Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 11 2015

Category: ガレージライフ  

中華エンジン搬入

低気圧の急速な発達により暴風波浪警報発令中の佐渡地方。
今回は寒波もやってきて寒い々!
佐渡の最高峰「金北山」には初冠雪、平地でも霰が積もって真っ白に・・・
そろそろスタッドレスの用意が必要そうです。




初冠雪



霰




こうなるとバイクや自転車で出掛けるには無理があるので
ガレージにストーブとニセモンに当初付いてた不調エンジンを搬入。
冬眠中に上手くいったら上まで回るエンジンにしてやろうかと・・・




中華エンジンOH開始




まずはやるべき事を簡単に書き出して頭の整理&シュミレーション。
とくに急ぐ必要はないけど出来れば早く仕上げたいかな。
ダラダラやってると物忘れするし・・・




簡易作業行程表




裏側にはホンダZを修理した時の名残。
チェック項目が一つ々増えていくのが嬉しかったっけ・・・
今振り返ってみるとよくやったな~
ちなみに、書いてる紙は広告紙です w




ホンダZの修理作業工程表




4ミニエンジンをバラすのはダックスのエンジンを作って以来・・・
当時、情報は友人から借りてきたマンガ調の整備雑誌
「イトシンの軒下整備工場」だけが頼りでしたが
それに比べると今はweb上に色んな情報があるので助かります。
成功例はもちろん、失敗例なんかはとくにありがたいですね。





Category: ダックス  

視認性向上対策

久しぶりにカフェダックスでご近所徘徊。
テールランプ回りを弄ってみたのでどんなもんかなと・・・




落ち葉トラップ




前線通過後の山の手コースは落ち葉だらけ。
うっかりコーナーに突っ込むとスリップしそうな状況です・・・




どんぐりトラップ




どんぐり地雷も怖い々・・・


ちなみに、テールランプ回りを弄った目的は後方からの視認性向上。
きっかけは車で走行中、暗闇の前方に突然現れた原付スクーター・・・
球は切れてなかったけどスモーク化されてたのかちっとも見えない!
あれじゃそのうち追突されるぞ!!
って、うちのダックスも他人事じゃなかった・・・




テールランプ回り改良




テール&ウインカー、どちらもテールカウルに半分潜り込んでいたので
穴を開けたりパネルを逆ハの字に曲げたりして約20mmダウン。




視認性向上?




もっと早くにやるべきでした・・・







Category: アウトドア  

ホンダZでイイダコ釣って

夕マズメ、加茂湖までイイダコ釣りに出掛けて来ました。
足は釣り道具があるのと冷え込みを考慮してホンダZ、
調子維持のためにもちょうどイイかなと。




晩秋のイイダコ釣




ちなみに、この日のホンダZは絶好調!?
シフトの入りってこんなに良かったっけ?
エンジンってこんなに滑らかに回ってた?
排気音ってこんなに静かだったっけ?
もっとがさつだったはずだけど・・・
そう勘違いさせた原因は直前に乗ったダックスのせい、
大人しくする方向で見直すイイきかっけになりました。




マズメ時の加茂湖



イイダコ




さて、イイダコですがこの時期でもまだ釣れるもんですね。
型も先月よりは一回り大きくなって手応え十分!
時合いは短いけどそれなりに楽しむ事が出来ました。


で、暗くなるのも早いんでさっそく帰ったら晩酌の準備。
まずは塩をふって「ぬめり取り」、その後はボウシを引っくりかえして
中の肝や墨袋を取り去りちゃちゃっと洗います。
そのままでも食べれますが自分は苦手なんで・・・




茹で上げ



茹で上がり




お茶で煮ると柔らかくなるそうですが面倒なんでパス・・・
あまり硬くならない程度にささっと茹でたら出来上がり。
あとは細かく切ってタコ飯やたこ焼きの具にしてもイイし唐揚げもアリ。
でも、せっかく自分でやってるんだから茹で上がりを贅沢につまみ食い・・・




イイダコ刺身




美味い (」゚ロ゚)」



オリーブオイルのニンニク塩コショウ炒めも・・・




ニンニク炒め




美味い (」゚ロ゚)」





Category: モンキー  

グリップ純正化

雨の休日、ガレージに籠ってモンキーのグリップ交換。




グリップ純正化




きっかけは先月のキャンツー。
純正モンキーに乗せてもらったところグリップの出来がまるで違う!
程良い弾力に吸い付くようなグリップ力・・・
純正のそれに比べたらうちのニセモングリップは石みたいだ・・・
乗れば必ず触れる場所なので気持ちイイのに交換しない手はないでしょう。


で、まずはニセモングリップを外しますがアクセル側に小問題。
スロットルコーンの凸とグリップの凹をガッチリ組み合わせた
回り&抜け止め構造のため簡単には抜けません・・・
結局、グリップを切って外す事になりましたが現れたスロットルコーンを見てビックリ!




中華スロットルの中身・・・




キャラメルみたい w




スムージング




純正グリップを入れる際、凸部分は邪魔になるので彫刻刀でスムージング。
佐渡では高校生を対象にした「版画甲子園」なる全国大会が毎年行われますが
自分も出場出来そうな勢いです。




グリップ純正化




構想一ヶ月、作業時間小一時間でグリップ純正化完了。
さっそく握ってみると手から伝わる質感が以前とは雲泥の差!
クルマのハンドルに例えたら樹脂製を革巻きに替えた感じかな?
走らなくても握ってるだけで十分満足感が得られます (´ー`)





Category: ツーリング  

小倉千枚田

先日、紅葉山から帰る途中でちょっと寄り道。




小倉千枚田 入口




小倉地区にある「小倉千枚田」。




小倉千枚田遠景




島内には様々な棚田がありますが中でも最近注目を集めてるのは
以前訪れた「岩首の棚田」や片野尾、北片辺、猿八、月布施、そしてこの小倉地区。
耕作放棄が増える中、地道に耕作を続けてきた地元住民の努力が実り
数年前には「世界農業遺産(ジアス)」への登録が決定。
棚田を通じて国内外の人たちとの交流が増えており
先日は「食」をテーマにしたイタリアのミラノ万博でも紹介されたそうです。




小倉千枚田上部から



小倉千枚田近景




最初に山を切り拓き棚田を作った人たちの苦労はいかばかりか・・・
小さな田んぼを見てたら子供の頃に聞いた昔話を想い出しました。


「昔々、千枚田で仕事してたあんちゃんがお昼休みに
田んぼの数を数えてみたところ何回数えても999枚しかない・・・
これはどうしたもんか?
と不思議に思ってたら最後の一枚はご飯を入れたおひつの下に隠れてた・・・」


だいぶ端折りましたが、まぁそのくらい小さな田んぼだって言うお話です。




小倉千枚田の説明看板







Category: モンキー  

続!モンキー、山に上る

先日の「大佐渡スカイライン」走破に気を良くして今度は小佐渡の山中へ・・・
向かった先は今が紅葉真っ盛りという「紅葉山公園」。
標高差から大佐渡より色付きが1週間程遅いですが、おかげで長く紅葉を楽しめます ♪




紅葉のトンネル




ただ、陽が陰ると寒い々!
うっかり夏と同じようなかっこで走り出しましたがすぐに後悔・・・
これからは防風保温のしっかりした装備で挑まないといけませんね。




紅葉山



紅葉山2



紅葉山1



紅葉山3




昨年、XLRで来た時はすでに紅葉のピークを過ぎてましたが
今年はちょうどハマったようで赤~緑のグラデーションがお見事!
もっと陽が射す時間帯だったらさらに鮮やかだったことでしょう。




ディップ式油温計




ところで、モンキーのオイル管理に役立つかな?
ってことで「ディップタイプの油温計」なるものを取り付けてみましたがコレ面白いですね。
数値が正確かどうかは怪しいですが相対的に比較出来るので
これまでの「感頼り」よりは間違いなくイイでしょう。
ちなみに、今回も大佐渡スカイラインでも油温は100度以下・・・
上りでけっこう回したつもりだったのでこの結果は予想外。
夏場はどうかわかりませんが今のような仕様と使い方なら
オイルクーラーを付ける必要は無いですね・・・残念 w






12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >