Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 10 2015

Category: ガレージライフ  

冬用、エネルギー搬入

唯一、趣味を楽しめる時間帯であった早朝のガレージ通いですが
日の出の時間がドンドン遅くなって存続の危機・・・
夏場は4時を過ぎれば明るかったのが今では6時を過ぎてもまだ暗い・・・
自然光が頼りなだけに冬至までは厳しい状況が続きます。
ただ、そうは言っても空冷エンジンにはこれからがツーリングのベストシーズン!
体には堪えますがメンテ作業は必須なのでガレージ通いはやめられません。
そこで、少しでも楽しく過ごせるようにストーブとおやつを準備。





甘酒





オレ的冬の定番。
昔は大嫌いでしたが好きになってからはもう外せません w
ここに純定番の「コーヒー」、変化球で「おしるこ」と「コーンスープ」が揃えば完璧!
これで電気とトイレもあったら昼夜関係無しに引き籠るな・・・





晩秋の虹




ガレージからの帰り道、目の前に鮮やかな虹。
季節の変わり目には虹と雷がつきもの・・・
間もなく土砂降りとなりました。






Category: モンキー  

ジェネレーターまわりのオイル滲み検証

先日、「大佐渡スカイライン」を走り切ったモンキー。
その後、ジェネレーターカバーの下にオイル滲みは見られませんでしたが
中がどうなってるのか気になって仕方ないので確認することに。

まずはカバーのドレン穴付近を見てみましたが滲みなし ♪
次にエンジン側のジェネレーターベース下部ですがこれも滲みなし ♪
よっしゃよっしゃ!と気を良くしたところで更に核心部、
フライホイールを外してみたところ内側の一ヶ所だけにオイル滲みアリ・・・泣
やはりセンターのオイルシールがダメだった?
とガッカリしながらLEDライトで奥の方を照らして見ると・・・乾いてる!?
組み直した時にシリコングリスを多めに付けた事が幸いしてる
だけかも知れませんが今のところオイル漏れは止まってるみたい。


じゃ~、フライホイール内側に付着したオイルはどこから来た!?
で、よく見たところどうもオイルまみれの発電用コイルが怪しい・・・
補修前のオイル漏れによりコイル内に残ってたオイルが走行中に暖まり、
ガレージ内で少しずつ下に垂れてフライホイールの内側に落ちたのでは?
もし推測通りならしばらくすれば垂れなくなると思われますが
以前、V-maxのジェネレーターまわりから配線にオイルが回り込み
それが抵抗になってコネクターが発熱&熔解した苦い経験があるので
甘く見てると大変な事になりそうで怖いな・・・
とりあえずパーツクリーナーをたっぷり吹き掛けエアブローしておきましたが結果は如何に?
この先どうなるかもう少し様子をみる必要がありそうです。




フライホイール取付け




ちなみに、今回のフライホイール組み直しでは新たに純正パーツを一つ追加、
フライホイールを締め込むナットの下に入る「10mmワッシャー」。
中華エンジンには元々入ってませんでしたが念のため追加・・・
本家ホンダでも初期の横型エンジンでは入ってない場合があるようですが
一応12Vを模してあるので無いよりはあった方が良いでしょう。
これで半歩、本物に近付いた w





Category: モンキー  

モンキー、山に上る

気になっていた地区の駅伝大会、無事終了 ♪
その後、慰労会までの空いた時間にモンキーのオイル漏れ検証・・・
島内でも屈指のハードコース「大佐渡スカイライン」にて
紅葉狩りに挑戦してきました。




佐渡金山




今回は割と傾斜が緩やかな相川側からのスタートを選択。
佐渡金山に着いた時点でオイル漏れが見つかったらやめるつもりでしたが
確認したところ大丈夫そうだったので断行。
まぁ、ダメならダメで早く分かった方がすっきりしますから・・・




つづら折れ区間




が、案外イケル!
決して早くはありませんがトルクを活かした粘りの走りで
一番の難所?つづら折れ区間も2速ホールドで無事走破。
ダメかと思われた遠心クラッチもゆっくり走る分には滑らないみたい・・・




地獄谷



モンキー、スカイライン登頂




モンキー、スカイラインの最高点(942m)に立つ!
エンジンが掛かっただけで満足だったあのモンキーが
ここまで来れるようになるとは感無量・・・




ススキ



沿道の紅葉



ガメラレーダーと紅葉



モンキーと紅葉




マシントラブルが無かったおかげで景色を堪能する事が出来ました。
今年は台風の影響をあまり受けなかったおかげで紅葉がキレイ ♪
途中からはオイル漏れの事なんかすっかり忘れてました w
今のところジェネレーターカバーの下に新たなオイル漏れは
見当たらないようですが中はどうなってる事やら・・・
もうちょっと走ったらカバーを外してみようと思います。





Category: モンキー  

試走

ようやく秋晴れが続くようになった佐渡地方。
ここ数日で昼と夜の寒暖差が一気に大きくなった事もあってか
山の稜線付近はだいぶ色付いてきたみたい。
すぐにでも紅葉狩りに出掛けたいですね~
しかし、今度の休みは地区の駅伝大会・・・
自分も走る(歩く?)予定なのでこれが終わるまでは
落ち着かないので行けそうにありません。




駅伝中継地点




とりあえず担当区間攻略の下見に走ってきました。
オイル漏れの検証がてらモンキーで・・・
本当は自分の足で走れば良いんですが膝が痛いので当日まで温存!
もうあと2日しか無いので無理せずイメトレに励みます。




おけさ柿




コース脇には収穫時期を迎えた「おけさ柿」。
後ろから抜こうとするランナーには落ちてるハネ柿を投げつけてやろうか・・・


さて、オイル漏れ検証中のモンキー。
ジェネレーターカバーの下からダダ漏れという症状は今のところ治まってますが
まだ数キロ走った程度なので直ったかどうかの判断はつきません。
高負荷な状況で走ってみたらどうなるか?
ちょうどイイ機会だし山の天辺まで紅葉狩りにでも行ってみるか?
自分に甘く、モンキーには厳し過ぎかな・・・





Category: アウトドア  

ゆすり棒、チューンナップ!

せっかくの休日は時折強い雨が降る残念なお天気・・・
モンキーのオイル漏れを検証したいところでしたが
どうしようもないので「たこゆすり」の道具をチューンナップ。
「たこゆすり」とは先端に赤い布や魚の皮を付けた長い竹竿でタコを誘き寄せ
もう一本の鈎針が付いた竹竿で引っ掛けて捕るという昔ながらの漁法の呼び名で
この時期の海岸線では二本の長い竹竿を持った人の姿をよく見掛けます。


しかし、自分の場合はバイクやクルマで運べるようにしたいので
折れた振出し竿に鈎針と赤い布を一緒に付け一本で済ませてました。
が、便利なんだけど暫くすると赤い布が鈎針に絡んで扱い難い・・・




布が針に絡んでしまう・・・



やり直し・・・




そこで、今回は布を取り去り赤いビニールテープで代用し
さらにはリアルなゴム製の「カニ」を装着することに。




チューンナップ完了!




なかなかイイんじゃない!?
紅白の貼り分けはタコの気持ちになって考えた結果 w
昔見た「ノシャップ岬」の灯台を想い出します。
で、出来上がったら試してみたくなり土砂降りですが海岸へ・・・




土砂降り・・・




この待機中、海岸脇の狭い道を向うから走ってくる一台のバイク。
滅多に人も通らない、しかもこんな雨の中を珍しいな・・・
と思ったらなんとやって来たのは「MVX250」!
ベベベベ~ンって感じの2st/3気筒サウンド ♪
しかも乗ってたのはお知り合い w
レストアが終わり走るようになったとは聞いてましたが
まさかこのタイミングで遭遇するとは夢にも思いませんでした。
佐渡では朱鷺よりも出会える確率が低いですからね。


さて、素敵な出会いの後は雨合羽とウェーダーで完全武装し勝負々!
タコが潜んでそうな岩の隙間にチューンナップした「ゆすり棒」を
突っ込みカニが生きて見えるようにサスサスと動かします。
すると結果はすぐに出た!




がっつり!



尾花ダコ




リアルなカニが効いたのか曇天模様が良かったのか定かではありませんが
とにかく反応が良く短時間で好結果を得ることが出来ました。
向うから飛び付いて来たのは初めてだったのでこれは面白い!
これまでは逃げていくタコを追い掛けてましたからね w




たこワサ




たこワサ・・・間違いありません♪





Category: モンキー  

直前リタイヤ

キャンツー直前、ロンツー対策と称しモンキーのキャブセッティングを
行いましたが翌日見てみるとモンキーの下にオイル滲み・・・
エンジンまわりを確認してみるとオイルの出所はジェネレーターまわり。
カバーを外してみるとけっこうヤバい感じ・・・




ジェネレーターカバー下




シフト&キックシャフトのオイルシール交換でようやくオイル漏れとは
おさらば出来たと思ってましたがダメでしたね。
そこで、フライホイールを取り外してみると内側がオイルで湿ってる・・・




フライホイールプーラー



オイル漏れ確認・・・




これはジェネレーターベースのオイルシールに間違いない!
ってことで確認すべくショックドライバーでベースを分離。




ジェネレーターベース分離




ここまでバラすのはダックス以来だから十何年振りですが
その時使った専用工具が見つかったので助かりました。
しかし、嫌なモノも見つけてしまった・・・




溝入クランクシャフト




クランクシャフトとオイルシールの接触面に2本の溝!
ただの黒い汚れだと思ったら爪が引っ掛かるくらいに削れてる・・・
オイルシールに損傷は無く噛み込んだような金属片も見当たらない・・・
過走行のエンジンならまだしも新品下ろし(数百キロ)でこうなるか?
これってデフォルトじゃないよね?
とりあえずシャフトをピカールで磨いてから純正オイルシールで
組み直しましたがリップと溝が重なってたら万事休す・・・
で、結局モンキーでのキャンツー参加は大事をとって見送りに。
オイル漏れの検証は後日行う事となりました・・・泣





Category: ヒトリゴト  

キャンツー回想

今朝はテントの中で目が覚めた・・・
外からは波の音・・・
そうだ、キャンプしてたんだ!




キャンツー回想




今はお土産に頂いた地酒をやりながらキャンツー回想中・・・
昼間は遙々関東から御来島されたパスタさん&先生コンビと佐渡を駆け回り
夜はキャンプ、ホンダ仲間の奇楽庵氏に早朝はhama3さんの地元勢も。
いや~、楽しかった~
未だ日常に戻り切れない自分が居ます (´ー `)





Category: ガレージライフ  

天幕設営予行練習

もしかすると近々キャンプをする事になるかも?
って事で久しぶりにテントを引っ張り出して夜のガレージで予行練習。
最後に使った記憶が飛んでるくらいなのですっかりご無沙汰。
これがあ~なってこうなって・・・
と組み進めたらガレージからはみ出てしまった w




オーバーフロー・・・




こんなに大きかったけか!?
っていうかガレージが狭いのか・・・泣





Category: モンキー  

ロンツー対策

来週、モンキーで初めてのロングツーリング(佐渡一周?)をする事になったので
低燃費化と全天候対応を狙いキャブレター周辺を見直しました。
ボアアップエンジンに4Lタンクじゃ心もとないですからね・・・




PC18 & 全天候型フィルター




キャブレターは元々付いてた「VM22」からダックスで試した「PC18」に、
剥き出しのパワーフィルターはカバー付きの全天候型フィルターに変更。
遠心クラッチなんで全開時のパワーより下でトルクが出るタイプの方が
扱いやすいし燃費も良くなるんじゃないかと期待してますがどうでしょう?




MJ交換作業




セッティングはダックスから外した状態(MJ90)でそのまま付けてみましたが
全天候型フィルターとの組み合わせでは全開時に濃い症状が出たので
どんどん下げていったところ結果としてMJは70番台に・・・
それにしても、MJ交換は面倒だ・・・




PC18テスト走行




いつものテストコースを走ってみましたが感触は悪くないし
MJが小さければ燃費にも効きそうだけどホントにコレで良いのかな?
排気量に比例してMJも大きくなると単純に思ってましたが
そのあたりはロンツーで検証したいと思います。






1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >