Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 09 2009

Category: ダックス  

ロンスイ装着

稲刈りが本格的に始まった佐渡ヶ島。
まだ紅葉には早いですが道端にはススキも目立つようになり
いよいよ秋本番といった感じです。

そんな中、涼しくなったガレージにこもってダックスいじり。
先日ペイントしたロンスイを取り付けることにしました。

まずはノーマルのスイングアームを外しますが
ブレーキアームが邪魔でシャフトが抜けないので
結局マフラーから何から色々と外すことに・・・
けっこう面倒が多いです (ーー;)

で、それが済んだらいよいよロンスイ投入!
自作チェーンスライダーもイイ感じに付きました。


ロンスイ装着

ノーマルのピボット部はゴムブッシュの圧入式ですが
ロンスイはベアリング式なので動きがスムーズ!
シャフトを抜いても動かないノーマルとはまったく違います。
これならリアダンパーの性能がぐんと活きそうです。

さて、ここまでくれば長くなったスイングアームに
チェーンとブレーキロッドを合わせてタイヤの取り付け。
安全に関する最重要部分ですのでここはしっかりチェックです。

そしていよいよ完成~


交換前

変更前



交換後

変更後


ほんの数センチ違うだけですが見た目のバランスは
よくなったと思いますがどうでしょう?

とりあえず自分好みにはなりました (´・`)



Category: ヒトリゴト  

浦島太郎じゃないけれど・・・

シルバーウィーク、終わっちゃいましたね~
みなさんはどこか出掛けられましたでしょうか?
自分は長野で開催された「オールドホンダ祭り」に参加・・・
したかったのですが色々ありまして断念という
ちょっと心残りの連休でした ^_^;

それでも、気分だけはオールドホンダ祭り!
ってことで近所の用足しに子供とZに乗り込んでGO~

すると、某バイパスで妙なものを発見。
前方に落ちてる石が突然動きはじめるではありませんか!?
一体なんだ?と思ってよく見ると正体は・・・


カメ w


現場は高速道路並みに飛ばすクルマが多いので
このままでは危ないだろうと子供と相談の上
保護したのですが、このカメが元気でZの中を這いまわり
終いにはシートレールの隙間に潜り込む始末・・・

そこで、近くの海岸でビーチコーミング。
流れ着いた緑のパレットで即席のケージを設けました。


カメとの遭遇

ホントはバケツが落ちてるとよかったんですが
そう都合良くはいかないですね (^.^)

さて、このカメですがすぐに放すつもりでしたが
子供たちが面倒をみたいというので
しばらく家で飼う事になりました。
最初はどうかと思いましたが飼育環境や
餌やりの方法などを一生懸命調べてる姿をみると
まぁそれも悪くないかと・・・
カメにしてみればいい迷惑でしょうけどね。
乗ったクルマも旧車だし w

ちなみに、名前はまだ決まっていません。
Zに乗って来たんだから「ゼット」だろう!
という自分の進言はさらっと聞き流されてしまいました・・・(-_-;)


Category: ダックス  

HRCのクランプ

RCレーサーに憧れてカフェ化を突き進むマイダックス・・・

カッコは元が元なんでダックスの域を抜ける事はありませんが
気分だけは段々と盛り上がってきました w

そんな折、カフェレーサー気分をさらに加速させる秘密兵器を入手!


HRC(Honda Racing Corporation)のハンドルクランプ。


HRC

初期のRCレーサーならRSC(Honda Racing Service Center)のほうが
合ってるのかも知れませんが、この際細かい事は気にしません。
逆にF・スペンサーやW・ガードナー時代で育った世代なので
こっちの方が良かったりします (^^ゞ


で、さっそく取り付けようと思ったのですが・・・


サイズが合わん・・・(ーー;)


規格違い・・・

どちらも対応ハンドル径は22.2mmで同じなんですが
クランプ締め付けボルト径がノーマルで6mmのところが
HRCのものは8mmと太いではありませんか!?
この手のものはみんな同じと思ってましたが違うんですね・・・


でも、大丈夫・・・
眺めるだけでレーサー気分ですので
しばらくは酒の肴で活躍してもらいます (*´▽`*)


Category: ダックス  

黒塗りのロンスイ

チェーンスライダー加工を済ませた後


「ペイントは面倒なんでメッキのままでいこうかな~」


と逃げに向かいはじめたロンスイ再生作業ですが
資料を眺めて色々と検討した結果・・・



RCレーサー



う~ん (-_-;)



「やっぱり初期のRCレーサーに光り物はないだろ!」


ってことで結局ペイントすることに ^_^;


・・・


まずは、下地が平滑なメッキとなるので錆や汚れを落としたら
密着性アップにテロソンの「ミッチャクロンマルチ」を噴き付け。


ミッチャクロン

これは色が透明で分かりにくいですが、薄くても効果は
あるそうなので「つや」を目安にさらっと噴いておきました。

その後、だいたい乾いたところで本塗りを開始。
色はRCレーサーに倣ってシンプルな「ブラック」にしましたが
ちょうど棚を占拠していた使いかけの缶スプレーが
数本あったので在庫整理も出来て一石二鳥 (^^ゞ
この際、残してもなんだからと跳ね石対策に
たっぷりと厚塗りしておきました。


ブラック仕上げ完了


しかし、粉体ペイントと違い素人作業のため
小石一発でパリッといく可能性も・・・
まぁ、そうなったらなったでまた考えましょう。
何事もチャレンジです ^_^;


Category: ガレージライフ  

流れもの

あれはたしかお盆過ぎのこと・・・
子供がガレージの片隅を指差して


なんだか前より伸びてねぇ?


とボソリ・・・


一体何のことかと指差す先を見ると
そこにあったのはハングル文字入りビールケース
見ると「毛のようだ・・・」と言われてた海藻がさらに干乾びて
リアルさを増しているではありませんか!?

こ、これはスゴイ!

っていうか気味悪い (ーー;)


で、ようやく一念発起し洗ってみることになりました。


洗浄中

まずは干乾びた海藻にうるおいを与えるべく一昼夜
ガレージ裏の川に浸して事前準備。
しかし、長期に渡る漂流と放置で石灰化した汚れは
歯ブラシや亀の子たわしでこすったくらいではビクともせず
結局は鉄製スクレーパーでこそぎ落とし・・・


頑固だわ・・・汗

一気にやると大変なのでワンブロックごと進めましたが
見落としもあったりで一進一退・・・
上の画像は残り4ブロックといったところですが
ここまでくるのに3日近く掛かりましたかね~ ^_^;

それでも、あきらめず作業を続けた結果
モジャモジャしていた海藻もほぼ除去が終わって気分晴々♪
これで、後ろ指を差される事無く怪奇現象ともサヨウナラ~


重宝してます♪

現在は作業台になったり子供の椅子になったりと
ガレージ内で活躍中です (´ー`)



Category: ダックス  

チェーンスライダー

夏らしい本格的な暑さはいつくるんだ!?
と思っていたら9月になってしまいました。
吹く風も涼しくなってもうすっかり秋のよう・・・
でも、ガレージで作業するにちょうどいいですね。

先日からはチマチマとカフェダックス用にと
以前使ってたロングスイングアームの再生に励んでいます。
取り付けたカフェシートの検証がてら何度か走ってみたところ
座るポイントがちょっと下がって後退した影響からか
困るほどではありませんがコーナーを曲がる時
お尻の下がスカスカするような気がするもので・・・
それに、見た目もカフェシートのボリュームに負けて
リアが尻切れ気味に感じるし・・・
とまぁ、要はとにかく付けてみたいだけなのです (^^ゞ


・・・


さて、まずは溜まった汚れと錆を除去してみましたが
メッキの状態があまりよくないのでペイントすることに。
でも、その前にチェーンスライダーが装着出来るよう
一手間加えて加工しておくことにしました。
以前使っていた時、F16・R31のスプロケ設定だと
チェーンとの隙間が狭く、段差を乗り越えた時など
たまに干渉していたのでその対策です。
それを付けないとせっかくペイントしてもすぐガリガリやって
汚くなるのは間違いないですからね・・・

で、用意したのは「ジュラコン」の切れっ端。
自分はラジコンのバンパー素材として使ってましたが
低摩擦、耐熱性、耐摩耗性に優れるとのことで
チェーンスライダーの素材としてもちょうどいいようです。


型取り

まずは厚紙で型取り。
チェーンラインと干渉した傷を考えながら適当に・・・
とはいってもカクカクしたのは好みじゃないので
ダックスの丸みに合わせた形にしました。

その型紙をベースに糸鋸で切り出しましたが
これがなかなか厄介でしたね~ (-_-;)
早く動かすと切れないのにゆっくりと動かすと切れるという
ジュラコンの特性を体感することが出来ました・・・


自作スライダー

取り付けは当初「ブラインドナッター」を考えてましたが
下穴が大きくなってアームの強度が落ちると怖いので
小さな穴で済ませタッピングビスでの固定に変更。
とりあえずこれで試してダメだったらまた考える事にします。
って、なんだかシートの時と同じですね (^^ゞ




12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >