Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 12 2008

Category: 自転車  

とりあえず・・・祝!公道復帰

ここ数日、強烈な寒波襲来で真の孤島と化していた佐渡・・・
本土へ唯一の掛け橋である佐渡汽船も欠航続きで
昨日なんかは新聞が3日分まとめて配達されました (^_^;)

と、そんな荒れた天候の年末ですが今日はようやく天気が回復!
さらに嬉しい事には自転車いじりのほうも一段落!?
ワイヤーやチェーンが付いて、なんとか走れる状態になりました~ (^o^)丿


あの部品取り(だった)自転車が・・・


地表に立つ!


再び地表に立ぁ~つ!

う~ん、色々あっただけに感慨も一塩であります (T-T)


しかしながら、走れるようになったと言ってもホントに形だけ・・・
ワイヤーやチェーンはポジションやギア比のセッティングがまだなので
とりあえず元々付いてた部品を掃除して仮装着しただけの状態です。
とくにチェーンなんかは現状のハイギヤード?なスプロケに合わせてしまうと
ローギヤード化した時、チェーンのコマ数が足りなくなった~!?
なんてことになってしまうと厄介ですからね。
新品にするのはある程度、データーが揃ってからにしたいと思います。


ちなみに、チェーンはペットボトルを使ってリフレッシュ・・・


チェーンの洗浄

油汚れでベタベタになっていたのが幸いだった!?
洗浄してみると思ったより錆びは少なくガタも少ないので
しばらくはこれでも十分いけそうな感じです (^^ゞ


ワイヤーとアウターは錆びと油汚れを落としてリフレッシュ・・・


古いワイヤーケーブル

とりあえず引っ掛かる事なくスムーズに動いているようですが
取り回しが決まったら早いうちにワイヤーだけでもステンに交換したいですね。


・・・


とまぁ、色々考えてても本当に必要かどうかわからないので
まずは近所をちょっとだけ試走・・・


試走

まだ、シフトワイヤーは付けてないのでインナートップの
シングルギア状態ですが思いのほかスムーズに走ってくれました。
しかし、それよりもなによりも初体験のドロップハンドル!
いつもの見慣れた景色が新鮮に見えました。
この感動をいつまでも忘れずにいたいものです (´・`)


やや、突貫気味ではありましたが年内の公道復帰達成です♪



Category: 自転車  

ブレーキのロングアーム化

その昔・・・
「ブ~レ~キ~の~ない自転車~でぇ~え~♪」
などという競輪ソングを耳にした憶えがありますが
公道を走る自転車にとってブレーキは無くてはならない必須アイテム!
そこで、今度はブレーキまわりを取り付けました。


で、その作業なんですが加工しておいたフレーム
イエモン7さんから頂いたブレーキをさくっと取り付け、後は呑んで寝るだけ~
のはずだったんですが、そう上手くはいきませんでした・・・


届かん!?

惜しい事にブレーキシューがリムに届きません (T_T)

700Cのホイールって27インチのものより径が小さかったんですね・・・
てっきり同じだと思っていたのでこれは思わぬ誤算でした。

・・・

さて、どうする?

ブレーキの取り付け穴からリムまでの距離は約70mm・・・

取り付け穴を移動するのは物理的に難しい・・・

アームの改造も強度的に心配っていうか無理・・・

元々付いてたブレーキはスプリングが壊れてるので使えない・・・

フレームはすでに沈胴式ナット対応に加工しちゃった・・・

デュアルピボットは魅力的・・・

・・・

で、辿り着いた解決策がブレーキの新調。


「TEKTRO R-556」

テクトロのロングアーチ

「アーチサイズ:55~73mm」でデュアルピボット仕様!
さらにうれしい事にはリーズナブル♪
という自分にとっては願ったり叶ったりのブレーキです。
スマートではありませんが、その分懐が深いので
後からフェンダーを付けたくなっても十分対応出来そうです。

ちなみにリアはこんな感じ↓


リア側

先日加工しておいたフレームと座金を介して無事装着。
肝心の性能は実際に走ってみるまでわかりませんが
見た目は十分効いてくれそうな感じです。

早く試してみたいですね (´ー`)



Category: 自転車  

クリスマスイブも自転車いじり・・・

今日はクリスマスイブ。
朝、目が覚めたら枕元にプレゼントが置いてあるのを
楽しみに布団にもぐった子供の頃を思い出しますね~ (´・`)

それが今では寒いガレージに籠ってラジオから流れる
ボニー・ピンクのクリスマスソングを聴きながら自転車いじり・・・
まぁ、やることは変わりましたが楽しみな点では変わりないか!? w



・・・


さて、ハンドルまわり装着で勢いがついた自転車いじりですが
ここ数日でさらに部品が取り付けられました。

まずは駆動系ですが磨いておいたチェーンリングとクランクを組み立て
形になったところでボトムブラケットに取り付けました。


チェーンリング装着

アウターとインナーは3点留めのシンプルなもの。
機能的な事はよくわかりませんが、見た目はスッキリしていて好みに合ってます。
なお、元々付いてた六角ボルトはメッキ剥がれが酷かったので
再利用はあきらめステンの六角ボルトに全て交換しました。
アルミとステンの組み合わせは錆びを誘発すると聞いたことがありますが
そのあたりはグリスアップとマメなチェックで回避ですね。

で、お次はリアディレイラーの取り付け。
このフレームは「後付けのブラケット」が必要な古いタイプなので
装着する前に塗装で埋まったネジ穴をタップ掛け。


ネジ穴の処理

無理してねじ込むと面倒な事になることも・・・
このあたり、バイクやクルマいじりの失敗で得た教訓を生かします ^_^;

で、それが済んだらブラケットを固定。


ブラケット装着

見るからに後付け感たっぷり・・・
この部品から想像するに当時は多段化への黎明期だったのかも?
こうして、小さな部品から色々考えてみるのも楽しみの一つですね。

そしていよいよリアディレイラーの装着!


リアディレイラー装着

なんだかいい感じです♪

ちなみに取り付けたディレイラーは「サンツアーVX」。
昔のツーリング車にはよく付いてたものらしいですが
今あらためてよく見るとシンプルなデザインが新鮮に映ります。
じつは、イエモン7さんに頂いた9s対応の「 秘密兵器 」もあるんですが
5sにはもったいないし、当時の雰囲気も味わってみたいので
最初はノーマル復帰を目指す方向でいこうと思います。

でも、来年の今頃は・・・どうなってますかね~ (^^ゞ



Category: 自転車  

日東のドロップハンドル

先日、夢を見ました・・・

自転車に乗ってロングライド(トライアスロン?)に出てる夢なんですが
途中で自分だけゼッケンをつけてない事に気付き、なんか変だぞ?
ってところで目が覚めたんですが、おかげでその日は朝からヘトヘト・・・
実際にはちっとも走ってないんですけどね (^_^;)

・・・

なんで、そんな夢を見たのか・・・
一つ思い当たる節があるとすればもしかするとこれかも!?

新調した日東のドロップハンドル。


トライアスロンのロゴ


トライアスロンのモチーフ入りです w

ベースは定番の「B-105」らしいのですが
色も渋くてなかなかイイ感じです。
ちなみに、このハンドル・・・
最初は別のランドナーバーを注文してたんですが
昔のロードバイクをいじってると知った先方さんが
ロード用にはこっちの方がいいだろうと選んでくれたものです。
筋の通った先達のアドバイスはとても説得力があり
これからの自転車いじりに大きな指針を与えてくれました。


・・・


そのハンドルに取り付けるブレーキは元から付いてたダイアコンペ製。
傷がついたり腐食はありましたがまだ使えそうだったので
必殺技!?「CNSベベル」で一皮剥いて磨き直しました。


左(ビフォー)、右(アフター)♪

ブレーキレバー磨き

丁寧に磨けばもっと光るんでしょうが
全体のバランスを考えてこのくらいがちょうどいいかと・・・
これはこれで味があるような気がします (^^ゞ


・・・


で、部品も揃ったところでハンドルまわりを仮組み。


ハンドル仮組み

じつにシンプルですね~ (´・`)

先に磨いておいたハンドルステムとの相性も悪くないようです。
ちなみに、ステムには「ACE」と打刻が入ってますが一体その正体は!?
「デュラエース」と文字は被ってますがまず違うでしょう・・・
知ってる人がいたらぜひ教えて欲しいです。
もやもやが晴れると妙に気持ちいいですから (^^ゞ


・・・


中学時代、ドロップハンドル禁止だった影響からか
セミドロップ(下向きは禁止だった)やバーハンドルにしか縁がなく
その後もつい最近までドロップハンドルに対しての印象は
「 あんな変なハンドルじゃ乗り難かろう 」
くらいのネガなものしかありませんでした・・・

ところが、今はワクワクしています!

不思議なものですね w



Category: 自転車  

ホイールの700c化

今年も残すところあと二週間・・・
時間が加速しているように感じるのは気のせいでしょうか?
テスト前だけ徹夜した学生時代を思い出します。
切羽詰らないとやる気が出ないあたりは変わってないですね (ーー;)

・・・

さて、年内の公道復帰を目指し継続中の自転車いじり。
フレームの加工作業も終わったのでいよいよタイヤの取り付けです。

元々付いていたホイールサイズは「27-1・1/4」という
一昔前のスポーツ自転車規格?でしたが
フロントホイールが曲がっており修正不能な状態でしたので
この際、「700c」規格に前後とも変更する事にしました。
今時、「27-1/4」のホイールを探してもなかなか見つからないし
タイヤなどを探すにしても「700c」のほうが後々楽そうですからね。

そこで、中古の700cホイールを入手。


700c

かなり昔のものですが、今いじってるフレームには
デザイン・性能・やれ具合、ともにちょうどよさそうです。
おまけで付いてきたスプロケやタイヤも中古ではありますが
個々に揃えるとなるとけっこう悩むところなのでありがたい!
セッティングの際はこれらをベースに検討したいと思います。


まずはリアホイールから装着。

リアタイヤ装着

フレームのエンド幅が124mmと、今時のロードでは主流の
130mmより狭かったのですんなり嵌るかちょっと心配でしたが
ホイールの規格も負けず劣らず古い規格でフレームより
さらに狭い120mm!?でしたのでちょうど良かった(?)です (^^ゞ

ちなみに、今後の事も考えてメンテスタンドも用意しました。
最初は塩ビ管で自作する予定でしたが、手間と材料費に見合った
性能を期待出来なかったもので素直に既存品を選択です ^^;

しかし、それよりも大変だったのはフロントホイール・・・
ホイールのハブ幅(100mm)に対し、フォークのエンド幅(96mm)が
狭いという問題はちょいと広げることでクリア出来たはずなのですが
なぜかつっかえてハブ軸がフォークの凹に嵌らない?
で、その原因を調べてみたところここも規格の違いが発覚!
どうやらフォーク側の凹は8mm軸に対応したものだったため
新規の9mm軸には若干ですが狭過ぎて嵌らなかったようです (-_-;)

そこで、丸ヤスリで慎重且つ大胆に対処。
どうやったかは・・・言えません ^_^;


・・・


それでも、なんとかフロントホイール装着完了。
やや、やっつけ気味の作業ではありましたが・・・


2階に立つ!

ガレージの二階に立つ!w



Category: 自転車  

沈胴式ナットへの対応

今日は久しぶりに用事のない貴重な休日でしたが
あろうことか二日酔いでほとんど棒に振ってしまいました・・・
水中メガネでツーリングしようと思ってたのに~
意志が弱いので何度失敗しても懲りません (T_T)


・・・


さて、フロントフォークの付いた自転車フレームですが
次はいよいよタイヤの取り付けとなりました。
が、その前にちょこっと改造しときます。

キャリパーブレーキの取り付け穴なんですが「イエモン7」さんに頂いた
ブレーキを合わせてみたところ固定ナットの形状が違うので
それに合わせて穴の直径をドリルで9mmに拡大しました。


フレーム加工

昔のそれと違って今時のロード用はほとんど沈胴式ナットなんですね。
ちょっと加工するのは気が引けましたがやらないことには
ブレーキがつかないのでここは思い切って決断しました。
ちなみに、リアはドリルが入らないのでリーマを使用。
狭い場所で手が入らずに思ったより大変でした (-_-;)


それから、座金も加工。


座金の加工

これがないとすわりが悪そうですからね。
この部分だけは元のブレーキについてたものを利用します。
加工の際は、勢いで穴を広くし過ぎると大変なので
少しずつ現物合わせで行いました。

仕上げはお決まりの「ピカール」磨き。


磨いてみた

アルミは磨き甲斐がありますね。
ちなみに左(磨き前)、右(磨き後)です (^^)v

これで、沈胴式ナットへの対応加工は終了。
あとはブレーキを取り付けるだけ?です。


シマノつながり

どちらも「シマノ」製・・・いいデザインですね♪

取り付けるのが楽しみです (´・`)



Category: 自転車  

サンツアーのヘッドパーツ

「冬至十日前」とはよく言われますが(言わないか?)
ここのところほんとに日が短くなりましたね~
とくに趣味を楽しめる貴重な時間だった仕事前の2時間が
朝起きてもまだ真っ暗なのは痛い・・・
布団から抜け出せずに結局何にも出来ずじまいです (-_-;)

それでも、ちょっとした合間に作業出来るのが自転車のいいところ!
おかげで少しずつですが部品の組み付けが進んでおります。

まずはフレームとFフォークの合体作業。
先日、圧入したヘッドパーツにベアリングなど残りの部品を組み付けます。
なお、元々付いてたヘッドパーツはあまりにも状態が酷かったので
再利用をあきらめ、新品のヘッドパーツを用意しました。
ちなみに、メーカーは懐かしの「サンツアー」!
メッキの眩しい丹下のランドナー用ってのにも惹かれましたが
今回は見た目のデザインがレーシー(だと思う)で
かつ、渋い(と思う)アルミ地のヘッドパーツを選びました (^^ゞ


ベアリング組み込み


グリースはどれがいいのかわかりませんが
とりあえず手持ちのデュラグリースをたっぷり塗りこんでおきました。


下玉受け

ちなみに、このグリース・・・
もう10年以上前のものですが大丈夫でしょうか?
やたら糸を引くような気がしますがこんなものかな (^_^;)


で、それらを組んでみたところ・・・



自転車っぽい!

こうなりました ↑



・・・



なんとなく自転車みたいだ!w



ヘッドの面出しをせずに組んだので歪みが心配されましたが
ちょっと回して見た限りではとくに引っ掛かりもなく一安心です。
まるで掴まり立ちを始めた子供を見てる気分ですね (^^ゞ




Category: 自転車  

ヘッドパーツとBBの組み付け

ここ数日、佐渡では12月と思えないような暖かさが続いております。
先週は真冬のような寒さだったのに気候の変化が激しいですね~
いっそこのまま春になってくれたらいいのに!
などとつい思ってしまいますが甘いですよね・・・
また寒くなるのは必至なのでその前に自転車を組み立てましょう。

さて、ガレージの2階にやって来た自転車フレームですが
まずはヘッドパーツとBB(ボトムブラケット)の組み付けからスタート。

まずヘッドパーツですが、勢いで外してしまったものの
装着するには特殊工具が必要と知りちょっと後悔・・・
しかし、ここが付かないと何も始まらないんで
手持ちの長ネジにDIYショップで買った大型ワッシャーを組み合わせて
自作の特殊工具もどきを作って対処しました。


自作工具で圧入

先日「水色エランさん」に教えて頂いたものと構造は一緒ですね (^^ゞ
見た目はともかく機能的には十分だったようで上下のナットを締め上げると
思いのほか簡単に圧入する事が出来ました。
気をつけた点としてはセンターがずれないようにテープで固定して
何度もずれを確認しながら慎重に作業を行ったくらいです。

ちなみに、Fフォークに付ける下玉受けはちょうどいいサイズの
掃除機パイプがあったので、それを使って打ち込みました。


玉受け打ち込み

・・・


で、お次はボトムブラケット(BB)。
この際だからカートリッジ式の物に取り替えようと思いましたが
ちょうどいい軸長のもの(ハンガー幅 73mm)が見つからなかったので
結局、元の「玉押し式」でいく事にしました。


ボトムブラケット

幸いベアリングの玉に大きな傷や腐食はなかったので
徹底洗浄の後、たっぷりグリスを塗りこんで組み付けました。
手で回してみるとちょっとゴロツキが気になりますが
シャフトにガタは無いのでたぶん大丈夫かと・・・
最終的な玉当り調整はクランクを付けてから行う予定ですので
それでダメだったら、またその時に考え直そうと思います。

出来るだけ部品は再利用の方向でいきましょう (^_^;)



Category: 自転車  

帰ってきた自転車フレーム

なにかと気忙しい12月。
忘年会やらなんやらでバタバタした日々が続いておりますが
そうなると余計に遊びたくなるのが悪い癖・・・
早朝・深夜のわずかな時間に趣味の作業を続けております。

年内の公道復帰が怪しくなってきたロードレーサー風?自転車。
ようやく部品も揃ってきたのでいよいよ組立作業を開始です。
そこで、まずはガレージの2階に作業スペースを確保。
フレームだけ見てるとそんなに大きく感じませんが
タイヤなどを取り付けると間違いなくダックスなんかより大きくなりそうなので
急遽、ガレージの二階を掃除&整理しました。


ペイント済みフレーム

ペイント終了から約一か月・・・見るのは久しぶりです。
じつはペイント後、しばらくはガレージに置いてあったのですが
収穫してきたヤーコンの直撃を受けて転倒するという想定外の事態に
陥ったのでフォークだけを残し人気のない静かな場所へ疎開させていました ^_^;


乾燥中・・・

あったことさえ忘れるぐらいの場所で乾燥中のフレーム・・・
おかげで部品磨きに専念出来たから結果オーライかな?

・・・

ところで、この自転車も最初は 「部品取り自転車」 とか言ってましたが
ここまでくると部品取りってのも合わないんで別の名前が欲しいところですね~
しばらくは 「ロードレーサー風?自転車」 でいいかと思ってましたが
それもちょっと合わないような・・・おまけに長いし w


なんだか生まれてくる子供の名前を考えてる気分です (´ー`)


誕生するであろう子供は老け顔必至ですけど・・・



Category: 自転車  

新たな悩み・・・

先日のお昼過ぎ・・・
ガレージの二階で自転車部品を磨いていたところ
下の方で何かが破裂したような音が聞こえました。
けっこうな音だったので一体何事かとその原因を捜しましたが
その時はどこも変わったところがを見付けられずにお蔵入り・・・

が、後日その原因がわかりました。

音源はたぶんこれ・・・


破裂!?

MTBのフロントタイヤ (ーー;)

秋に走った時、舗装路を走るってことで空気圧を高めにし
そのままフレームから外して窓際に置いてあったのですが
そこへ低い軌道を回るようになった冬の日差しが長時間
当たったことで内部が膨張し弱っていた部分に限界が来たようです。
ちなみに、このタイヤ・・・
まだ新宿の神楽坂に住んでた頃に交換したものだから
もうかれこれ10年以上経っています。
走ってる時にパンクしなかっただけラッキーかも ^_^;

・・・

それにしても、チューブだけならパッチでなんとかなるものの
タイヤ本体はサイドウォールの補修が効かないので厄介です。
これを機会にいっそのこと細めのタイヤに履き替えようかな?
現状の「26-2.0」から「26-1.5」くらいにサイズダウンして
パターンもブロックからスリックなどのオンロードパターンに。
昔はよく砂利道や林道を走ったりしましたが
今ではほとんど舗装路しか走りませんからね。

でも、やっぱりMTBには太足の方が似合うんだよな~
細いタイヤが欲しければ今作ってる自転車に乗ればいいんだし・・・
う~ん、どっちにしようか・・・


悩みます (-_-;)


宙ぶらりん・・・




Category: ツーリング  

師走のビーチコーミング

いよいよ今年も残すところあとひと月。
なにかやり忘れたようなそうでもないような・・・
ここまできて慌ててもしょうがないんですがなんだか落ち着かないですね ^_^;

そんな12月のスタートは晴れの天気に恵まれたので
気分転換に水中メガネの冬季整備を兼ねてドライブに出掛けてきました。
ここ最近の日課になってる自転車いじりも発注した部品が
揃わないことには先に進めないのでちょうど良かったかな?

さて、向かった先は佐渡を代表する某砂浜・・・
今シーズン初めてのビーチコーミングであります。


師走の素浜

自分が探してるハングル文字入りプラスチックケースの場合
漂着しても岩場だと間違いなくボロボロに壊れてしまうので
砂浜のほうが良いものに出会えるチャンスが多いのです。

まぁ、そうはいってもほとんど壊れてますけどね ^_^;


残念・・・

韓国の漁船がつかってたものでしょうか?
まだロープが付きっ放しです。
こんなのがけっこうありましたがどれも壊れちゃってました (T T)


ちなみに、このビーチコーミングですがけっこうな距離の
砂浜を歩くんで足腰を鍛えるのにも役立つと思います。
もうちょっと、もうちょっとと先に進んで振り返ると嫌になるくらい w

ある意味、スポーツ・・・


スポーツつながり

この日も地元のローカルさんがサーフィンを楽しんでました。
同じフィールドで楽しんでる同士ではありますが
こっちはぶくぶく厚着して地を這う姿が今一スマートじゃないですね。
次回はサンダル履きに海パンで挑戦しようかな?


で、歩き回ってみましたがグッときたものは以下の2点だけ・・・


新種の酒林

「酒」の文字に惹かれるものがあります。
一体何の頭文字なのか気になりますね~
山形の酒田あたりから流れてきたのかな?
それとも新手の酒林?
某酒屋の番頭さん・・・看板にお一ついかが (^^ゞ


あとはこれですね。


飲めるのか?

なんだかよくわかりませんが牛の絵に惹かれました。
いい感じの緩さと色合いがなかなかの逸品です。
ちょうどのどが渇いていたので飲んでみたい衝動に
かられましたが牛になると困るのでやめました・・・
ガレージのオブジェにならいいかも知れませんね (´ー`)


・・・


とまぁ、肝心のプラケースには会えずじまいでしたが
シーズンのはしりにしてはけっこう楽しめました。
この他にも色々ありましたが気付いたところでは
今年はエチゼンクラゲの残骸が全く無いこと!
昨年、一昨年はかなりあがってたので逆に異様です・・・
それからクルミが多いのも今年の特徴かな?
このあたり気候の変化が現れるのかも知れません。


あと、余談ではありますが・・・


プラケース情報、随時お待ちしております!

※ 直接の持ち込みも可 w

みなさま、ご協力のほど宜しくお願い致します (^^ゞ



1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 < >