Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 04 2017

Category: ガレージライフ  

サムライ チャレンジ ジャパン in 佐渡ヶ島

ゴールデンウィーク突入初日、クラシックカーが大挙して佐渡ヶ島上陸。
SAMURAI CHALLENGE JAPAN」!




サムライチャレンジジャパン




九州から北海道まで約3週間かけて走り抜けるラリーイベントで
嬉しいことにその中の一つが佐渡ステージなんだそうです。
ちなみに、エントラントはイギリスをはじめとした外国の方ばかりで
ご夫婦での参加も多かったようです。

で、さっそく見に行ってきました。




ベントレー 1929


ベントレー


ポルシェ


ファルコン!


1971 VS 1934




本当は走ってる姿を見たいところでしたが仕事もあるので
スタート前の駐車場にて各車を拝見。
写真でしか見た事がない名車たちがズラリ!
1920年代のベントレーからこれ旧車?ってのもありましたが
そのどれもがいかにも元気に走ってきました的なヤレ具合。
コンクールコンディションのそれとは違う雰囲気に好感を覚えます。




バケツ流用?シュラウド




〇〇協会さんのバケツ流用?シュラウド。
こういうの好きだな~ ♪




ロールスと花




この後一行は佐渡を離れると東北から北海道へ・・・
陰ながらみなさんのご無事を願っております。

Have a nice trip!






Category: ツーリング  

法乗坊の種蒔き桜

佐渡の未だ見ぬ桜の名所巡り、第二弾。
目指すは佐渡の南部、羽茂大崎地区にある「法乗坊の種蒔き桜」。
まだ咲いてるらしいとの噂に賭けてみることに。




チューリップ




まずは真野湾沿いの国道を南下。
沿道には黄色や赤など色鮮やかな花々が増えてきましたね~
暑くなし寒くもなしでツーリングにはホント良い季節になりました。

法乗坊がある大崎地区に向かうルートはいくつかありますが
今回は国道から羽茂に下り佐渡一宮「渡津神社」経由。




ヤマセミ生息地




神社近くを流れる羽茂川の護岸にはヤマセミのオブジェ。
キャンプツーリングに訪れたパスタさんとカワセミの話をした時、
ヤマセミにも話が及びましたがどうやら佐渡にも居るみたいです。
いつか遭遇出来たらイイですね~

羽茂川沿いの狭いクネクネ道をしばらく進むと川向うにひと際目立つ桜の大木。




法乗坊の種まき桜


桜と菜の花とダックス


江戸彼岸桜




少し散り始めてはいたものの何とか間に合った。
種類は江戸彼岸桜、高さは約20mもあるそうで
隣の茅葺屋根も相まってなかなかの存在感。
まるで昔話に出てくるような趣です。
それにしても、何度かこの道は通ってましたが気付かなかった・・・
花の季節じゃなかったからかな?





Category: 自転車  

佐渡トキマラソン2017

本日、晴天の元「佐渡トキマラソン2017」が開催されました。
昨年は天候の急な悪化で散々でしたが今年は絶好のマラソン日和!




朱鷺マラソン2017




多くのランナーが春の佐渡を駆け抜けました。
中には友人・知人たちの姿もちらほら、みんな凄いな~
その中に混じって自分も走りましたよ・・・




トキマラソンボランティア




自転車で・・・


今年はハーフ、もしくは10kmコースにランナーとしてエントリーするつもりでしたが
迷ってるうちに申し込み期限が過ぎてしまったのでボランティア・・・
期せずして「ピンクヘッド号」イベント初デビューです。




加茂湖畔にて




そのピンクヘッド号、短距離の伴走にはバッチリでしたが
もっと長い距離のロングライドだったらどうよ?
って事で家から会場までの往復約20キロを利用して試してみることに。
その結果・・・

アップライトなポジションは向かい風に弱いけど
前が見えやすいし首も楽なんでメリットの方が大。
フロントシングルも平地巡行(2分残し)で30キロ出てれば十分。
太足・サス付ですが漕ぎや車体の重さもあまり気にならないんで
あとはお尻の痛みに耐えることが出来れば・・・
結局は自転車うんぬんより乗り手の根性次第なんで
来月までに少し鍛えておこうか・・・
などと加茂湖の畔で考える。






Category: ツーリング  

大佐渡スカイライン開通

昨日に引き続き低気圧が通過中の佐渡地方。
雨はたいして降ってませんが連日物凄い風!
ビニールハウスや自転車小屋が吹き飛ばされたりと
先日までの穏やかな天気とは一転です。

と、そんな状況になる数時間前・・・
買い物ついでに先日開通したという「大佐渡スカイライン」
までちょこっと足を延ばしてみることに。




カタクリの花


平スキー場のミズバショウ




山の中腹にある「平スキー場」付近にはカタクリやミズバショウの姿。
ついこの間までスキーしてたのがウソみたい。




最高地点でガメラを望む


地獄谷付近




ガメラレーダーが立つ尾根付近は風で雪が吹き飛ぶため
北側斜面の積雪は思ったよりも少なく雪解けも早いみたい。
ただ、谷筋や吹き溜まりはその限りではありません。




吹き溜まり


峠の少年ジャンプ




吹く風も下界のそれとは雲泥の差・・・
トレーナーにMA-1だけでは役不足、体が冷える~
マンガ一冊買うだけに足を延ばし過ぎました。






Category: ツーリング  

さっちゃん桜

地元の春祭りが無事終了!
って事で抑え気味にしてたガレージライフを再開。
まずは桜もちょうど見頃になったようなのでお花見ツーリング。
島内には未だ見ぬ桜の名所がいくつかありますが
今回はその中の一つ両津鷲埼地区にある「さっちゃん桜」を目指しました。




桜とトンネル




佐渡の玄関口「両津港」から鷲埼方面へ約20km、
海岸線を北上しますが道中途切れる事無く桜の花を楽しめます。
スイセンに菜の花、梅にモクレンなどもあって実にカラフル!
春ってイイですね~




海岸線の桜


桜越しの海




桜越しに海を見る事が出来るのも佐渡ならでは?
こんな景色がぐるっと一周約200km楽しめます。




内海府小学校




両津港から約30分で目的地の内海府小学校に到着。
数年前に廃校となったようですが桜が咲く時期には
この木の下で「お花見給食」を続けてるそう。
グランドからは海も一望出来る素敵な場所でした。




さっちゃん桜とホンダZ


さっちゃん桜




「海府桜」!?
愛称が「さっちゃん」、「さっちゃん桜」じゃないんですね・・・
まぁ、名前はともかく地元のみんなに愛されてる事は間違いありません。




花より廃車・・・




次回は焼き鳥とノンアルビール持参で訪れたいと思います。





Category: ガレージライフ  

腰上OH 検診5年目

プレお花見ツーリングからガレージに戻ったホンダZ。
祭りの稽古時間まで小一時間ほど余裕があったので
シリンダー圧縮圧力の測定を行いました。
エンジンブローで腰上OHしてから早5年・・・
今のところ壊れることなく無事に動いてますが
始動直後のグズグズが少し気になるようになったので
症状が悪化する前に健康診断です。




圧縮圧力測定




プラグを左右とも抜き取りガソリンポンプの電源は念のためカット、
コンプレレッションゲージをプラグ穴に取り付けたら
アクセルべた踏みでセルを数秒間作動。




圧縮テスト右


↑右(R)シリンダー:11.2~3kg/cm



2017/4/10 左


↑左(L)シリンダー:11.3~4kg/cm



覚悟してたほど悪くない。
OHの一年後に測定した数値よりは若干落ちてますが
セルの回りが弱り気味だった事やゲージの誤差を考慮すれば許容範囲でしょう。




2017/4/10 プラグ点検




プラグの焼け具合もそんなに悪くない。
右シリンダーに若干問題があるかも知れませんが
今のところはまだそれほど酷い状態ではなさそうです。

さて、そうなると始動直後のグズグズは何が原因?
エンジンが温まってからはそれなりに安定してるので
寒い時期のキャブ車なら仕方なしか・・・
まぁ、シリンダーに致命的な問題が無い事が
判っただけでも良かったです。





Category: ホンダZ  

さくら咲く

久しぶりに朝から晴れの休日・・・

待ってました!

って事でプレお花見ツーリング。
だいぶ暖かい日が続いたのでどんな具合かなと。




さくら咲く




日当たりの良い場所ではすでにポツポツと開花。
全体では二~三分咲きといったところでしょうか?
今週末は地元の春祭り。
ちょうど見頃になるかも知れませんね~
お酒は買い込んだしあとはお天気が良くなる事を願うばかりです。





Category: モンキー  

ツバメ初見日

引っ越しやら何やらでドタバタと始まった4月・・・
冷たかった風もいつの間にか暖かくなり上空にはツバメの姿。
桜の開花はまだのようですが春はすでにやって来てたみたいです。
気持ちに余裕が足りないな・・・
そこで、配りものついでにちょっとだけモンキーで遠回り。




すいせん満開




道端には色鮮やかなスイセンの花。
梅の花も咲き揃いどこからか甘い香りが漂ってきます。
気温も一気に上がってきたので
上着は薄っぺらなウインドブレーカー ・・・
ホント、良い季節になりました ♪




田の沢地区のしだれ杉




大きく枝を拡げた田野沢地区の「しだれ杉」。
樹齢は推定ですが約1,000年・・・
このくらいどっしり構えていたいものです。







12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >