Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 12 2015

Category: ダックス  

15'バージョン総括

今年も残すところあと1日・・・
ここにきてドタバタしておりますが気持ちを落ち着かせるため年末恒例、
当ブログの主役?ダックスの総括をしておきます。


まぁ、これといって大きな変化は無かったですが
安全面に関していくつか進化を遂げました。




バックミラー交換




まず一番目立つところでバックミラー。
これまではメッキのショートタイプを付けてましたが後ろが見えない・・・
見るためにはいちいち右腕を上げ視界を確保する必要がありましたが
これに替えてからは目を落とすだけで楽に見る事が出来るようになりました。
じつはこれ、中華モンキー用に買ったものですがあちらは逆ネジ・・・
有効活用出来て良かったです。




バッテリーストッパー




お次はバッテリーの留めゴム。
昨年、輪ゴムで留めて喜んでましたがすぐに切れたので
一念発起してちゃんとしたやつに替えました。
これで激しい段差超えでもバッテリーが飛び出す心配はありません。


あとは先日行った後方からの視認性向上対策とキャブレターの掃除くらい。
それと、マフラーの芯(ステンレスたわし)抜き、
どうもハイカムとの相性が悪いのかヘッドがやたら熱くなるので撤去・・・
ゆっくり走る時とトバす時の両方良いとこ取りは難しいです。


それからマイナス面でちょっと気になるのはゼロ発進でたまに半クラが効かない事、
とくに上り斜面で発生する事が多くジャッ!と鳴いてエンジンが止まりそうになっちゃう・・・
原因は一体何だろう?滑ってる?
クランク付近からの音も以前より大きくなった気がするのでそろそろOHが必要かな?
ちょうど先日組んだ中華エンジンが代替えにあるしね。
静かで楽に乗るのはモンキーに任せ、ダックスは妙な方向へ・・・
迷走気味だけどそれもまた面白いかも知れません。




ダックス 15'バージョン




このダックスがきっかけで今年も色々な発見や出会いがありました。
趣味を通じて直接、また間接的にお付き合い頂けた皆さんに感謝々!





Category: ヒトリゴト  

にいがたレンタサイクル

昨日、12月24日はクリスマスイブ・・・
ちょっと急ぎの用で新潟まで渡ってきました。
その際、行きの足は初乗船となる新造船「あかね」。
春にデビューしてからいつか乗ってみたいと思ってましたが
両津航路のカーフェリーが点検整備中のため代替船として就航しており
これぞまさに渡りに船!?




双胴船「あかね」




この船、北陸新幹線の開通に合わせ「高速カーフェリー」として
鳴り物入りで導入されましたが荒海での評判は今一・・・
正直、この時期に乗るのは出来るだけ避けたかったのですが
結果的には凪だった事が幸いして個人的には好印象!
荒れた時の事は知らんけも・・・
近いうち乗船体験記みたいな形でご報告したいと思ってます。


で、快適に新潟まで渡り用事を済ませた後の事。
帰りの船が出航する19時半まで少し時間があったので
前々から気になっていた「にいがたレンタサイクル」を利用してみました。
バスや徒歩では寄りたい所が散在してるのでいつも回り切れずに消化不良・・・
こんな時、自転車があったらイイのにな~
と思ってたところ目の前にサイクルステーションがあったのでこれ幸いに初挑戦。




八千代橋にて



万代にて




これ、便利!
住所・名前・連絡先の記入と簡単な説明を受けたらレンタル開始。
ちなみに料金は3時間まで100円(1時間超過につき100円)、
今回借りた自転車は6段変速の俗に言う「ママチャリ」でしたが
買い物するにはカゴの無い「スポーツタイプ」より便利でした。




ホテル日航にて




返却はどこのステーションでもよいとの事でしたが
「佐渡汽船」まで行ったところすでに受付終了・・・
ちょいと手前の「ホテル日航」で返却出来ましたが終了時間は統一して欲しい。
容姿端麗なコンシェルジュが出迎えてくれたので全然許しますけど w




モンクル1号発見




自転車があったおかげでこんな古本に出会う事が出来ました ♪





Category: ガレージライフ  

中華エンジンOH5 腰上組立

腰下に続いては腰上の組立作業。
まずはシリンダーを取り付けますがその前にピストンリング、
これまで見てきたトップリングには全て刻印があって
上下の判断がし易かったのですが今回は刻印無し!?
そこで、最初は外側の角だけで判断し組み進めましたが後から心配になり
トップリングについて雑誌やネットで調べたところ判断の肝は内側の角・・・




トップリングの上下判断




面倒ですが再度シリンダーから抜いて確認しようやく納得。
内側の角が片方だけ大きく面取りされてる!
この角に入り込んだ圧力がリングを外側に押し付ける仕組みだそう・・・
小さな部品ですが機能的によく出来てますね。
たまたま間違ってはいませんでしたがモヤモヤが取れて気分スッキリです。
(※ リング合口とピストンスカート部はオイルストーンで軽く均し済)





オーバーラップ確認




今回は頭打ち対策にハイカムを組んでみたのでオーバーラップ時の確認。
ヘッドの間隔は1mm以上あるので普通の使い方なら問題無さそう・・・
(※ バルブは少し径の小さな物に交換し擦り合わせ済)



安心して下さい・・・




ドコンプ仕様




デコンプ付いてますよ。




中華エンジン組立完了




見た目バラす前と全く変わりありません・・・
でもね、星の王子様も言ってます・・・



「本当に大切なものは目に見えない」



とりあえず組立完了です。





Category: ガレージライフ  

中華エンジンOH4 腰下組立

下準備まで終わらせた中華エンジンいじり。
交換部品とクラッチロックナットレンチが揃った事により
ここ数日で一気に組立てが進んだので備忘録を兼ねご報告。




クランクケース予熱




まずはバリ取りを済ませたクランクケースを温めベアリング圧入。
実際、うちの個体は想像してたほどの酷いバリはありませんでした。




ベアリング位置確認




ベアリングは位置を間違えないように念のため番号を記載。
ストーブで余熱してからバーナーで炙ったらすんなり入って一安心♪




シフトドラム&キックスピンドル組込




キックスピンドルとシフトドラムはバラす時の画像を何度も見返して取付。
ミスるとまたケースを割る羽目になりますから・・・
十数年前、ダックスのエンジンを組んだ時にクランクシャフトを
左右間違えて組んだ失敗経験がここで活きました。




シフトアーム微調整




シフトドラムプレート、アーム、ストッパーを取り付け
横方向に互いが押し合わないよう「クイクイ」っとクリアランス調整。
試しにシフトチェンジしてみると小気味よく動くので問題は無さそうです。
ドラムの溝をスムージングした効果も出てると思うけど・・・気のせいか?




自作専用工具活躍




懸念されていた自作ロックナットレンチの強度不足も問題なし。
壊れることなく既定のトルクで締め付ける事が出来ました。
途中、クラッチホルダーの回り止めを作る必要があったり組み間違えがあったりと
多少バタつきましたが有り合わせの材料と妙な集中力で克服・・・
正直、自作ロックナットレンチより回り止めを掛けた
クラッチケースの支柱が折れてしまう方が心配だったので
次があるなら支持は2点でなく4点で作った方が良さそうです。




クラッチ&オイルフィルターローター組込




これで、カバーを被せればクラッチ側は一段落。
カバーに付いてるレリーズアームの動きが硬かったので引き抜いて
グリスアップし直したところだいぶスムーズになった感じ・・・
当初、クラッチが重かったのはこのあたりにも原因があったのかも知れません。

う~ん、キックスピンドルが真っ直ぐになって気持ち良し ♪





Category: ガレージライフ  

ロックナットレンチ作製

組立て前の下準備を済ませ交換パーツも揃った中華エンジン。
これでようやく次のステップに進めますがその前に、
クラッチロックナットを固定するための工具作り。
オイルフィルターローター側は以前ダックスで使った工具が使えたんですが
クラッチ側はサイズが一回り小さいために共用出来ない・・・
で、仕方なくハンマー&マイナスドライバーでガツンとやって
外しましたがそれでは固定する時トルク管理が出来ませんので。




クラッチロックナット




素材ベースに用意したのは100円ショップのボックスソケット、
ホントかどうか分かりませんが焼入れ済みの表示あり。
一応、ちゃんとした専用工具も探してみましたが
中古エンジンがもう一機買えそうなんで・・・




サンダー攻撃



粗削り




熱による強度低下が心配なんで荒削りは程々に抑え
残りは現物合わせでヤスリ片手にチマチマと修正。




サイズ合わせ



ロックナットレンチ完成




出来た!けど不安だ・・・


ベースに12角を使ってしまったのが災いして爪が華奢。
4kg近い締め付けトルクが掛かる場所なんで締め付け途中で
バキッ!っといったら大怪我しそう・・・
作業時はその事を重々頭に入れておく必要がありそうです。





Category: ヒトリゴト  

BATTLEDRIFT in 新潟ロシア村

ちょっと前の事・・・
某研修に向かう道中で立ち寄った柏崎米山SA。




米山PA




「番屋バーガー」なる地元グルメを頬張りながら対岸の佐渡島を遠望。
たまにはこんな時間もイイよね、ビールもあったらもっと良かったけど・・・




トルコ村越しの柏崎原発・・・





手前に目をやると数年前に営業中止となったテーマパーク、
現在は廃墟となってる「柏崎トルコ文化村」。
それ越しに見えるのは世界最大規模の「柏崎刈羽原子力発電所」。
4年前の大震災後、発電を停止していますが正直恐ろしい・・・
万が一何かあったら佐渡も対岸の火事では済みません。
数十キロ先、南東の風が吹いたら逃げ場が無いよ・・・


ガラッと話変わって廃墟となった新潟のテーマパークつながりで「新潟ロシア村」。
お土産に貰ったマトリョーシカが今でも家のどこかに有るはずなんだが
ここをステージにとんでもないロケが行われてた・・・









よし!オレも一丁自慢のZで・・・って廃墟に埋もれるわ!





Category: ガレージライフ  

中華エンジンOH3 下準備

ここ数日、爆弾低気圧の影響も無く穏やかな佐渡地方。
ストーブ無しでガレージ籠りが出来てしまう12月とは思えない暖かさ、
こんなの長くは続かないと思いますがじつにありがたいですね。
で、しばらく忘年会やら何やらでストップしていた中華エンジンいじり・・・
頼んでいた補修部品が届き始めたので組み込むための下準備を進めます。




ベアリング発注




今回、ベアリングはホンダ純正でなくサイズを調べて規格品を単品で発注。
メインの補修はキックスピンドルの交換になりますがどうせ腰下を割るなら
今一評判のよろしくないベアリングもこの際替えておこうかと・・・




ベアリング交換




抜き取ったベアリングは予想に反してガタつく事も無く回転はスムーズ・・・
これがすぐに壊れたりするとか思えないんですがどうなんでしょう?
自分の場合、そんなに距離も乗らないし激しい走りもしないし・・・
まぁ、不安を抱えて乗るよりはイイか・・・




バルブまわり分解




そろそろちゃんとしたやつが欲しいよ w
一生に一度使うかどうかの専用工具なんて要らん!無駄だ!!
と思ってましたがこうちょくちょく使う事になるとは・・・
人生どうなるか分からないものです。




ヘッドパーツ煮込み中




バラした各部品はバリ取りや改良(してると思いたい)加工を済ませアルカリ洗浄液に投入。
寒いこの時期、ストーブは体も温まるので重宝します。
鍋に入りきらない大物は保温効果の高い発泡スチロールの箱に入れてドブ漬け、
加熱&保温してやると洗浄効果が上がる事は経験済みなので今回も実践です。




下準備完了




さて、これで組み立て前にやれることはやったと思うけど大丈夫か?


・ケース(バリ取り、ピストンクーラー穴貫通&ひび割れ確認)
・シフトドラム(溝のバリ取り、ニュートラル用スプリング加工)
・ヘッド(洗浄、バリ取り)
・シリンダー(オイルリターン通路拡大)
・ピストン(洗浄、スカート&リングのバリ取り)
・クラッチ(プレート面出し、ケースバリ取り)
・オイルポンプ(洗浄、バリ取り)


なんだか不安だ・・・






Category: ツーリング  

不審船漂着

今週末も低気圧通過により荒れ気味の佐渡地方。
船便が止まると生活物資が入ってこないし寒ブリも送れない・・・
仕事に直接影響が出る人達にとっては一大事!
でも、普通に生活する分には困らないんですよね、
中華エンジンの補修部品が届かないくらいは我慢しないと・・・


そんな時化に関して年々増えているのが海岸の漂着物。
ハングル文字の入った生活ゴミがとくに目立ちますが
中でも最近全国的に話題になったのが「不審船」の相次ぐ漂着。
佐渡でも数年前から流れ着くようになりましたが
つい先日も流れ着いたそうなのでどんな物か見に行ってきました。




某漁港




引き揚げられた「不審船」が置いてある某漁港。
沖で転覆してたのを曳航して来てクレーンで引き揚げたそう・・・




不審なモノ対決



舵



不審船とXLR




まず見て思ったのは意外にデカイ!
もっと小さな船を想像してたので驚きです。
FRPが主流の国内漁船の中にあって木造船の存在感は抜群。
ただ、造りなどは素人目に見てもこれで沖に出るのはヤバい・・・
資材の無い中で苦労して仕上げた事が伺われます。
とくに舳先の緩衝用に取り付けられた古タイヤ、
これは上手く廃品利用してるなと感心しました。




リサイクル




この船には一人のご遺体が残ってたそう・・・合掌
食料を得るために決死の覚悟で漁に出たのか、
それとも新天地を目指して沖に出たのか?
残されたご家族の幸せを祈るばかりです。



・・・



その帰り道、以前からユラユラしてたスピードメーターに異変発生。
振れ幅がやたら大きくなってついには20~140km/hの間を
メトロノームのように行ったり来たり!
見ていて最初は笑ってましたが突然、針がポロっと落ちた・・・泣




折れちまった!




あの日は不思議とこんぐらいどうでもいいや・・・
と心静かに思えましたが今あらためて見るとかなり残念。






Category: ガレージライフ  

中華エンジンOH2 問題確認

12月の佐渡は週末ごとに「寒ブリ祭り」や「新そば祭り」などのイベント続き。
暇があったら行きたいところですが・・・
そんな時に限って忙しい・・・
寒ブリに新そば!食べたかった~


そんなストレスを忘れさせてくれる?中華エンジンいじり。
バラしてようやく不調の原因が見えてきました。


まずはシフトアーム周辺。




シフトアーム周辺




赤矢印のボルトが緩んでシフトプレートがグラグラ・・・
それが原因で赤丸内の角(擦れ傷有)がストッパーアームにぶつかってしまい
1速に入ったり入らなかったりしてたんだと思われます。
クラッチ付近から金属がぶつかるカチカチ音がしてたのも多分これが原因かと・・・


お次は曲がってたキックシャフト周辺。




曲がったキックシャフト




シャフトの先端を削らないとケースが抜けないくらい曲がってました・・・
ちなみに、キックが重い原因は「圧縮比の高さ」に加え
「デコンプが無いから」を想像してましたが
ヘッドカバーを開けてみたらなんとデコンプは付いておりました w
曲がった原因はエンジン本体より乗り手にあり!
山を越すまで「じわ~」っと踏んでく始動方法を身に付けないといけません。





Category: ガレージライフ  

中華エンジンOH1 分解

この冬のお楽しみである中華エンジンOH。
師走に入り何かと気忙しくなってきましたが
目に付く所に置いてしまったので年内には何とかしたい・・・
しかし、なかなか踏ん切りが付かないのでバラす目的を再確認。
現段階での不具合は・・・


1、シフトチェンジが出来たり出来なかったりする。
2、ニュートラルを出すのが難しい。
3、キックシャフトが曲がってる。
4、トルクはあるけど頭打ちが早い。
5、クラッチ付近からカチャカチャと気になる音がする。


「1、」はシフトアームあたりが怪しいとふんでますが「2、」は何だろう?
「3、」は乗り手のラフキックが原因だろうし「4、」はそういう仕様だから仕方ない。
「5、」は乾式クラッチじゃないのにあり得ない・・・


上記の改善対策として考えられるのはシフトアーム周辺の確認と
キックスピンドル&カムの交換、異音の発生源を確認し、
ついでにベアリングも国内メーカー物に交換したい・・・
やはりバラさないと始まらない!




腰上分解



分解完了




一度始めたら後戻り出来ず、そのままの勢いで分解完了。
何度も頭の中でシュミレーションを繰り返したのでほぼ順調に進みましたが
想定外のトラブルもあったりで気が付いたら夜半過ぎ・・・
おかげで腰は痛くなりましたが気分はスッキリ!
いくつか不具合の原因特定が出来ましたからね。
あとは交換部品が届くまでにやれる事をやっとけば何とかなるかな?
ただ、これまでの経験からしてこんな時が一番危ない・・・

急がば回れ!

凡ミスしないよう気を付けないといけません。





Category: アウトドア  

マダイ釣り

11月最後の休日は朝起きてみると思いがけずに晴れ!?
天気予報通り雨だったら中華エンジンでもいじろうと思ってましたが
この時期の晴れ間にガレージ籠りなんてもったいない・・・
ってことで釣り道具をホンダZに放り込んで出発。
狙うはラゲッジスペースからはみ出るくらいの大型マダイのみ!




大物狙い・・・




しかし、道半ばにしてポツポツと雨が・・・




初冬の真野湾




少々迷いましたがお魚よりホンダZが大事なんで釣り断念・・・
家の方はまだ晴れてるようなので急いで引き返しましたが
雨雲に追いつかれて結局はずぶ濡れ・・・




ずぶ濡れ・・・




こんな事ならマダイ釣ってから帰ればよかった・・・
っていうかアルミのシフトノブ、冷た過ぎ ((>.<))






1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 < >