何とかしてやろうとコンソールを眺めていたところ

「もしかすると平面だけでいけるのでは!?」


カバーの型紙


とりあえず厚紙で大雑把なベースを作り
コンソールに合わせて長さや折り曲げ角度を調整してみたところ
なんとかなりそうな感じです♪

でも・・・

なんだかな~

・・・

まぁいいか (^^ゞ




12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >