Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 09 2008

Category: 自転車  

人生初のドロップハンドル

ガレージ裏で子供用自転車のブレーキ整備をしていたところ
それをみていた近所のオヤジさんが「部品取りにどうだ?」と
二台の自転車を提供してくれました。

一台はかなり懐かしいデコチャリ!?

車のオートマレバーみたいなのがトップチューブに陣取ったあれです w
スーパーカーブーム全盛の時代に生まれたものだと思いますが
中にはリトラクタブルライトなんてのもあったのを思い出します (´ー`)

そして、もう一台は謎のドロップハンドル車。
秘かに憧れていたドロップハンドル車ではありますが・・・


古いロード自転車

状態はかなり悪いです。
子供用自転車に流用出来る部品も見当たりません・・・
でも、なんだか惹かれる魅力があるんですよね~
この汚れ具合に錆び具合・・・面白そう・・・

これを修理して走ったら楽しいでしょうね~


さて、どうしましょうか (^_^;)




Category: 自転車  

オールドスクールBMX!?

先日、サドルを交換してちょっとカッコよくなった(と思う)下駄履き自転車。
しばらくそのまま乗ってみましたが気になる部分が出てきたので
中古部品を手に入れて交換してみたところ・・・

こうなりました↓


オールドスクール!?

交換ポイントはハンドルとシートポスト。
それにブレーキレバーとハンドルグリップです。

これによって窮屈だったポジションが楽になり
見た目もオールドスクール風になりました♪
効きの甘かったブレーキもレバーをプラスチックからアルミに交換したら
力が伝わりやすくなったのか多少効きが改善されたようです。


アルミレバー

アルミは錆びて腐食してても磨けば光るところがいいですね。

ちなみに、ステムヘッドも手に入れてはみたのですが
ハンドルクランプ部の径が合わずに使えませんでした。


BMX用クランプ

今時のBMX用ハンドルは1インチ(25.4mm)じゃないんですね・・・
挟んでみましたが見事にはまりませんでした ^_^;


ショート加工

そこで、クランプは元々付いてたものを短くカットして対応。
これでもう元には戻れなくなりました・・・
でも、スッキリしたデザインなのでこの方がいいかも知れません。
下駄履き程度なら強度的にも問題ないですからね。

さて、あとはステッカーチューンでもしましょうか?
それともライトやベルなどの装着が先決かな?
そういえばウイリーもしやすくなったんだよな~

乗っていじって、なかなか面白い自転車になりました (^^ゞ



Category: 自転車  

サドルの交換

洗車とハブの整備まで終えた下駄履き自転車・・・
ちょっとすっきりしたので遠目に眺めてみたところ
「この色はぜったいありえない !」 と思っていた
パステルグリーンのホイールがなんだか素敵に見えてきました w
昔、映画で見たBMXに雰囲気が似てるような似てないような・・・
ちょっと都合の良い方に考え過ぎですかね (^^ゞ

しかし、近所をぐるぐる走ってみたところ気になる点も出てきました。

まずはサドルなんですが小さ過ぎてお尻が痛い (ーー;)
BMX路線ならスタンディングで済む事かも知れませんが
いつもそんな乗り方してたら疲れて嫌になっちゃいそう・・・

そこで、思い出したのが学生時代に使っていた古いサドル。
段ボール箱を開けるといつも真っ先に出てきては転がってるので
邪魔者扱いしてましたが、今回はそれが幸いしました (^^ゞ

交換前

洗車


交換後

シート交換

座ってみると座面が広くソフトになって快適です♪

カビっぽくなっていた表面も洗ってみたらツヤが復活。
大きな破れも無いのでそれなりに見えます。
以前は今一に思えた格子模様の押し型も今見ると新鮮です (^.^)

さて、あとはどうしましょうかね~

サドルはこれでいいとしても乗ってみるとポジションが
狭過ぎなんでもうちょっとなんとかしたい・・・
あと、妙に長いハンドルステムと中途半端なハンドルも交換したい・・・
効かないブレーキもなんとかしたい・・・


いじり始めると自転車って面白いものですね(^^ゞ


Category: ヒトリゴト  

スーパーカーIN佐渡

今週末、信州の高原では「ホンダなかよし倶楽部」の総会が行われました。
自分も昨年一昨年と水中メガネで参加していたので楽しみにしていたのですが
今年は仕事の都合で行けずじまいに・・・行きたかったな~ (T-T)
でもまぁ、仕事をこなしてはじめて趣味も成り立ちますので
こればっかりは仕方無いと来年の開催に期待をしています。

しかし、そんながっくりきてる週末でしたがちょっと明るい話も・・・

「スーパーカーIN佐渡」!

信州へ行けなかったうっぷん晴らし?にちょいと覗いてまいりました (^^ゞ


小木港公園にて

会場の小木港公園についてみるとすでにカラフルなクルマたちがいっぱい (・o・)
普段では目にする事が出来ないスーパーカーが目の前に♪


人気者

ため息の出るような素晴らしいクルマたちばかりでしたが
会場での一番人気は「ディアブロ」だったでしょうか?
これぞスーパーカーというデザインに大人も子供も見入っていました。

ちなみに、個人的に胸が熱くなったのは・・・


BB!

フェラーリ512BB!

子供の頃、プラモデルを作ったのがきっかけでカウンタックにならび
この車体には思い入れが強いものがあります。
それをまさか佐渡島内で見られるとは・・・感激であります (´ー`)


新旧フェラーリ

ガバッと開けられたエンジンフードの下には圧巻の12気筒エンジン!
ウェーバーも味があっていいですね~♪
出来れば音が聴きたかった・・・それだけが心残りです。
それにしてもタイヤのハイト差は時代を感じさせますね。

そしてなんと抽選で体験同乗のサービスも行われておりました。


体験同乗会

子供優先での体験同乗でしたが、こんなクルマに乗っちゃったら
将来どんな子供に育つのか・・・ってそんなのは余計な心配ですね (^^ゞ


見えてるか?

体験同乗会での一幕・・・
前を走る軽トラに食らい付くディアブロ。
多分軽トラのルームミラーには映ってないでしょうね (笑)

いや~それにしてもいいもの見せて頂きました。
とくによかったのは実際に走る姿やエンジン音を聴けたこと!
写真からは伝わってこない迫力にしびれましたね~♪

一緒に行った子供やカミさんも喜んでたのが印象的でしたが・・・

一台いっとく~!? ^m^





Category: 自転車  

下駄履き自転車

水中メガネのキャブいじりに終始した8月・・・
そして、9月は涼しくなったらキャブのセッティング!
の、予定だったのですが残暑続きで気分が乗らず
なぜか「自転車」いじりに汗しております (^^ゞ

きっかけは、乗らなくなった子供用自転車の廃棄作業・・・


解体中・・・

つぶれたカゴやフェンダーまで外したところで何となく乗ってみたら
「これはまだ捨てるにはもったいない!」ってことになり
自分の下駄履き用に仕立て直す事になりました。
これだから物が減らないんだよな・・・ (^_^;)

で、まずは洗車からスタート。

洗車

数年分の埃を取り除くと下からは錆に覆われたメッキ部品・・・
まぁ、この辺はある程度覚悟していたのでよしよしと納得。
これくらい錆びてないと面白くないですからね~
旧車いじりで得た知識とケミカルで落としまくります w

ある程度きれいになったところで今度は駆動部の点検。

前後のホイールはプラスチック製なんで錆びは無縁♪
しかし、回してみると動きが渋いのでハブを分解。
すると、カラカラになったベアリングの玉がバラバラと落ちてきました・・・
本来入っていたであろうグリスは一体どこに!?
とりあえずデュラグリースをたっぷり充填しておきました ^_^;


グリスアップ

ちなみに、変速はなくシングルギア。
変速の数が多いほどメカ的には惹かれるものがありますが
トラブルが減る分、シングルでちょうどいいのかも知れません。
それに、せいぜい乗っても近くのホームセンターや郵便局など
数百メートルから1キロ以内の狭い範囲ですからね。
ロードレーサーよりも小回りが効いて活躍してくれそうです。


※ 残念なことにロードレーサーは持ってないので
   上記したのは想像の範囲での話です (T-T)



Category: ツーリング  

雲上の楽園・・・ドンデン高原

オリンピックでにぎやかだった8月も終わり9月に突入。
子供たちも新学期が始まって家の中も静かに・・・
そこで、久しぶりにダックスでツーリングに出掛けてきました (^^ゞ

向かった先は「ドンデン高原」。
残暑の厳しい時でも山の上は涼しい風が吹いてますからね。


アオネバ登山口

家から約30分でドンデン山への上り口であるアオネバ登山口に到着。
この付近は先日のゲリラ豪雨ってやつで土砂が出たらしく
まだその傷跡が数ヶ所残っていました。
その影響かここへ来るまでの道にも採石場からの砂が浮いており
危うくコーナーでフロントが滑って転倒するところでした・・・
とっさに地面を蹴った左足が痛いです (+_+)

さて、登山口からはつづら折れの狭い道路が続きます。
紅葉の名所ですがまだこの時期は緑のトンネルを楽しめます。
しかし、上っていくと赤く枯れた木が目立ち始めました・・・
「ブナ枯れ」ってやつでここ数年で一気に広がっています。


金北山方面の眺め

中腹から見た金北山方面ですが所々赤く見えるのが
「ブナ枯れ」もしくは「松枯れ」です。
酸性雨や気候の変化など原因は定かではありませんが
このままだと山全体に広がってしまいそうですね (ーー;)

そこからさらに上っていくと今日一番の難所が立ちはだかります。

「ぐるぐるカーブ」!


ぐるぐるコーナー

島内でもトップクラスの勾配&タイトなつづら折れがぐるぐると
続くので自分は昔からそう勝手に呼んでます (^^ゞ
ナメてかかると思いのほかコーナーが深いんでご注意を!
ちなみにうちのダックス(85cc)だと3速をメインにきついところで1速。
スピードはもちろん遅いですがトコトコとそれなりに走ってくれます。

で、そこをクリアするといよいよドンデン高原エリア。
緑のトンネルから景色がひらけ緑の芝生が目に飛び込んできます♪


茶色い地雷原

ただ、この辺りからは気を付けなければならない事も・・・
牛の放牧により道路は時として茶色い地雷に覆われています。
外側はパリッとしてても中はレアですから気を付けて下さいね (^^ゞ
うっかりフロントから滑ってその上に倒れ込んだら・・・合掌

そんな地雷原を無事に抜けるとドンデン山荘に到着。


ドンデン山荘

数年前に新築されたモダンな山荘で宿泊や食事もする事も出来ます。
ウッドデッキからの眺望も最高で夜は満天の星空が広がります。
ちなみに手前の八角ドームの中には簡易式プラネタリウムもあり
雨でも星空を楽しむ事が出来るそうです。


デッキからの眺め

デッキからの眺めですが手前に見えるのが両津湾。
その向こうには小佐渡越しに本土の山並も見えますね。
この景色を眺めながらのんびりコーヒーで一服・・・最高です♪
また秋の紅葉時期に来たいですね~
その時は「ドンデン丼」なる怪しいメニューにも挑戦したいと思います。


ドンデン高原から

ちなみに帰りはエンジン切って登山口まで滑空・・・
もとい、風の音を楽しみながら滑走しました (´ー`)
これは軽量なミニバイクならではの秘かなお楽しみ。
大型なんかでやったら加速し過ぎてぐるぐるカーブから
崖下に落っこちますんで決してマネしないで下さいね w




12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >