Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 09 2010

Category: 自転車  

悪あがき

あっという間に9月も月末・・・
佐渡ヒルクライムも間近に迫りお腹が痛くなってきました (ーー;)
楽しみたいつもりではいるんですが体は正直ですね~
昔から何かにつけ本番前は弱い体質です。


そんな弱虫根性を紛らわすには相棒の整備が一番!?
ってことでパール号の整備を開始。
まずは余計な物をはずして軽量化をもくろみましたが
シートポストの短縮とボトルゲージを1個外して終了・・・
100g程ですが精神的には数値以上の効果です ^_^;


あとは、よく見たら交換したチューブラータイヤが
ヒビだらけだったので念のため交換しておきました。
すぐにパンクすることはないかも知れませんが
出来るだけ不安材料は減らしたいですからね。
新しくしてもパンクする時はしちゃいますが
それでも精神的にはプラスでしょう。


チューブラーの交換


チューブラータイヤの交換作業は久しぶりでしたが
ミヤタ製チューブラーテープのおかげで簡単なものです。
接着にリムセメントを使ってたらこうはいかないでしょうね~
ホントにこれは便利です♪

ただ、いつも気になるのはタイヤのセンター出し・・・
トレッドのパターンをセンターに持ってくると
フンドシ(でいいのか?)のはみ出し具合が左右均等に
なったりならなかったりでいらっときます。
まぁ、最後は妥協して一日もすれば気にならなくなりますが w
その点、クリンチャーの方が向いてるのかも知れませんね~



・・・


ところで、今年の佐渡ヒルクライムですが
先日届いた資料を見ると参加人数は100人弱・・・
定員が300名ですのでちょっとさみしい数字ですが
いつかロングライドやトライアスロンのような
佐渡を代表する名物イベントに育ってほしいものです。


晴れるといいな~ (´・`)



Category: 自転車  

佐渡ヒルクライム2010 試走

まだまだ先と思っていた佐渡ヒルクライムですが・・・


もう、今度ん日曜じゃね~かっちゃ ( ̄□ ̄;)!!


ってことで、今さらですが二度目の試走に行ってきました。
一度目の試走で体力・精神ともにボコボコにされてから
これじゃまずいと近所の坂は何度か上りましたが
やっぱりもう一回くらい試走しとかないと心配ですからね。

ちなみに、今回もパール号で行ってきましたが
リアホイールは11-25Tのオープンプロから
26Tが付いてる7S仕様のチューブラーに変更。
ホントは8Sのまま27Tにしたいところでしたが
先立つ物も無いので手持ちで済ませました・・・


で、結果の方ですがなんとか制限時間内に登頂成功!


無事登頂


が、前回と大してタイムは変わりなし・・・
休憩時間は半分くらいだったはずなのに・・・
体も前回よりは動いてた気がしたのに・・・
でもまぁ、パール号でもトラブルさえなければ
上れることはわかったので大会当日はレースの雰囲気を
楽しみながらマイペースで走りたいと思います。


眺め良し!


晴れてれば眺めは最高ですからね~ (´ー`)
まぁ、よそ見するほど余裕があればの話ですが・・・



・・・


さて、あと出来る事は無駄な部品を外しての軽量化と
風邪などひかないよう気をつけるくらいかな?
今日からはお酒もやめましょうw

ちなみに、今回のトランポはZ。
リアシートを倒せば自転車も運べます♪


運び屋Z


ただ、帰りはクラッチ操作がきつかった~
まだまだ鍛え方が足りないようです ^^;



Category: ツーリング  

オールドホンダ祭

先週末、Zに乗って信州まで出掛けて来ました。
向かった先はホンダなかよし倶楽部の「オールドホンダ祭」!


オールドホンダ祭


西から東からオールドホンダ好きが集まって
マニアックな話から世間話、中には露天メンテも w
好きなモノに囲まれ本当に気持ちのイイ二日間でした (^.^)
楽しい時間を提供してくれた主催者のノンキーさんや
佐渡からの道中、一緒に走ってくれたhama3さん
そして、倶楽部の愉快な仲間たちに感謝々であります。

それにしても30年以上前に生まれたクルマばかりですが
デザインを含めその魅力は色褪せることがありませんね~
見た目には多少ガタもありますがそれもご愛嬌・・・
それぞれに工夫して修理の手がきちんと入っているので
そこにはオーナーの愛情みたいなものを感じます。
まぁ、そう思えるのは一部特殊な人だけかな w


ちなみにツーリング中、うちのZで気になった事は・・・

一、白煙・・・
一、ライトが暗い・・・
一、その他もろもろ・・・

白煙はもう慣れっこになりつつありますが (ダメだろ!)
ヘッドを開けてみないと原因がはっきりしないので
今すぐの解消は難しいでしょうが、あとの問題は
何とかなりそうなので近々手を入れてみようと思います。
解消法もちょっと教わってきましたからね♪


・・・


Zでの島外遠征は久しぶりなので不安なところもありましたが
途中で止まることもなく本当に頑張って走ってくれました。


車両航そう


お疲れ様 (´ー`)




Category: ホンダZ  

信頼度アップ作戦

ここのところ大きなトラブルが無いことにかまけ
オイルの注ぎ足しくらいで乗りっ放しだったZですが
今週末、海を越えて出掛ける事になったので
いそいそとメンテナンスを始めました・・・
島内と違って途中で何かあっては困りますから ^_^;


しかし、いじり過ぎても壊すのがオチなので
ホントに心配なところだけに手を入れることにします。
今回は充電系の不安定なボルテージレギュレーターと
いつ割れるか冷や冷や状態の右エキゾーストパイプ。
幸い両者ともいつか必要になるだろうと用意しておいた
ストック品があるのでこれを機会に交換します。


まずはボルテージレギュレーター。
これは前々から交換したいと思っていたのですが
硬化したハーネスを断線してしまうのが怖くて・・・


レギュレーター交換


でも、やってみたら作業は思いのほかすんなりいきました。
今まで走行中も低かった電圧も正常値まで上昇!
こんなことならもっと早くに交換すればと反省。


そして、お次は右エキゾーストパイプ。
5年ほど前に接続部が断裂し溶接修理してもらいましたが
肉盛りした部分が以前に比べだいぶ痩せていたので
今すぐどうってことは無いかも知れませんが
ここは思い切って交換しておきます。


エキゾーストパイプ交換


交換作業は多少曲がり具合に違いがあるのかすんなりとは
いきませんでしたが押したり引いたりして何とか終了。
ちなみに、左エキゾーストパイプも交換しようと
試みましたが接続部の固着が酷く抜けそうに無いので
今回は無理せずそのままにしておきました。


これで・・・


カーフェリー甲板の波板通過中にマフラーが
割れてしまったらどうするっちゃ~ (((((((( ;゚Д゚)))))))


という不安は大幅に解消されました♪

あとはそのままにしておいた左のパイプに
しわ寄せが出ない事を祈るのみです・・・



Category: 自転車  

やっぞ!佐渡ヒルクライム 2010

「佐渡国際トライアスロン 2010」が終了してから一週間・・・
それまでの晴天続きが一変し週末には大雨が降り
Aタイプのバイクコースとなっていた内海府の
海岸道路は陥落して現在通行不能となっております。
自然の力は恐ろしい (ーー;)


そんなトライアスロンと豪雨の余韻が残る佐渡ですが
また来月には自転車のイベントが開催されます。


佐渡ヒルクライム 2010 !


昨年は11月の開催でしたが大会翌日になんと雪が降り
大佐渡スカイラインが閉鎖となったのが原因かどうかは
わかりませんが、今年は10月の開催となりました。
で、自分も昨年に引き続き出場するかどうか
申し込み期限の8月31日ギリギリまで悩みましたが
最後は缶ビールを一気飲みした勢いで
「同意する」ボタンをボーン!
これ、昨年と同じパターン w


が、あまかった・・・大あまでした (-_-;)


先日、一度くらい試走しとこうと行ってみたのですが
佐渡金山の駐車場を過ぎたところで速攻ギブアップ・・・
昨年の試走でも一回目はダメダメ状態でしたが
それ以上に体力的・精神的に打ちのめされてしまいました。


高低差

やっぱりあの激坂はハンパじゃありません。
しかも、昨年よりスタート地点が下がって2キロ延長!


ダメだった原因としては色々考えられますが
まず一番は自分の練習不足・・・これ、当たり前!
それと相棒が「パール号」だったことも大きいでしょう。
今年は昨年出場した「MTBクラス」が廃止されてしまったので
ロードバイクでどのくらい登れるか試してみたのですが
結果、自分の脚力ではコンパクトギアでも無理そうです。
MTBより軽いんでいけると思ったんだけどな~


・・・


あと半月、車体の大幅な軽量化は望めないので
体力的、精神的に(出来るだけ)鍛えて
制限時間内の完走を目指します・・・弱っ


やっぞ!(`Д´)




Category: タイカブ  

タイカブの燃費

猛暑の中で開催された「2010 佐渡国際トライアスロン」。
体調不良でリタイアされる方も多かったようですが
それでも完走率は80%超・・・凄いですね~
みなさんのタフさを見習いたいものです。


ちなみに、自分はバイクマーシャルとして参加。


ちっちゃい・・・


相棒はバッテリー交換でリフレッシュしたタイカブ。
集合当初はまわりの大きなバイクに圧倒されてましたが
コース上ではカゴ付きで小回りの効くタイカブが大活躍!
投げ捨てられたボトルや落下物が多いですからね~

ただ、参加するにあたり気になっていたのは航続距離・・・
大会当日は日曜で確実に開いてるガソリンスタンドは
スタートから約100キロ先にある両津のセルフとなるので
満タンで3,5Lしか入らないタイカブの場合
リッター約30キロは走ってくれないと途中でガス欠・・・
佐渡の海岸線はけっこう起伏も多いし (ーー;)


バイクマーシャル


が、結果その心配はまったくありませんでした。

両津のセルフで給油したところ満タンで1.51L。
自宅からスタート地点を経由して両津まで走行距離は
タイカブのトリップメーターで約114キロ。
トライアスロンの公式データと比べても誤差は
少ないようなのでまず間違いなく約110キロは走ってる。
で、自宅を出る時は満タンにしてあったから・・・


110÷1.51=


リッターあたり約73キロ!



今までチョイ乗りが多く燃費はあまり意識していませんでしたが
タイカブってけっこう走るもんですね~


ハイオク使用、ハイギヤード化が効いたのか?


それとも・・・マグチューンが効いたのか!?


ほぼ、法定速度内だったとはいえこの燃費は素晴らしい♪
あらためてタイカブの良さを見直した一日でした (´ー`)



Category: タイカブ  

タイカブのバッテリー交換

先日、購入した全自動充電器
繋いでスイッチを入れるだけという手軽さから
うちに有る全ての車両で使ってみました。

で、そうしてみると今まで放ったらかしだった
バッテリーの状態が気になってくるようになり
タイカブに至ってはフル充電してもすぐダメになる
事が判ったりしてバッテリーを新品に交換しました。

ちなみに、用意したバッテリーは格安の輸入MFバッテリー・・・
信頼性に関しては疑問符が付きますが
ダメ元でも納得のリーズナブルさが魅力です。


輸入バッテリー


説明書はちゃんと日本語で丁寧に書いてあるので
それに従い電解液を投入後、補充電して装着したところ
当たり前かもしれませんが元気にセルが回ってくれました♪
ここ数年、キックスタートしかしてなかったので超新鮮 w
こんな事ならもっと早く替えとけばよかったです。


ただタイカブの場合、バッテリーの交換となると
サイドカバーにウインカーリレーやCDIを
外したりとけっこう面倒・・・ (ーー;)


面倒だ・・・


全自動充電器の機能を活かすには
バッテリーに補充電用のサブハーネスを追加して
おくと便利かもしれませんね。




12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >