Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 05 2016

Category: ツーリング  

初夏のお花見(Ⅰ) トビシマカンゾウ

5月最後の休日、初夏のお花見に大佐渡方面を回ってきました。
お目当ては海岸線の岩ユリ・トビシマカンゾウに金北山のヤマツツジ!
今年は開花時期がずれ見頃が揃ったそうなのでこれ幸いに一気に行きます。
まずはびゅーんと走ってトビシマカンゾウの群生地「大野亀」。




願集落と大野亀



大野亀台地




花々が広がる台地に辿り着くとそこは二人の世界・・・
なんとなく入りこみ辛く男一匹はおとなしく山頂へ。




願大橋方面




↑ 山頂から振り返るとさっき通過してきた「願大橋」が小さく見えます。

↓ 山頂の突き当たりは海面まで断崖絶壁・・・




大野亀山頂 西方面



大野亀直下




1億年以前に形成された複雑な地層を見る事が出来ますが
どんな地殻活動を経て今の形になったのか?
吹きっさらしの頂上付近になぜ柏の群生があるのか?
魔除け、それとも柏餅好きの仕業?
興味津々です。




素掘りのトンネル




さて、次のお目当ては海に映える「岩ユリ」。
素掘りのトンネルを越え相川・高千方面にタラララァ~っと向かいます。
それにしても、先週見てきた新潟市内との対比が凄い w




北鵜島






Category: 自転車  

BD-1 初輪行

先日、ふと思い立ち計画したBD-1での新潟遠征。
新潟市内を徒歩で回る度、折りたたみ自転車があったらな・・・
と思ってましたがようやくの実現です。




船上のBD-1




まずは朝一番のカーフェリーに乗り込み2時間半の船旅。
輪行バックに詰めた自転車は「手荷物」扱いとなるため
旅客運賃に加え片道510円が必要となります。

※ そのまま乗船の場合は軽車両扱い




ルーティーンの船内食




朝食を取りながらも目線は常に海面を意識 o(・_・= ・_・)o
この時期、いつどこでイルカが現れてもおかしくありませんから。
運が良ければ数百頭の群れに遭遇する事も!
ちなみに、この日は運が悪かったらしく・・・




佐渡汽船万代島ターミナル




新潟上陸後はBD-1を組み立て「新潟島一周コース」に出発。




対岸から「おけさ丸」を望む



What's Niigata



フレッシュ本町・・・




新潟駅周辺や万代地区は再開発が進んでますが
ちょっと外れた路地に入ると昭和の香り・・・
「NGT48」と「Negicco」って感じ?
自分はどっちかっていうと後者押し w




海の向こうは佐渡ヶ島・・・見えねぇ~




けっこう楽しみにしてた佐渡の島影に沈む関谷浜の夕陽。
これまた運が悪かったのか肝心の島影は見えずじまい・・・
このんのんぜんぜん新潟らしゅ~ねぇ w




ときわ丸で反省会



さよなら新潟・・・




帰りは最終のカーフェリー。
一日を振り返りながらの一夜干しは美味かったな~
結局、朝から晩まで走り回りBD-1の乗車時間はロングライド並み w
期待以上の機動力を実感する新潟遠征となりました。






Category: 自転車  

トランスフォーム

今度の休みは晴れの予報・・・
そこで、予てからやりたいと思ってた自転車での新潟遠征を計画。
ちょうど今なら気候も良いし気になるお店もいくつかある、
それにこの機を逃すとしばらく行けそうにありませんから。
で、当日の予定としては大体・・・
朝5時半の船に乗って8時頃に新潟上陸 ~
午前中は新潟万代島サイクリングロード周辺を散策 ~
その後、帰りの船が出る夜7時半までは気になるお店巡り ~
途中、お昼は露地裏の怪しそうなお店に飛び込みで入るか
大型バイキング店で腹いっぱい食べる!
そんな感じ。


ちなみに、相棒は折りたたみ自転車「BD-1」。
これがやりたかったんですよね~
輪行袋に入れ船内に持ち込む予定なのでまずは練習!




ビフォー




トランスフォーーーーーーーーーーーム! \(`O´)/




アフター




ちっちゃくなっちゃった w
最初は戸惑いましたが慣れたら1分も掛からない。
これならホンダZに乗せて出先でサイクリングなんてのも楽しめそうです ♪







Category: ダックス  

GT化

先日、ダックスのガス欠事件でガソリンスタンドのありがたみを
実感したばかりですが今朝の新聞に気になる記事が・・・



ガソリンスタンド廃止!?




佐渡に限らず全国で同じような事があると思いますがこれは一大事。
もし、ガス欠寸前で辿り着いて閉まってたらと思うとゾッとします・・・
都会みたいに選ぶほどありませんからね。
佐渡をツーリングされる方、もしくは自分・・・くれぐれもご注意を!


ところで、12VCDI化したダックス。
今のところガス欠した以外は止まらずに動いておりますが
慣らし運転でいくつか気になる点も・・・
まずはギア比。
トルクアップしたのは良いけどスピードが乗らず今一面白くない・・・
上まで回せば良いのかも知れませんがトルクが余ってる感じなので
スプロケット交換でもうちょっとロング側に振れるかな。
あと、ライトが暗い。
とりあえず中華ジェネレーターで動く事は確認出来ましたが
ライトの明るさは6V時代と同じかそれ以下なので何とかしたい・・・
それと、タンク容量。
ダックスで100km以上遠乗りする事はあまりないと思うけど
換装したエンジンが回さずとも走るツーリング向きっぽいので
フルタンク2.5L位じゃいざという時ちょっと心配・・・




オアシス発見




最初はエンジン掛っただけで十分だったのにね。





Category: ダックス  

ガス欠

観測史上初となる5月の真夏日となった昨日の佐渡。
前日終了したロングライドの程良い疲れが残る中、
気分転換も兼ねダックスの慣らし運転に出掛けました。
向かった先は昨日自転車で通過したばかりの鷲埼方面、
ちょっと気になる事があったので再確認しようかと。




黒姫大橋




やっぱりオートバイは楽だわ~ ♪
と調子づいてましたがポツポツとシールドに雨粒!?
こりゃまずい!
って事で黒姫大橋でUターンしましたが更に追い打ち・・・




ダックス ガス欠




両津港まであとわずかのところでまさかのガス欠。
こんな時は慌てず騒がずリザーブに!
と確認したところすでに切り替わっており万事休す・・・
大汗掻いて押し歩きながら思った事は


なんで出発前に確認しなかったかな~?
新エンジンの燃費ってどうなんだ?

これが自転車だったらな~


とりあえず辿り着いたGSで2Lキッカリ(レギュラー/8521.7km時)
入れて貰ったのでそれでどれだけ走るか近々試してみるつもり。
もちろん予備のガソリン携帯で (´_`;)





Category: 自転車  

2016'佐渡ロングライド仕様

ロングライドの相棒「ハミングバード2号」の最終テスト。
当日の装備品を全部載っけていつものニイボダムまで
ポジションや部品の取り付けに不具合がないか確かめて来ました。




ニイボダムのつつじ




ダムまで上がるとつい先日まで蕾だった堰堤のツツジがちょうど見頃に。




つつじ満開



斑入りつつじ




雨上がりで深みを増した木々の新緑に映えてました。




2016'佐渡ロングライド仕様




今日はリアバックに一眼カメラを載せて走りましたが
何だかバランスが悪いので重い工具などは前三角内に収め
リアバックには補給食など比較的軽い物だけを収納かな。
あと当日は暑くなりそうなので日焼け止めも必須でしょう。
それと、サイクルコンピューターの電池交換!
なんと途中で電池切れになりましたが本番前だったのは不幸中の幸いです。
さて、一眼カメラはどうするさね?





Category: XLR  

天空のお花見 千竜桜

佐渡ロングライド前、最後の休日。
少し足慣らしでもしとこうか・・・
と思いましたがサボって天空のお花見にバイクでGO。
お目当ては「千竜桜」、大佐渡スカイラインの尾根付近にある桜です。




新緑の金北山



新緑のスカイライン




この季節は新緑が鮮やかで気持ちイイ!
道端には高山植物が数多く見られ道中飽きることがありません。




大佐渡スカイライン脇のカタクリ




中腹辺りから沿道には絶える事無くカタクリの花、
やさしい色合いがイイですね。




白雲台キャンプ場




登り始めて30分程で「千竜桜」があるという妙見キャンプ場に到着。
しばらく乗ってないとエンジンの掛かりが物凄く悪いですが
一度掛かってしまえばその後はわりと快調なXLR。
昨年まではいつ止まるか不安でしたがだいぶ信頼感が
増してきたのでそろそろ林道も行けるかな?




水津方面俯瞰




振り返ると両津湾越しに先日自転車で走った海岸線
この春はいつも霞みがかってスッキリとした青空が拝めません。


さて、お目当ての「千竜桜」はというと・・・




千竜桜



満開!?千竜桜




微妙な感じ・・・ではありますが咲いてました。
冬季間、数メートルの雪に覆われるため地面に這いつくばるような
枝ぶりになるそうですが植物ってのは大したものです。
少しは見習わないといけませんね・・・


ちなみに、この「千竜桜」の名付け親は新潟出身の写真家「天野 尚」さん。
ネイチャーアクアリウムの第一人者としても活躍されており
個人的にも憧れの存在でしたが昨年の8月に病のため他界・・・
さらなる活躍が期待されていただけに本当に残念でなりません。
コブダイや原生林をはじめとした佐渡では当たり前の自然が
じつは世界に通用する素晴らしいものだと気付かせてくれたのが
天野さんの写真集「佐渡-海底から原始の森へ」(2007年)。
あれがきっかけで色んなモノや人が動き出したような気がします・・・
この日も島内外から多くの人たちが天空のお花見に訪れてました。





Category: 自転車  

佐渡ロングライド迫る

たぶん来週の今頃はZ坂あたりを口笛吹きながら走ってる・・・
もしくは脂汗流しながら悶絶してる?

いよいよ自転車イベントの「佐渡ロングライド」が迫ってきました。
GW中、練習してると思われるロードレーサーを見掛け
そろそろヤバいと不安になる事もありましたが
結局やったのは今頃になってのハンドル交換・・・
まぁ、それでも何とかなるでしょう!




大川の坂




不安払拭に向かったのはイベント当日は走らない小佐渡方面。
自分、おいしいものは最後まで取っておく質で・・・
っていうか同じところを短期間で何度も走るのはちょっとね~
まぁ、走ればそのたび新しい発見はあるんですけど。




入桑漁港の防波堤アート




ところで、今年からエントリーするためには「車検」が必要となりました。
これは事故防止のためだと思われますが実際とんでもない状態で
走ってる自転車もたまに見掛けますので致し方ないかと・・・
点検内容は基本的(車体やブレーキ、タイヤまわりがちゃんとしてるか)なものですが
これを受けた証明書がないと受け付けて貰えないので参加される方はお忘れなく。




ロングライド 車検



ロングライド 車検中




ちなみに、当日のゲストライダーはほぼレギュラーとなりつつある
益子直美さん&山本雅道さん夫妻に加え地域活性化モデルの今井美穂さん
それに変ったところではおっぱっぴ~の小島よしおさんです w


島民と参加者みんなが楽しい一日になるとイイですね。

 



Category: ダックス  

12VCDI化ダックス、始動

先月、12VCDI化した6Vダックス。
お祭りやモンキー弄りで暫く放置状態が続きましたが
ようやく落ち着いたのでセッティング再開。




バルブ隙間調整




キャブレターはVM22を付けてみたところ驚く事にキック一発で始動し
どこも弄らないでも止まらずにアイドリングしてるので
バルブ隙間(吸・排気側とも0.06)とクラッチの遊びだけ微調整。
その後、アクセルにエンジンがしっかり反応する事を確認し
走り出してみたところあっけない程ちゃんと走る w




ダックス12VCDIテストラン




まだ不安が残るので近所をうろちょろしただけですが
すぐに止まったり燃えるような兆候はありません・・・
以前より回転の上がり方や音量が穏やかになったのは
長くなったクランクまわりの影響かな?
まぁ、それよりも何よりも普通に走ってくれた事が嬉しいです。




遅咲きのスイセン




今回は軽いアップダウンが続く山の手を試走しましたが
アクセル半開&4速入れっ放しでほとんどいけたので
トルクアップを実感するにはちょうど良かった。
もう暫く慣らし運転を続け各部に異常が無い事を
確認出来たらアクセル全開にしてみる予定ですがどうなるかな?
現時点でハッキリしてるのはエンジンの性格が
良くも悪くもガラッと変わったって事・・・
これは間違いありません。





Category: 自転車  

早朝のキャンプ場にて

全国的に寒暖の差が激しい今年のGW。
佐渡も前半は霰まで降ってくるほど冷え込みましたが
後半スタートの今日は25℃を越えて30℃に迫る勢い・・・
足して割ったくらいがちょうどイイのにね。


さて、自分はあまりGWに関係ありませんが
少しくらいGW気分を味わいたい・・・
って事で今月中旬に迫ったロングライド対策。
先日、ちょこっと乗ったところどうもポジションが窮屈なので
休日前夜に思い切ってハンドル交換。
もしかして身長が伸びた!?




NITTO M184




NITTOのM184 420mm


これまで付いてたM194(400mm)より約20mm幅を広くしてみました。
本来なら10mmプラスから試したいところですが一気にいきます。
その方が違いも分るし上手くいけば無駄も出ないし・・・
で、翌朝はいつものニイボダムまで試走。
ちょっと広過ぎるかと心配しましたが結果は良好 ♪
とくに上りでは力が入れやすくなったし
平地巡航も胸のあたりに余裕が出来たおかげか肩が凝らない。
ドロップ形状も違うので一概には言えませんが
アップライトでのんびり走る向きにはちょうど良さそうです。
正解かどうかはロングライド本番でハッキリするかな?





GWのニイボダムキャンプ場




ところで、この日のニイボダムキャンプ場は朝から賑やか。
いつもは誰もいませんから w
せっかくの機会なんで群馬から来たという3人組に
話し掛けてみると既にここで数泊してるとのこと!?
佐渡は初めてだそうですが気に入ってくれたようでここをベースにあちこち回ってるそう。
しばらくお話させて頂きましたが地元ライダーでは気付かない
佐渡の見方や楽しみ方を聞く事が出来て面白かったし
旅慣れた人の話は色んな面で勉強にもなりました。
ちなみに、「本土にいると100~200kmのツーリングは普通・・・」
って話は昨年もどこかで聞いたような気がします w







1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >