Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 11 2013

Category: XLR  

ブレーキキャリパー分解整備

なんでこんなに寒いんだ~
と思ったら裏山が白くなってる・・・



冬到来・・・



陽が照れば三段錦に心が和むんでしょうがそれも無い。
風邪もなかなか抜け切らないし困ったもんだ (ーー゛)
しかし、愚痴ってみてもお天気ばかりは仕方ないので
次の小春日和に向けてやれる事だけやっておきます。



洗浄&パッド交換だけでは今一引きずりが解消されなかったフロントブレーキ。
頼んでおいたシール類が届いたのでヘッドまわりの整備に併せ
この際なんでキャリパーも分解・整備しておきます。
XLRについてるキャリパーは2ピストンのスライド式。
構造を観察してみるとスライドピンの状態が動きに少なからず影響を与える
タイプみたいなので出来ればピンも新品にすればよかったか?




キャリパー整備



分解はピストンの固着も無かったので意外と楽に終了。
外したシール類に目立つような傷や変形はありませんでしたが
柔軟性は新品に比べるとやや劣っているように感じたのでここは迷わず交換。
一番面倒だったのはシール溝の清掃作業・・・
幸い酷い腐食はありませんでしたが頑固な汚れを取り去るのには難儀しました。
でもその甲斐あってピストンの動きはスムーズになったので
機能面では(多分きっと)良くなった事と思います。



それにしてもこの時代の部品って造り込みが素晴らしい!
ピストンケースにフィンが付いているあたりは泣かせます。
この後からはのっぺらぼう・・・
きっと機能的には上なんでしょうけど何だかな~
そういえばNSのキャリパーも「+」マークが印象的だったな~




Category: XLR  

ステムベアリングの点検・整備

メンテナンススタンド導入以来、半浮遊状態が続くXLR。
そのままでは何かの拍子に転倒する恐れがあるので
ステムベアリング周りの点検・整備に着手。




ステムベアリング整備



まず、ここで驚いたのがガタの酷さ。
タイヤを外して左右に回すとグギグギするじゃありませんか!?
着地状態ではちょっと硬いかな?くらいだったのに・・・
ところが、ほぼ壊滅状態を予想していたベアリングは外してみたら意外と綺麗?
レース側も凸凹の打痕を覚悟していましたが指で撫ぞってみるとそんなでもない?




意外と綺麗?



で、とりあえず徹底洗浄してからグリスアップして組み直してみたところ
あのグギグギがウソだったように滑らかな動きが復活♪
どうも原因の大半はグリス不足だった?
しばらくはこのまま様子を見ていよいよダメだったら
あらためて新品部品への交換を考える事にしておきます。



あと、どうでもいい事かもしれませんがフォークブーツ・・・




スカチューン・・・



上の姿は二回目のダメ出しテストで撮影したものですが何とも哀れ・・・
やはりこの時代のオフ車にはフォークブーツが欠かせない!(と個人的には強く思う)
フォークを組み直す際にはぜひとも復活させたいですね。
ちなみに、フォークブーツは純正部品がまだ出るようですが
一緒に注文したクラッチ側のナックルガードは欠品・・・
ダックス、ホンダZに続いてXLRお前もか!?
って感じです (ーー;)






Category: ガレージライフ  

メンテナンススタンド

何とか走って止まれるだけでもう十分!
だったはずのXLRですがやっぱり欲が出るもので・・・
先日のダメ出しテストで気が付いた今一な点を解消するため
注文してあった細々したパーツなどが続々到着。
体調が戻ったらあ~してこ~してと妄想だけが大きく膨らんでおります。


そんな中、ちょっとした工具も到着。




XLRいじり用工具



風邪にも効きそうなブレーキフルード交換用の注射器。
あとはへそ曲がりなプラグサイズを使用するXLRのために
コンプレッションゲージ用アダプターとプラグレンチ。
そして今回一番の大物!




メンテナンススタンド



「オフロードバイク用メンテナンススタンド」

ちょうどセール品になってたのでついポチってしまいましたがこれは便利だ♪
今まではビールケースを使ってましたが高さ合わせに板を挟んだり
乗っける際もサイドスタンドへの負担が大きく手間と不安が大きかったですが
これならレバーを踏むだけで軽く上がるし高さ調整も簡単。
無駄にメンテする機会が増えてしまいそうです w
ただ、安いだけあって作りは雑!
リフト中にバキッっと折れるような事はなさそうですが
大盛りの溶接ビードが災いし機能をスポイルしてるところがあったので
開封早々にサンダーで修正&リペイント・・・
肝心のXLRは後回しです。






Category: ホンダZ  

リハビリツーリング

三寒四温ならぬ六寒一温といった感じの佐渡地方。
その影響もあってかこの一週間は風邪の諸症状と戦う破目に・・・
酒抜き趣味抜きの生活は精神的に滅入ります。
そこで、晴れ間をみてリハビリがてら出掛けて来ました。
久しぶりのビーチコーミング。
足はホンダZ、ホントはXLRで飛び出したいところでしたが
フロントがバラバラのまま放置状態・・・
まぁ、風邪も抜け切ってないんでちょうどイイです。




IMGP3112.jpg



IMGP3109.jpg



辿り着いた先はいつもの素浜海岸。
先日の台風通過で大王イカでもうち上がってないか期待してましたが
シーズン序盤のためかビールケースやプラケースも少なめ・・・
ゴミの漂着が少ないのはイイ事なんですが個人的には複雑な気分です。




IMGP3103.jpg



ところで、素浜名物となりかけていた「DC-3 ダコタ」ですが
残念なことにその姿はもうありませんでした。
どこか島外に行くらしいとは聞いてましたがまさかこんなに早いとは・・・
遠くに浮かぶ雲がダコタに見えたのは自分だけかな?



その帰り道、昨年に引き続きお土産を購入。




IMGP3118.jpg


西三川地区の国道沿いにある「くだもの直売所」。
夏はスイカ、秋は梨・リンゴ・ブドウなどが持ち込まれますが
ジャムなどの加工食品、裂き織などの民芸品もあって何気に楽しいです。
トイレがあるってのもポイント高いですね。
ちなみに、今回選んだリンゴは酸味の効いた甘さがお気に入りの「シナノゴールド」。
ホンダZの屋根が凹むほど入ってて1,050円♪
10品種近くのリンゴがあって悩みますが試食サービスがあるので助かります。
さっ、これ食って風邪を治そう!


話変わってホンダZの調子ですが今のところは好調をキープ。
この西三川の坂でエンジンブローしたのが約一年半前・・・
あれから走行距離は約1,800kmを超えたので慣らしは十分と思いますが
未だに壊れる不安が残ってるので回転数は自然と抑え気味に、
よってスピードも上がらず安全運転が身についてます。
後ろから追い上げてくる輩には率先して道を譲りますが
たまに手が5速を探してしまうのはココだけの秘密 w




Category: ヒトリゴト  

ホンダドリーム

今季初の寒波襲来によりせっかくの休日は雨!霰!!雪!!!
きっと一時的なものとは思いますがタイミング悪過ぎ (`^´)
まぁ、そうは言ってもお天気ばかりはどうしようもないので
おとなしくストーブやコタツを引っ張り出す事に。
その途中、押し入れで懐かしい物を発見。




おもちゃ屋さん・・・


NXR750



タミヤの「HONDA NXR750 86'パリダカ仕様」

まだ原付免許しか持ってなかったうら若き学生時代・・・
いつかこんなのに乗って旅することを夢見ながら作ってたっけ。




中途半端・・・



ただ、その夢も途中で熱が冷めたのか中途半端な終わり方 w
今見ても感心するくらいよく作り込んでありますが
最後まで仕上げてないあたりが自分らしいっていうか何て言うか・・・汗
あれから四半世紀、同じゴールドホイールつながりで似たような事してますが
今度はしっかり最後まで仕上げいつか旅に出たいと思います。
それにしても・・・
あんまり成長してないな~





Category: XLR  

ダメ出しテスト

今日、11月7日は「立冬」。
暦の上ではもう冬・・・
自転車やバイクを楽しめる時期もあとわずかとなりました。




ダメ出しテスト



先日、晴れ間をみてぶらっと出掛けた河川敷では秋真っ盛り。
近くの田んぼには冬の使者として有名なハクチョウの姿!?
佐渡では滅多に見られないんですが今年は朱鷺よりも目立ってます。


さて、公道復帰に向けて最低限のメンテを終えた(と思われる)XLR。
あまり飛ばさないのでハッキリした事はわかりませんが
トコトコ走る分にはエンジン・ブレーキともに問題なさそうです。
ちゃんとアイドリングしてるしアクセルへの反応も上々。
とにかく楽しい♪
これがあの不動車かと思うと感慨も一塩です。
ただ、ちょっと気になる点もいくつか・・・
どうもステムベアリングが悪いのか左右にハンドルを切ると
同じようなところで引っ掛かりを感じます。
とくに低速ターンでは気になりますね~
あと、せっかくメンテしたはずのブレーキも引きずり気味・・・
このあたりは一度きっちりやり直さないとダメなようです。



・・・



さらにガレージに戻ると新たな問題が発生。
キャブまわりからはガソリン、オイルフィルターカバーからはオイル漏れ。
フォークブーツはヒビ割れてバラバラ・・・
前者はパッキンの使い回しが原因でしょうね。
後者は赤く刷毛塗りされ遠目には割れも無く綺麗に見えてましたが
硬化したゴムはサスの動きについてこれなかったようです。




ジャバラバラバラ・・・



数少ない自慢だった割れの無いブーツが消えてしまった・・・
でも、このおかげで良かった事も。
フォークが丸見えになったおかげでフォークオイルが
(今のところ)漏れて無い事を確認する事が出来ました。
可動部のメッキにも錆びは無さそうなのでこの点は一安心・・・かな?






Category: XLR  

オイル&フィルター交換

着々と整備の進むXLR。
キャブのOHでエンジンが回る事が確認されたので
本格的な公道復帰を前にオイル&フィルターの交換をしておきます。
いつ交換されたのか分からない物では不安ですからね。
で、セオリー通り軽く暖気したあとドレンボルトを緩めましたが
出てきたオイルは想像以上のドス黒さ!
そして何よりも臭い!




ドス黒&臭過ぎ!



オイル&フィルター交換



あまりオイル管理されてなかったのかな?
それともエンジンに問題アリ!?
幸い気になるような金属片は見当たりませんでしたが
クラッチなどがトラぶってない事を祈るばかりです・・・


空キックなどでオイルの排出を促したら暫く放置。
オイルの滴りが止まったところで新品オイルを投入しますが
その前にオイルフィルターを新品に交換しておきます。
大小2つあるオイルリングは不本意だけど再利用・・・
てっきりフィルターにセットで付いてくると思ってましたが甘かったです。




新品純正フィルター



G2投入



オイルはダックス・タイカブと同じG2(10W-40)を選択。
しばらくはこれで様子をみようと思います。
備忘録として交換時の走行距離は約23,300km。
そろそろエンジンにガタが出始めそうな数字ですがどうでしょうね?
タフなホンダエンジンに期待です。






12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >