Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 12 2009

Category: ホンダZ  

09’シーズン 乗り納め

先週、強烈な寒波襲来で雪が積もり
除雪車まで稼動する状況になった佐渡地方・・・
この先一体どうなる事やらと心配しましたが
ここにきてようやく状況が好転!
雨が続いたおかげで平場の雪は姿を消し
陽が差せば道路も乾くまでになりました。

そこで、この機にZを起こして乗り納め。
この先、いつ乗れるかわからないですからね。


2009 走り納め

ちょっとバッテリーは弱り気味でしたが
一旦火が入ってしまえばあとは好調♪
春先は不調だったキャブも調整してからは
アイドリングも安定しています。

ただ、ちょっと気になったのはエアアウトレット・・・
エンジンが温まるまで冷たい風が入ってくるので
流入を止めたいんですがベンチレーターレバーを
動かしても全く変化ないんですよね~ (ーー;)
ワイヤーの張り具合が悪いのかな?
今回は助手席に子供が乗ってたんで
噴出し口を自分に向けて対処しましたが
いや~、冷えること冷えること (*_*)

このあたり、対応策を考えたいですね。



・・・


さて、これでZも乗り納め。
今年も一年、色々楽しませてくれました。
大きなトラブルもなく普通に走ってくれるので
面倒も掛からず本当に助かってます。
それを、喜ぶべきか悲しむべきか・・・
ってここは素直に喜ぶべきなんでしょうね~
調子を維持出来てるだけでも奇跡ですから。


でも・・・


いじりたい w


色々考えるだけでも楽しいですね (´ー`)


Category: ガレージライフ  

OAKLEY e-wire

暖冬のはずだった今年の佐渡ですが
強烈な寒波襲来で様相が一変!
12月としては久しぶりにまとまった降雪となりました。

で、こうなると部屋にこもる時間が多くなるのですが
ただゴロゴロしてるだけではもったいない・・・
ってことでふと目に付いたのが

懐かしの OAKLEY e-wire


e-wire

サイクリングで使った時、もうちょっとパッド位置を低くすれば
前傾姿勢で無理なく使えそうと感じたので調整することにしました。
この作業、うっかりするとパッドの根元からボッキリいくので
フレームをコタツで温め焦らずゆっくり曲げていきます。


パッド調整

以前、別のメガネでは失敗しましたが・・・
今回は大丈夫でした (^^ゞ
あとは試走して微調整、今から雪解けが楽しみです♪


・・・


ところで、「e-wire」。
手に入れてからもう十数年経ちましたが
今見てもこのデザインは飽きませんね~
当時、カタログでイメキャラを務めた
プロスノーボーダー「ブライアン・イグチ」
のワンショットに自分を重ねちゃったんですが
その感違いも結果としては良かったかも w

ちなみに、自分は軽い近視持ちなんで度付レンズを
入れてますが、今回の調整が上手くいったら
サイクリング用に度付調光仕様も・・・


欲しいですね ^_^;



Category: ガレージライフ  

DIYパンク修理

昨夜、ふたご座流星群を見ようと外に出てみたら
空には流れ星の代わりに雪が乱舞!
いよいよ佐渡も冬本番・・・
暖かいうちにタイヤ交換しておいてよかったです。

ところで、その際にパンクしてしまった夏タイヤ
春までそのままにしとくのもスッキリしないので
この機会にDIYでパンク修理に挑戦してみました。
じつは、前々から一度やってみたかったんですよね (^^ゞ

ってことで近所のホームセンターで買って来ました。

パンク修理キット!

パンク修理キット

今まで何度か見ることはあっても縁がなかったこの商品 w
自転車やバイクでチューブ入りタイヤのパンク修理はやってますが
チューブレスはやった事がないので今回が初体験です。
こんなゴムひもみたいなもので直るのかちょっと心配ですが
修理工場にお願いした時もこれだったんで大丈夫なんでしょう。
パッケージにも「完全修理!」ってありますからね ^^;

さて、その修理方法ですがパンク穴を付属のリーマで拡大し
そこへ例のゴムひもみたいなものを差し込むという
言葉にすると簡単で単純そうなものですが
やっぱりそれなりにコツは必要でした (^_^;)

まず、ゴム糊をつけたリーマで穴を拡大するのですが
ワイヤー層を突き破る際にビキビキと嫌な音がするので
よけい悪くしてるんじゃないかと心配に・・・汗
でも、ここで下地をしっかり作らないとあとの作業に
悪影響が出るそうなのでしっかりねじ込まないといけません。


パンク修理中

その後、たっぷりゴム糊を塗布した例のゴムひもみたいなものを
付属のニードル(先端が割れてる)にセットしておき
リーマを引き抜いた穴にぐいっと押し込みます。

が、この際もけっこうな力が要るのでゴムひもみたいなものが
途中で切れてしまわないか心配に・・・汗
でも、内側に貫通させないとこのパンク修理は成立しない
仕組みなので慎重、かつ大胆に押し込みます。
ちなみに、貫通すると明らかに「抜けた」手応え?があります。


修理剤挿入

ここまできたら、ゆっくりとニードルを引き抜きますが
修理剤も一緒に抜けてこないかと心配に・・・汗
まぁ、ここで抜けるようなら問題外ですね w


修理(多分)完了

仕上げは飛び出した先端を数ミリ残してカット。
見栄えはよくありませんが暫く走ればきっと馴染むんでしょう・・・
ちなみに、空気圧を上げてみましたが今のところ漏れはありません♪


でも、「完全修理!」出来たかどうかはちょっと心配・・・汗


答えが出るのは来年の春ですね (^^ゞ




Category: ガレージライフ  

タイヤにネジが・・・

ここ数日、暖かい日が続いた佐渡ですが
来週あたりからはいよいよ雪マークがちらほら・・・
そこで、ファミリーカーの冬支度。
タイヤをスタッドレスに取り替えました。
まだノーマルでも大丈夫のような気もしますが
もういつ雪が降ってもおかしくない時期ですからね。

BR8(ノーマル)からWEDS(スタッドレス)へ。
交換は面倒ですが見た目が新鮮になるのでたまにはイイかな (^^ゞ


スタッドレス装着

昨年、ナット穴の狭さに難儀した取り付け作業
今年は薄口ソケットを準備したので順調でした。


しかし・・・


外したノーマルタイヤをみてガックリ (-_-;)


ネジが・・・

ネジが突き刺さってるじゃないですか!?
釘ならともかくこんなものも刺さっちゃうんですね~

仕方ないので中まで貫通してないことを期待しながら
そ~っと緩めてみたのでうがその途端に空気漏れ・・・
やっぱり修理が必要のようです (TεT;)


・・・


それにしてもいつ頃から刺さってたのかわかりませんが
走行中にパンクしなかったのは不幸中の幸いでした。


Category: ヒトリゴト  

ヘリポートにて・・・

今日の佐渡は12月と思えないような良いお天気。
先月、早いうちに初雪が降ってからたまに荒れることはあっても
雪が積もることはないので昨シーズンに引き続き
今年も暖冬になるのかも知れません。
でも、個人的には大歓迎!
スキーをあまりしなくなった今では趣味に寒さは不要ですからね (^^ゞ

で、そんな青空に悶々としてたところお使いごとを頼まれたのでZでGO!
この時期の晴れ間は貴重なのでたまに動かして体調維持に努めます。


ヘリポート

途中で立ち寄った両津港近くのヘリポート。
ホンダ車専用駐車場ではありません ^^;

島では船が欠航した時、空路だけが唯一の生命線となるのですが
現在、佐渡空港は航空会社の撤退で閉鎖しており
救急搬送時や災害発生時のみヘリが本土からやって来る状況です。
滑走路の延長やジェット機による羽田直行便が検討されてますが
このご時世なんでそれも実現は厳しいようで・・・

ちなみに、昨年の秋にはそのPRも兼ねて
関係者向きにデモフライトなんてのも行われてました。


佐渡空港

カフェシートじゃないダックスも悪くないな~
じゃなくて注目は後ろに見えるターボプロップ旅客機「ATR72-500」。
定員を少なくしてのフライトだったそうですが890mの滑走路でも
十分余裕をもって離発着してるように見えましたが
安全マージンが足りずにダメなんだそうです・・・


飛べればね~

バイクも飛べたらいいのにね~ (´・`)



Category: 自転車  

ドロップハンドル解禁

ここのところすっかりご無沙汰だったパール号とレストア号(仮称)。
ヒルクライムにMTBで出る事を決めてからあえて乗らないように
してきましたが、ここにきてまた出番が増えてきました。

昨日も本を買いに行くだけのはずが山の手までぶらぶら~っと ^_^;


久々


久しぶりのドロップハンドルは新鮮で楽しい~♪
ついつい陽気にも誘われ遠くへ行きたくなってしまいます。
ただ、ヒルクライムで乗り方が変わったのか、以前はベストと
思われたギア比やポジションなどに違和感も・・・
まぁ、そのあたりは次の休みにでもゆっくりと検証ですね。
また一つお楽しみが増えました w

ちなみに、カッコは仕事の途中だったんでチノパンにスニーカー。
片面フラットペダルはこんな時に便利です。
しかし・・・


交通安全・・・


裾まわりの処理はもっといい方法がありませんかね~ ^_^;




Category: ガレージライフ  

アラジンの芯交換

いよいよ師走、今年も残すところあと一ヶ月となりましたが
まだやり残したことが多いようなそうでもないような・・・
まぁ、目の前の事を一つずつこなしていくしかないですね。

ってことで、まずはアラジンのメンテナンス(それかよ!?)


・・・


注文しておいたアラジン純正の替え芯「16LP」が届いたので
清掃と錆び処理を済ませた本体に組み込みます。


16LP

立派な箱と説明書!長い歴史を物語るように取り付け方法が
各シリーズごとに挿絵と文章で書かれています。
それを参考に内炎板と外筒を取外し古い芯を抜き取ってみると
新しい芯より先端は約2センチほど短くなっていました。


新旧

ちなみに交換前、古い芯でも先端を揃えてみたところ
欠損部以外は青い炎が揃うのを確認することが出来ました。
やはり芯のメンテナンスは大事なんですね。

で、さっそく交換なんですがうちにやって来た37シリーズの場合
替え芯の爪を円筒状の芯押えに刻まれた4本の長穴のうち
下から2番目にはめるとの事なので指定通りに装着。


下から2段目


その後、芯のスソが捲くれないように注意しながらタンクに収め
石油が芯全体に染み込むまでのんびりと放置。
アラジンの芯素材は「綿」で出来ているので空焚きは厳禁だそうです・・・

そして、いよいよ点火してみると・・・


青い炎がイイ感じ

う~ん、青い炎が眩しい!
メンテした結果が目に見えるっていいですね (´ー`)

交換前はこんな↓でしたので激変です。


不完全燃焼・・・

それにしても、かなり前のモデルから現行機種まで
同じ替え芯でいけるあたりはすごいですね~
うちにやって来たアラジン(37シリーズ)なんかだと
すでに30年以上経ってるはずですがそれでも修理可能!
ダックスやZの部品もこんなだったらいいのに・・・


とにかく、これで冬眠中もぬくぬくと楽しめそうです♪




1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 < >