Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 05 2014

Category: XLR  

その先へ・・・

ロングライド終了の翌日、自転車からXLRに乗り換え
ちょっと気になってたビューポイントへ出掛けることに。
その途中、近道しようと国道を逸れたところ目の前に黄色い看板・・・


通り抜け出来ません!?




警告



おいおい・・・

俺と相棒の実力なめてんの?
俺たちにはこんな看板関係ね~っちゃ!
って事で男らしく警告を横目に海岸線のダートを前進。
すると間もなく道が水没し轍にはオタマジャクシ。
Uターンも出来ないので仕方なくビチャビチャになりながら前進・・・
それを抜けると今度は吹き溜まった砂と流木。
フロントタイヤを左右に振られながらも何とか四つ足で前進・・・
どうだ、まいったか!


しかし・・・




行き止まり・・・



崩落現場



ホントに通り抜け出来ね~  もっと早く言ってくれよ、プンプン・・・

フジガスならこんな岩くらいオールクリーンで軽々超えてくんでしょうが
自分にはとても無理!命がいくつあっても足りません・・・
相棒には越えていく能力があるだけに自分のヘタレ具合が悲しい。
仕方なく元来た道を戻りましたが砂場で流木に引っ掛かりエンスト・・・
そうなると足場が悪いところでのキックスタートは厳しいですね。
気を付けたつもりでしたが思いっきりケッチンを喰らって悶絶 (+o+)
こんな時、セル付きだったら・・・
不覚にも男らしくない事を思ってしまいました。


それにしてもこの道、いつからこんな状態に?
たしか数年前はV-maxでも通り抜けられた記憶があるんだけど・・・
ここを通過出来ればロングライドも一つ激坂が減らせるのにね。
ってそれじゃ苦しみ(楽しみ?)が減っちゃうからダメか w
まぁ、そんな疑問とワクワクが生まれたのもXLRのおかげ。
ダックスやタイカブでは躊躇するような道も行けちゃうので
これまでは諦めてたビューポイントも開拓する事が出来そうです。
ただ、調子に乗ってると絶対ヤバい・・・
そんな気がします





Category: 自転車  

2014 佐渡ロングライド 自転車スタッフ備忘録

先週末、毎年恒例となった「2014 スポニチ佐渡ロングライド210」が開催され
約3,200人のサイクリストが初夏の佐渡を駆け抜けました。
自分はその中に紛れBコース(130km)の自転車スタッフとして参加。
一般参加では気付かない発見もいくつかあったので
備忘録も兼ね当日の流れを振り返ってみたいと思います。



・・・・・・・・・



スタートは朝5時半、Aコース(210km)から順にスタートしますが
数千台の自転車が海岸線を埋め尽くす光景は圧巻!
この時、自転車スタッフは何してるかというとスタート地点のちょい先で待機。
出走まで時間に余裕のある者はスタートゲートで誘導のお手伝い。
この頃はまだ風が冷たく寒かったですね。



自転車スタッフ出走準備



↑赤いちゃんちゃんこのようなベストが自転車スタッフの証。
係員の指示に従いある程度の間隔を開けてスタートしますが
途中からはトラブル処理や休憩により臨機応変な対応となります。



益子さん



↑ゲスト参加の益子直美さん(元バレーボール日本代表)、山本雅道さん(元プロロードレーサー)夫妻、
山本隆弘さん(元バレーボール日本代表)がスタートしていく参加者を激励。
いや~何が凄いかって益子さんの顔が小さい!
隣の人がデカ過ぎるのかな?




MAVIC サポートバイク



↑スペアホイールを積んだMAVICのサポートバイクはいつ見てもカッコいい♪
うちのXLRとは何かが違う・・・泣
このバイクをはじめ数台のサポートカーがコース上を巡回してますが
場合によっては到着まで1時間以上掛かるのであまり期待しない方が無難かも?
そんな時のために走ってるのが自転車スタッフ。
基本、トラブルは自分で何とかするのがこのイベントの趣旨ですが
本当に困ってる場合はアドバイスやお手伝いに駆け付けます。
他にも体調の悪そうな人への声掛けや危険個所での注意喚起、
緊急時の通報や交通整理などもこなします。
途中、何人かの人に「スタッフって何やってるんですか?」と聞かれましたが
トラブルなどで出番が無ければ一般参加と変わりません・・・
必至こいて走ってます w




Z坂にて一休み



ビューポイントやエイドステーションではカメラマン業務。
スマホで自分撮りしてる人を笑顔でサポート。
そんな中、一年越しの裏ミッション・・・
昨年食べ損なった大野亀で念願のソフトクリーム休憩♪




大野亀ロッジのウルトラソフト・・・



うまい、うま過ぎる!
でも、それ以上に溶けるの早過ぎっ!!
下から飲むように食べるしかありませんでした・・・
ちなみに、ココのソフトは大人気でヘビのような行列が出来る程。
自分もけっこう待ちましたが制限時間ギリギリの人たちは大丈夫!?
そんな行列の中にはなんとゲストである益子さんの一団も。
きちんと順番に並ぶ姿勢は素晴らしい、惚れました。




90km通過



朝のうちは曇っていたお天気も昼前からは好転♪
澄んだ青空からギラギラした初夏の陽射しが降り注ぎ
海の青や山の緑が鮮やかになっていくのが目に見えて分かるよう。
※ 同場所の冬景色



国仲平野縦断




ここで気になった点をいくつか・・・
残念ながら今回も事故は起きてしまいました。

・集団走行での接触による転倒 (前方の動きに気を付けていれば・・・)
・下り坂での転倒 (スピードを抑えていれば・・・)
・段差での転倒 (前方の路面状況を確認していれば・・・)

他にも数件あったようですが後を絶えませんね。
とくに目立っていたのがセンターラインを越えての追い越し。
見通しの良い所はまだしもブラインドコーナーに平気で突っ込んでいきます。
交通量が少ないからといってとくに交通規制してるわけでは
ありませんので言葉はきつくなりますが自殺行為です!
ゆっくり走ってる人がセンターライン寄りだったり
おしゃべりしながら並んで走る人がいたりして
仕方ないような場面もありましたが基本キープレフト!
危険な場所をやり過ごし声掛けしてからでも決して遅くはありません。
お互いが安全かつ気持ち良く走るためにはどうしたらいいか
相手の身になって考え行動する必要があると思います。
これは経験の有・無、初心者・ベテラン、上手・下手に係わらずです。
まぁ、そうは言っても多少緩いのがこのイベントのイイところ・・・
色んなレベルの人がいて、それぞれの楽しみ方があるので
最後の線引きは個々のモラルにお任せします。




たまねぎスープ



無事ゴールした後は地元婦人部によるいつもの海鮮味噌汁・・・
ではなく今回はなんと「たまねぎスープ」!
これがうまく表現出来ないんだけど本当に美味かった~
麺があったら一緒に試してみたい味でした。




マッサージサービス



締めはアップルスポーツカレッジの生徒さんによるストレッチサービス。
受付で「下肢」 or 「全身」のコース選択を聞かれますが勿論後者。
これが本当に気持ち良かった~
こうしたボランティアの力がイベントの魅力を引き上げてる事を確信です。


う~ん、色々あったけど楽しかった!
正直、ちゃんと仕事が出来たかどうかは微妙ですが
自転車スタッフとして得た経験はこれからのロングライド、
また、日常の自転車ライフに活かしていきたいと思います。




Category: 自転車  

仕様変更

つい先日まで桜が咲いてるような気がしてましたがもう5月半ば・・・
すでに桜は新緑に覆われあっという間に初夏の装いです。
そんな今週末、「佐渡ロングライド210」が開催されます。
まだまだ先だ・・・
なんてのんびり構えてましたがもうXLRなんかいじってる場合じゃない。
今回はボランティアスタッフとしてBタイプ(130km)を自転車(オートバイ・・・泣)
で走る事になったので少しでも足腰とお尻を鍛えておかないと~
たとえそれが付け焼刃だとしても・・・




ツツジ満開



トレーニングコースはいつものニイボダム。
調子の良し悪しが判りやすいって事もありますが何よりもロケーションがイイ!
ちょうど今回は堰堤に植えられたツツジが花盛りでした♪
車体まわりで昨年との大きな変更点は
万が一のバックアップに備え工具や救護用品などが
いつもより多めに積めるようサドルバックを大型化。
あとは交換用チューブ(ロングバルブ)のストックが無かったので
標準バルブでいけるハイトの低いホイールに交換、
多少重くはなりましたが財布が軽くなるよりはいいでしょう。
エンジンの方は明らかにパワー不足・・・
調子のイイ時はリア3枚残しで上れた坂も今回は残り1枚・・・
無理したくても出来ないような有様です。




2014'ロングライド仕様



ちなみに、今年の参加者は全コース合わせて約3,500名。
今のところお天気も良さそうなので楽しみですね。
ただ、事故にだけはご注意を!
田舎道はいつどこから何が飛び出すか分かりません・・・




とびだし注意!



とにかく、交通ルールを守って無理せず楽しく
しなしな初夏の佐渡を走りましょう!





Category: アウトドア  

イナダイナダイナダ

四方を海に囲まれた佐渡。
釣りを趣味とする人にとってはパラダイス!
これからは釣れる魚種も増えてにぎやかになります。
そこで、久しぶりに釣りネタ。
何やらイナダが好釣と耳にしたので出掛けて来ました。




朝陽




朝陽なんて見るのはいつ以来だろう?
以前、釣りにハマってた頃は深夜早朝関係無しに出掛けたものですが
最近では現場に出掛ける事もなく道具をいじってるだけ・・・
まぁ、そんな時間も釣りのうちと都合の良いように考えてます。


肝心の釣りの方ですが防波堤にはたくさんの先行者が居てビックリ!
出来る限り早起きしたつもりでしたがベストポイントの
先端付近には入り込む余地などありませんでした・・・
で、仕方なく先行者の動きを観察するところから始めましたが
引っ切り無しに竿が曲がってるじゃありませんか!?
しかも、釣り上げたイナダはポイポイリリースしまくってる!
「そのん簡単に釣れるんだかや?」
と半信半疑でジグを投げてみたら思いがけずに一投目からヒット!
その後もイチロー並みの高打率♪
ホントに釣れる時は釣れるもんですね~
釣れない時はどんなに粘ってもダメなのに・・・
とりあえず家族分だけキープした後は全てリリース。
短時間でしたが過去10年分ぐらい楽しんだかも知れません w




イナダ




ちなみに、この時期のイナダは脂乗りが少な目。
さっぱりした刺身が好みの人はそのままでも十分いけますが
今回は地元B級グルメ「ブリカツ」を模した「イナカツ」で美味しく頂きました。





イナカツ丼




後で聞いた話だと「づけ」にする手もあるそうです。
ご飯とお酒が進みそうだな~






Category: XLR  

バルブクリアランス調整

見た目の事なんぞを気にする余裕が出来てきたXLR。
それなりに走って止まれるようになり嬉しいところですが
これまでの経験からしてこんな時が一番危ない!
浮かれてると必ず痛い目にあう・・・
そこで一度初心に戻って各部の増締めとグリスアップ、
さらにはヘッド付近のメカノイズを解消すべく
バルブクリアランス調整などで気を引締め直します。




弁すき間調整




備忘録として調整数値などは下記の通り。


・バルブすき間(冷間)
  吸気側:0.05mm(0.03-0.07mm)
  排気側:0.08mm(0.06-0.10mm)

・アジャストスクリュロックナット
  締付けトルク:2.1-2.5kg-m


まずは圧縮上死点を出して現状のすき間を確認。
自分のやる事なんで多少の誤差はあると思いますが
【 吸気側:0.1mm 、排気側0.2mm 】
この頃の空冷エンジンは若干広めが無難と聞いた事がありますが
どちらも許容範囲オーバーってのは面白くありませんね。
メーター読みで走行距離は約23,660kmですが未調整だとこんなもん?
で、さっそく再調整を試みましたがなかなかうまく決まらない・・・
ダックスやタイカブも面倒でしたがXLRはシングルのくせに
高性能化の見返りとしてバルブが4本もあるので尚更面倒です。
それでも悪戦苦闘の末、何とか揃える事が出来た数値は
【 吸気側:0.06mm 、 排気側:0.10mm 】
排気側は出来ればもう0.01mm詰めたいところでしたが
熱による影響が大きい事を考えて良しとします。
調整の結果は概ね良好♪
タペット打音は高い金属音から低く滑らかな音に変わりました。
あとは暫らく乗ってからクリアランスを再度確認しようと思います。


ちなみに、ここへ至るまでには一度失敗も・・・
うっかり「排気上死点」で合わせてしまい最初からやり直し。
クリアランスが大きくなる方向だったんで助かりましたが
もしも逆だったらエンジンをダメにするところでした。
アジャストスクリュをいじってる時、あれっ?とは感じてたんですが・・・
気を付けなければいけませんね。






Category: XLR  

右サイド強化

GW後半に入り島外からのバイクやクルマが一気に増加!
今年はいつもよりバイクの姿が目立つようですが気のせいかな?
仕事中の身には目の毒です・・・
そんな姿に刺激を受けて暇を見つけてはXLRいじり。
うちに来るまで置き場所が悪かったのか右側のヤレ具合が
酷かったのでそこに手を入れバランス取りが出来たらいいな、と。


で、まずはサイドカバーの赤ゼッケン再生。
破れ・日焼けにより剥がしてましたが
カッティングシートの余りがあったのでちゃちゃっと貼り付け。




黒ゼッケン化



赤ゼッケン再生



一部シワが寄って破れましたが・・・許す。



錆だらけだったマフラーは軽く均し艶消ブラックでちゃちゃっと吹き付け。
本当は耐熱ペイントがベストなんでしょうが手持ちが無いんで
中途半端に残ってたラッカースプレーで代用・・・




マフラーやっつけペイント




在庫の有効活用ってことで・・・許す。



何だか中途半端なシルバー(ガンメタ?)に塗られ残念感を増幅させていた
マフラーガードも凹みを出来るだけ直してラッカースプレー・・・




残念なカバー



ねじ穴再生



ネジを折ってしまったが直ったから・・・許す。



で、結果・・・



眺め良し♪



右サイド強化終了



こんなもんかな?
キックやタンクのヤレはご愛敬・・・
全体のバランスもあるから「味」として放っときます。







Category: 自転車  

ハニートラップ

今日から5月、すでにGW真っ只中って事ですが
飛び石気味のせいか今一実感が湧きませんね。
県外ナンバーのクルマやバイクも少ないし・・・
まぁ、うちは連休に関係なく仕事なんでどっちでもいいんですが
少しくらいはホリデー気分を味わいたい!
ってことでちょっとだけ早起きし早朝サイクリングに出掛けてきました。




国府川




まだ肌寒い中向かった先は今が花盛りと耳にしたチューリップ畑。
川沿いを中心とした往復約20kmの行程です。
今月半ばには毎年恒例の「佐渡ロングライド」も迫ってるので
そろそろ足、でなくお尻を慣らしとかないといけないかな・・・と。
ちなみに、元バレーボール日本代表の益子さんの名前がゲストの中に
ありますがマニア受けするのは旦那さんの方?


・・・


辿り着いたチューリップ畑近くの道路脇には
びっしりとチューリップのプランター。
ちょうど今が花盛りとあって綺麗ですね~
眺めながら走ってるとお尻の痛みも和らぎます。




沿道のチューリップ




で、肝心のチューリップ畑ですが到着してみると花が無い!?
あるのは花のもがれた茎と葉っぱだけ・・・
球根栽培が目的だからしょうがないんですが一歩遅かったみたいです。
それでも一角だけですがピンクのチューリップを発見!
無事、メルヘン気分を堪能することが出来ました。




チューリップ畑




さて、帰りは時間も無いのでノンストップで爆走!の予定でしたが・・・




菜の花




畔の水仙




黄色い花々の誘惑に負けました・・・






1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >