Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 09 2013

Category: ツーリング  

Garage cafe Rennsport

朝晩だいぶ冷え込むようになった佐渡地方。
田んぼの稲刈りも最盛期となり本格的な秋の訪れを感じます。
そんな中、オールドホンダでショートツーリング!
前々から気になっていたカフェを目指しました。



カフェツー


前を行くのはお付き合い頂いたhama3さんのレーシングN。
ステンマフラー独特の歯切れのイイ音が泣かせますね~
それにしても一緒に走るのは久しぶりですが小さい・・・
すれ違うN-ONEが大きく見えました w


ほどなくして到着。




Garage cafe Rennsport


「Garage cafe Rennsport」

入口にスポーツカーが鎮座するクルマ好きにはたまらない店構え!
うちから小木方面に向かう通り沿いにあるのでいつも気になってましたが
いつも通る時は閉まってたので寄れずじまい・・・
今回ようやく分かりましたがうちと同じ定休日だったんですね ^_^;
伺った日はたまたま祝日だったので開けてみたとの事で運が良かったです。
店内はオーナーの趣味に係わる雑誌やおもちゃがいっぱい♪
メニューも地場産フルーツを使用した甘いものから
軽食・コーヒーまで揃ってるので文句なくお気に入りに登録決定!


う~ん、うちのガレージもあんな感じに・・・って無理だな w





Category: タイカブ  

交換&予備部品

パンクで始まったタイカブいじり。
注文していた部品が入荷したとの連絡が入ったので受け取ってきました。
今回はアクスルスリーブ&ナットも一緒に注文・・・
チェーン調整の際、締め込み過ぎてズルッとやっちゃったもので ^_^;




交換部品


さて、まずはハブダンパーを交換。
右:新品、左:これまでの物・・・





ハブダンパー交換


見た目には隙間の広さが多少違うかな?くらいのものですが
ハブをはめ左右に回してみると明らかにガタが少なくなってる!
これは走ってみてどうなるか楽しみな感じです。


それに比べて意外だったのはドリブンスプロケット。
汚れを拭き取るまではかなり尖った印象でしたが
きれいにしてみるとまだまだ大丈夫な感じ・・・




新旧ドリブンギアー


チェーン調整の際、きついところと緩いところがある原因は
ドリブンスプロケットにあるとふんでましたがそうではなかった!?
チェーン本体に問題があるのかも知れませんね~
ってことで交換しないで再投入・・・

もったいないしね w






Category: タイカブ  

タイカブのパンク

台風の影響?でパンクしてしまったタイカブ。
そのままにしとくわけにもいかないのでさっそく修理に掛かりました。
本来、パンク修理だけならチェーンカバーを外す必要はありませんが
ドリブンギアの減り具合が気になるのでこの際に確認しておきます。




パンク修理



パスタさんのブログを見てから気になっていたハブダンパーも確認。




ハブダンパー


ハブをはめ左右に回してみるとけっこう動きますね~
そういえばギアチェンの際、ガツンという衝撃が前より大きくなってたような気が・・・
この際なんでドリブンギアと一緒に注文しときましょう。


で、肝心のパンクですがぐるっと見回したところ・・・発見!




パンク個所特定


パンクの犯人


ホッチキスの歯!?
思いのほか小さな物にやられました・・・

ちなみに、修理の方はパッチでもよかったんですがリア周りは外すのが面倒なので
ここは慎重を期してストックしてあった新品チューブを投入しておきます。




新品チューブ


それにしてもカブのタイヤ交換は簡単だ~
ロードレーサーの方がはるかに面倒で値段も張ります w





Category: タイカブ  

パンク

各地に被害をもたらした台風18号・・・
ニュースで惨状を見るにつけ自然の猛威に驚かされます。
こちら佐渡でも一時は各種警報が発令されどうなる事かと心配しましたが
幸い?船が欠航になったくらいで大きな災害は発生せずに済みました。
ただ、農作物には少なからず影響が・・・




倒伏・・・


刈入れ直前の田んぼでは倒伏が目立ちます。
なかなか思うようにはいきませんね・・・




台風一過


雨風が収まった後、先日行ったチェーン調整がうまくいったか
テストついでに近所を見回ってきましたがこの後タイカブにも災難が・・・
ガレージに納めようとしたところ何だか取り回しが重い!?
で、何事かと見回してみたところあろうことかリアタイヤがパンクしてる~
一難去ってまた一難です (+_+)





Category: 自転車  

ドンデン山ダウンヒル

フラフラになりながら登り切ったドンデン山。
山荘からの景色を十分堪能したらお次はダウンヒル!
競技とかだと機材保護?のためパスする人もいるようですが
これを抜きにしたらもったいないですよね。
ただ、飛ばし過ぎでコケた時のダメージは計り知れないので
写真でも撮りながら安全第一で慎重に下ります。




ドンデン山荘への分岐


↑ 山荘入口の看板奥に見えるのは佐渡最高峰の「金北山」(標高1,172m)。
その奥には真野湾越しに小木半島が見えます。




亀甲路面・・・


↑ これが今回一番の難敵だった「亀甲路面」。
端まできっちり刻んであるので逃げ場がありません・・・
ロードバイクのタイヤ幅だと凹部分にハマりやすく
上りで乱暴に踏み込むとスリップして立ちゴケしそうになります。
ちなみに、下りでも悪影響は大きくががががががっと物凄い振動!
終いにはヘッドパーツのロックナットが緩んでしまい
随時締め込みながら走る破目になりました。




さよならドンデン山荘



放牧地


↑ ドンデン山荘の下にはエスケープゾーンならぬ放牧地が広がります。
今回、牛に迫られる事はありませんでしたがそこかしこに落ちてる
牛フンにその息遣いを感じました・・・




つづら折れ区間



ぐるぐるカーブ



お立ち台


↑ 台地(放牧地帯)を過ぎると「つづら折れ区間」。
見た目に心が折れますがアウト側を走れば楽勝・・・ってウソです。
Z坂の倍くらい厳しいです!




採石場・・・


↑ 眼下に見えるのは採石場。
花の百名山との対比が強烈でやりきれませんがこれも現実です。




栗爆弾


↑ 中腹付近は広葉樹のトンネル。
今はまだ濃い緑ですがもうすぐ真っ赤に染まります。
すでに路面には栗が落ちてるのでうっかり踏まない様にしないと危険です。
でも、食べれますので拾って帰れば家族はきっと大喜び。
もう一回行って来い!って言われるのは必至 w




トラック野郎


↑ アオネバ登山口を過ぎるとトラック続出!
とにかく引っ切り無しに現れるので気が抜けません。
ここは仕事の邪魔にならないよう&飛ばし過ぎに注意して下りましょう。




無事下山


↑ 無事下山したら稲穂越しにドンデン山を眺めて一休み。
寄り道しながらでもやっぱり下りは早いです。


さて、この「ドンデン山ヒルクライム」コース。
事前情報では「佐渡ヒルクライム」コースより楽・・・
と耳にしてましたが誰だそんなこと言ったの!?
同等、もしくはそれ以上に厳しかった・・・
坂バカには挑戦し甲斐のある魅力的なコースに間違いありません。






Category: 自転車  

ドンデン山ヒルクライム

東京オリンピックの開催が決まった翌日・・・
登ってきました「ドンデン山」。




目指すはドンデン



「大佐渡スカイライン」と並び佐渡を代表する激坂続きの山岳道路。
もしかして自転車でいけちゃう!?と思い始めて早数年・・・
なかなか踏ん切りが付かず尻込みしてましたが
オリンピックと秋晴れの空でようやくスイッチが入りました。
曇ってたらたぶん行かなかったな w



スタート地点に決めたのは梅津川を数キロ遡った地点にある分岐点。




ドンデン分岐



ここからアオネバ登山口までの約4キロはパレードラン?
採石現場を行き来するダンプに気を付けながら慎重に進みます。
狭いブラインドコーナー、さらには砂も浮いてるので要注意!




ダンプに要注意!



↑ 前方を見上げるとこれから通過するつづら折れ区間が見えます。
すぐに手が届きそうですが登るにつれどんどん離れていきます・・・
富士登山の山小屋と同じですね。



↓ ここがスタート地点から4キロ先の「アオネバ登山口」。
花の百名山として有名な登山道はここを左に、
車両は右に折れて急な上りが始まります。




アオネバ登山口



じつは、すでにこの地点で心と体が折れかけてます ()´д`()
汗だか涙だかよく分からないものが溢れ心臓バックバク!
正直ナメ過ぎてました・・・
よってこの先、アタック中の写真は無しっていうか撮る余裕無し w
とにかく足を付かず登り切る事だけに集中。
ちなみに、一番の山場はつづら折れ区間と思われましたが
それ以上に厳しかったのがそこから上の亀甲路面!
ハンドルを取られるわ、踏み込むとスリップするわで
普通のアスファルト路面に比べたら倍以上疲れました。
それでも歯をくいしばること1時間ちょい・・・




ドンデン山征服



祝!「ドンデン山」制覇
途中、何度も挫けそうになりましたが諦めないで良かった。
登り切った達成感は格別です。


その後は「ドンデン山荘」で一休み。




ドンデン山荘


ご褒美は抹茶ソフト



気温20℃を切る秋の風に吹かれながらご褒美の抹茶ソフト・・・うめぇ~♪


デッキからの眺望も最高!
刈入れの時期を迎えた田んぼが広がる国仲平野が一望。
さらには粟島から新潟市内のビルまで確認する事が出来ました。
海抜約900m、スタート地点からの走行距離は約12km。
ページの冒頭、ドンデン山を見上げてた加茂湖畔(赤)・・・
あそこから走ってきたと思うと感慨もひとしおです。




眺望最高!







Category: タイカブ  

タイカブのチェーン調整

最近、集中豪雨や竜巻など全国的におかしな事になってますが
こちら佐渡でもいつどうなるか分かりません。
これからの時期、佐渡沖の海上で漏斗雲が目撃されるのはよくある事だし
実際、昨年は軽自動車が引っくり返されたし・・・
自然のパワーには只々驚くばかりです。




曇天



話変わってトライアスロンで頑張ったタイカブ。
概ね快調に走ってましたが、たまに足元から「ボコン」という
ヒット音が聞える事があったのでリア周りをチェック。
どうもチェーン周りが怪しかったのでカバーの点検窓から
確認してみたところやはりだいぶ弛んでました ^_^;




チェーン調整



で、早速弛み調整をしてみましたがタイヤを回してみると
緩いところときついところの差が大きい・・・
たまに緩いところがチェーンケースに接触してたのかな?
とりあえず今回は一番きついところで合わせましたがそろそろ限界かも知れません。
フロント側スプロケットの減りはほとんど無いのでドリブン側がやばいかな?
近いうちカバーを外して確認する必要がありそうです。


ちなみに、タイカブの場合チェーン調整作業は一癖あります。
ダックスとかだとナット1個を緩めるだけで済みますが
タイカブの場合は2個、チェーンを外さずリアタイヤ交換が出来るよう
ドリブンフランジが車体側に残る仕組みのためナットを別に緩める必要があります。




タイカブのチェーン調整



備忘録として

左用:アクスルスリーブナット23mm、4.5kg-m
右用:アクスル17mm/アクスルナット19mm、5.0kg-m


ドリブンスプロケットをケチってるようじゃGLは・・・泣






Category: タイカブ  

佐渡国際トライアスロン終る

昨日、9月1日。
海上時化のため?一部のスイム競技が中止となりましたが
「2013 佐渡国際トライアスロン大会」、無事終了となりました。
自分はバイク競技のマーシャルとして参加。
前日の夜まで土砂降りだったのでずぶ濡れになる事を覚悟してましたが
日頃の行いが良かったおかげで雨具は使わずに済みました。



朝起きたらタイカブがVFRに・・・夢のようです。




待機中



競技開始時間に合わせて午前6時、待機場所に集合。
スイム中止などの変更点を確認したらスタートまではバイク談義。
オンオフ、新しいのから古いのまで色々あるので話題は尽きません。
ただ、大型バイクに囲まれてると眠っていた悪い虫が・・・
GL!欲っしぃ~




無差別級・・・



スムーズなエンジンに見た目とは裏腹な小回り性能。
当然、腕によるところが大きいですが魅力的です。
そんなGLと違って「迫」が無いタイカブの場合、
その辺の一般車両と間違われるのでプレートは必須アイテム w




差別化・・・



ちなみに、マーシャル業務の内容は色々ありますが平たく言えば安全管理。
ドラフティングやゴミ捨てなどのルール違反に目を配りながら
路面に落ちた危険物を拾ったり、道端で困ってる選手をサポートします。





ツール・ド・・・



道中、ちょっと「ツール・ド・フランス」チックな場所があったので
道端に立ってドラフティング違反の注意喚起。
ただ単に休んでるだけじゃありませんよ、これも大事なお仕事です。



いや~、それにしてもみなさん早い!
スイムが無かった事もあって力が余ってたのかな?
とにかくひたむきに走る姿は刹那的であり美しいです。
来年は自分も・・・GLで w






12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >