Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 03 2011

Category: 自転車  

MTBでGO!

佐渡から初の甲子園出場・・・

いいものですね~ (´ー`)
校歌がTVから流れて来た時には思わず目が潤みました。
彼らのハツラツとしたプレーを見てると
自分も負けてらんない!って気になります w
せめて気持ちだけでも若くいきたいですね。


で、久しぶりに自転車に乗って出掛けてきました。
隣町での会議にはいつもならクルマで向かうのですが
急ぐ必要もなかったしガソリンも高いですから・・・
現在、島内ではレギュラー¥170弱!
幸い給油制限はありませんが無駄には使えません (-_-;)


ちなみに、乗っていった自転車はMTB。
最初はハミングバードの試走がてらと思いましたが
まだブレーキとクランクまわりに問題があるし
道端には残雪もありますからね。
結局、心配していた残雪はありませんでしたが
雪道でスリップしたクルマが残したであろう
ウインカーなどの破片があちこちに散乱していたので
MTBの選択は正解だったと思います。


MTB


加茂湖沿いのサイクリングロードは景色も穏やか。
居着きの白鳥や渡りのカモなども多く
バードウォッチにも最高です。
ただ、所々に散乱した牡蠣殻はいただけない・・・
スリックタイヤだったらパンクしそうです。
こうして考えてみると佐渡島内をブラブラ走るには
MTBが一番向いてるのかも知れませんね。
途中、ロードレーサーでは進入をためらうような
砂利道にも寄り道したりして往復約30キロ。
風は冷たかったですが大汗かいて楽しめました♪

その代り今日は朝から筋肉痛・・・
若いのはやはり気持ちだけだったようです (つД`)



Category: 自転車  

KMC X8

彼岸を過ぎてもまだ天気予報には雪マーク!?
いつになったら暖かくなるのやら・・・
こんなに寒い3月も珍しいですね~
と、そんなこんなで気分が乗らず停滞していた
ハミングバードの公道復帰計画ですが
燃費削減&冬眠中の運動不足解消も兼ね
少しずつですが作業を再開する事にしました。
もう来週は4月ですからね。
だんだんと気分を上げていきたいと思います。


:::


さて、固着により動作不良だったSTIレバーですが
ドブ漬け作戦が功を奏し前後ともに無事変速するようになりました。
大外のスプロケットにシャキーンと決まると気持ちイイ!
この当たり前の動きがとても新鮮です。
今までアウター(とくにフロント)に上がらなくても
どうせヒルクライムにしか使わないし・・・
と諦めてましたがこれならロングライドも大丈夫そうです w

それと、パール号で使ってたチェーン(シマノ HG50)も
そのまま使ってみたところ若干長過ぎるみたいなので
この際に新しく交換しておく事にしました。


X8


今回使ってみたチェーンは8速対応の「KMC X8」。
接続用の「ミッシングリンク」なるものが付属していて
チェーンの脱着が工具無しで出来るそうです。
これはメンテナンス性が良さそうですね。
ただ、何となく途中で外れないか心配・・・
まぁ、こればかりは試してみないとわかりませんね ^_^;


それにしても、トップチューブとシートチューブが
パール号より10mmほど長いことは把握してましたが
チェーンステーの長さまでは測っていませんでした。
このあたり、乗り味にどう影響するのか
早く乗って試してみたいところです。



Category: ヒトリゴト  

佐渡市での避難者受け入れ

東北関東大震災発生から一週間・・・
日々、刻々と明らかになる状況に胸を痛める毎日であります。
幸い佐渡では普段どおりの生活が出来ておりますが
月末に予定されていた「佐渡トキマラソン大会」の中止や
地域イベントの中止などこの先どうなるかよくわからないところです。

数日前から島内のホームセンターなどでは
電池、カセットボンベ、トイレットペーパーなどを
買い占める人も現れたとのこと。
島外の親戚に送る人がほとんどだと思いたいですが
どうもそうでない人もいるようで・・・
とにかく今は被災地に多くの物資が届く事を願うばかりです。


今、自分に出来る事はまず一日々を大事に過ごす事。
そして何か自分にお手伝い出来る事がきた時は
それにしっかり応えたいと思ってます。
まずは募金と節電に燃料の削減・・・
自転車の出番は増えそうですね。


あと、佐渡市でも被災者や避難者の受け入れを始めたそうです。
受け入れ施設は今のところ下記の2か所です。

・ 佐渡市消防本部(防災センター) 受け入れ可能人数120人
・ トキ交流会館 受け入れ可能人数70人

問い合わせ先 佐渡市総務課防災安全係 ℡ 0259-63-3111



今後、島内の宿泊施設でも受け入れを検討中との事ですので
詳細が分かり次第またアナウンスさせて頂きます。



Category: 自転車  

STIレバーの分解整備・・・再び

組み替え作業で発覚したデュアコンとBBシャフトの問題。
そのままでもとりあえず走る事は出来そうですが
この先も長く、気持ち良く付き合いたいので
不具合解消に向け問題箇所を調べてみました。


まず、デュアコンですがバラしてみたところ
ギアの数ヶ所に焦げ茶色の固着グリスを発見!
爪状のカムを動かしてみると案の定ネバ~とした
動きなので不具合の原因はそれかも!?

そこで、ユニットごと洗油にドブ漬け。


ドブ漬け作戦


タール状になったグリスは突付いた位では取れないし
かと言ってバラし過ぎても後々大変な事になるのは
前回の分解整備で懲りてますからね。
しかし、リア側は良かったもののフロント側は
機能が回復せず今回もバラす羽目に陥りました・・・
構造上、ワイヤーを引いた時に止まるはずの部品が
ちっとも止まらないので動きをよ~く観察していたら
一ヶ所リターンスプリングの掛け間違いらしき場所を発見!
どうも前回バラした時に組み間違えたようですね~
そういえば、突然アウターからインナーに落ちる事が
あったような無かったような・・・汗
今まで変速出来てたのが不思議なくらいです ^_^;


結果、組み立て直しドブ漬けとエアブローを
繰り返したところ爪状のカムもリターンスプリングにより
カチンカチンとスムーズな動きを取り戻し
フロントはアウターに、リアはローギアまで
きっちり変速出来るようになりました♪
一番恐れていたギアの磨耗やリターンスプリング
などの破損は今のところ見当たらないので
これでまた暫くは使えそうです。


さて、残すはBBとクランクの相性問題・・・
そこをクリアすれば走り出す事が出来そうです (^.^)



Category: 自転車  

組み替え開始

ひな祭り寒波の襲来から寒い日続きの佐渡ですが
平場の雪はすっかり消えて晴れてさえいれば
自転車やバイクで出掛ける事が出来るようになりました。
と言っても風が冷たいのでド根性があればの話ですが
本格的な冬眠明けも近いですね~


ってことでいつでも飛び出せるように
ハミングバードの組み立て作業を始めました。
部品は出来るだけ手持ちで済ませたかったので
予定通りパール号からの移し変えです。


組み替え


ハンドルステムは同径なのでデュアコンも含め
フロントまわりはそのまま交換。
前後のハブにディレーラー、そして先日直した
キャリパーブレーキも旧105なので
メインのコンポは同系色で揃います。
ここまで来たらクランクも旧105で!
と思いましたがさすがにノーマル(52T-42T)では
ヒルクライムに使えないのでそこだけは今まで使ってた
スギノのコンパクト(46T-34T)に交換します。

ただ、ちょっとした問題も・・・

外す前、なんとなく回してみたところ
前後ともシフターの調子が良くありません。
フロントはアウターに上がらないし
リアはローギアに上がらない・・・
これ、前にもあった症状ですね~

それと、ハミングバードのBBシャフトに
スギノのクランクを差し込んでみたところ
底付きしてもなおグラグラしてます。
どうもテーパー具合が違うみたい・・・

パッ!と交換して終わるかと思いましたが
そう上手くはいかないものです (ーー;)





Category: 自転車  

旧シマノ105(1055系)

つい十日ほど前、春のようなお天気続きに

祝!冬眠明け

などと浮かれておりましたが3月に入ったら一転・・・
寒の戻りで雪が降ってきました (-_-;)
もう1月のような大雪はないかと思いますが
まだまだ油断は出来ないですね~


:::


そんな中、ストーブを点けたガレージで
外にチラつく雪を眺めながらの自転車いじり。
積まれた段ボールをひっくり返しフレーム補修を済ませた
ハミングバードに取り付ける部品集めに取り掛かりました。
大雑把ですが今回集める部品の方向性は・・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・ 懐に出来る限り優しいもの。
・ フレームの雰囲気や時代に合ったもの。
・ チョイ乗りからヒルクライムまで使えるもの。
・ デュアコン、キャリパーブレーキ、コンパクト、etc

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これはもうパール号からの組み替えしかないですね (^^ゞ

メインコンポとなる旧シマノ105(1055系)は
シャンパンゴールドっぽいペイント仕上げですが
鏡面仕上げとはまた違う対極の美しさ!?
チープでなくレトロと思えば十分イケます。
機能自体も今時のそれに比べれば劣るんでしょうが
自分には十分オーバースペックです w

そこで、まずはキャリパーブレーキのOH。
スプリングやネジのメッキに浮き錆びがあったので
パール号では使ってませんでしたが
今回はバラして磨いて復活させます。


オーバーホール


ざっと見たところ本体のペイントには浮き錆びや
傷なども少なく思いのほか良好でしたが
可動部はグリスが固着して渋い状態・・・
でも、幸いなことに損傷は無さそうなので
グリスアップで直りそうです。
ところで、バラして初めて気付きましたが
センター部のワッシャーはボール入りだったんですね。
危うく落としてボールを紛失するところでした ;´Д`)

このあたり、ふと思いましたが色といい、形といい
リールの部品に似てますね。
流石、シマノだわ w



Category: 自転車  

トップチューブの凹み補修 完了

3月に突入しいよいよ冬眠明けか!?
と期待していたらまた寒の戻り・・・
まだまだ春は遠いんですかね~


:::


さて、先日始めたトップチューブの凹み補修。
パテ付けも終わりようやく仕上げ作業を始めました。
まずはちょっと良さげなステッカーを張ろうと
あてがってみましたがどうも今一・・・
片側だけってのはバランスが悪いですね~

そこで、カッティングシートを使って
クラシカルな胴抜き調にしてみました。


胴抜き調


ダウンチューブ上のロゴが「黒」と「黄色」なので
どちらにしようか迷いましたが黄色だと
下地のパテが透けて見えるのでここでは黒を選択しました。
ただ、この貼り付け作業がなかなかの曲者で
曲がらず、かつ気泡が入らないよう綺麗に張るのは難しい!
一度目は見事失敗してしまいました・・・
さらに剥がす時、パテの一部が取れてしまうというWパンチ・・・
焦ってやるとろくな事がないですね。
その甲斐あって二度目はまぁまぁの仕上がりとなりました ^_^;


ここでしばらく一人悦に入っておりましたが
まだ何か物足りないような・・・
ってことで両端に黄色いラインを2本追加。


ライン追加


うん!イイ感じ♪

近寄って見るとあららってところもありますが
全体のヤレ具合にマッチしてると思えばそれもアリ!?
あくまでもプラス思考で考えましょう。
最初の状態に比べれば十分直視出来ますから
これで、とりあえず凹み補修は完了です (´ー`)





1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 < >