Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 05 2017

Category: 自転車  

女神山ヒルクライム

今週末は「2017 佐渡ロングライド210」。
ここまで来ると下手な遠乗りは体力の無駄遣いに・・・
って事で先週のうちに車体のダメ出しを兼ね走ってきました。
向かった先は奇楽庵氏おススメの小佐渡ショートカットコース、
海岸線ありヒルクライムありの前々から気になっていたコースです。




水津漁港




まずは両津港から姫崎を回り前浜方面へ。
この日は晴れてはいたものの黄砂と物凄い風で
途中からは真っ直ぐ進むのも難しい状況に・・・
これだけ味わっとけば雨の他は怖いもの無し!?




サクラチル・・・




もしかしたら咲いてるかも ?
と楽しみにしていた八重桜はすでに終了・・・
ピンクの絨毯と化してましたがコレはコレでなかなか綺麗でした。




前浜海岸




さて、40kmほど海岸線を走ったらいよいよヒルクライム。
多田港から女神山を越え国仲方面へ向かいます。




天国 or 地獄




運命の分かれ道 ↑
左に行くと普通の地獄で右に行くとかなりの地獄・・・
どちらを行っても峠に出ますが今回は右の直登コース。
「急だけど短い分、楽じゃね~っすかね~」
と奇楽庵氏は言ってましたがウソでした・・・




女神山ヒルクライム




確かに急で短いけど楽じゃね~よ (TヘT)

距離にすれば3km程ですが勾配がきつく休みどころ無し・・・
でも、そのおかげでロングライドには小さ過ぎかと心配してた
フロントギアも目いっぱいな場面では精神的に不可欠と確信。
もう迷い無し!


ただ、山越えしてみて今一な点も判明。
ロックアウトの壊れたフロントサスは上りでモガクには動き過ぎて邪魔!
それとVブレーキ、下りで沢水を撒き上げたら一気に制動力が低下!
シューが古いのが原因かも知れませんがこれは恐ろしい・・・
この辺りは何とかしないとね。


備忘録として・・・
走行距離 : 60.03km
走行時間 : 3時間18分(休憩時間抜き)
平均速度 : 18.19km/h
最高速度 : 50.99km/h


当日はこの倍以上走るわけですが足はともかく
多分お尻が持ちません・・・





Category: タイカブ  

カブ50のキャブレターOH

ガレージ掃除でエンジンが掛からない事が発覚したカブ50。
つい先日まで掛かってたような気がしてましたが
よくよく調べてみたら最後に掛けたのは2014年の秋?
そうなるとすでに2年は経ってる事に・・・




緑のガソリン・・・




これはキャブレターに問題ありだろう・・・
って事で手始めにドレンボルトを緩めてみたら
甘ったるい独特の臭いと共に緑色の液体が出てきました。




緑化したキャブ内部




フロートケースを開けてみると中は一面緑色!
各ジェット類には緑青の大きな結晶まで付着・・・
とくにスロージェットは目詰まりが酷く荷札のワイヤーくらいでは
歯が立たずドリルやマチ針を駆使して何とか貫通させました。
たしかうちにやって来る前からチョークを引かないと
エンジンが掛からないしアイドリングも続かないと聞いてたので
その時からすでに詰まってたのかも知れません。




キャブ パーツ洗浄




バラした部品をキャブクリーナーに漬込み出来るだけ綺麗に洗浄。
結晶化した緑青はちょっと擦ったくらいでは落ちないので
マイナスドライバーなどで根気よく削り落とす羽目に・・・
「長期間、動かさない場合はキャブからガソリンを抜いとけ」
と言うのもこうなってみると納得です。
ちなみに、各ジェットの番手は「MJ:#72 SJ:#35」。
排気量が倍近くあるタイカブ(MJ:#70 SJ:#42)よりもMJは大きいです。




カブ50 復活




OH後は何事も無かったように一発始動 ♪
メカノイズも少なくエンジンの調子は上々のようです。
それにしても・・・
50って力もスピードも出ませんね~
でも、(たぶん)これが普通なんだ w





Category: ガレージライフ  

発電機 vs 掃除機

先日の事・・・
近所のおっちゃんが発電機を動かしてたので何やってるのか
見に行ってみると繋いだ掃除機でガレージ掃除をしてました。

!?

以前、うちのガレージ(電気・水道なし)でもそれをやろうとしましたが
掃除機のスイッチを入れた途端に過電流防止装置が働き
動かす事が出来なかったのに何でおっちゃんのは動いてるんだ!?
発電能力はおっちゃん(4kVA)のやつよりうち(9kVA)の方が上なのに・・・
って事で試しにもう一度再挑戦。




掃除機導入成功




しばらく暖気してから掃除機を繋いでみたところ
一瞬止まりかけましたがすぐに回復!
なんと使えるじゃありませんか ♪
前回も確か同じ掃除機だったはずなのに不思議だ・・・
こんな事ならもっと早くに試し直せば良かったです。
シャッターの隙間から吹き込んだ細かな埃が
動くたび舞い上がりそれを吸い込むと体に悪そうだったので
掃除機を使う事が出来れば作業環境の改善に一役立ちそうです。

ちなみに、カブ50・・・
掃除の邪魔なんで移動したついでにたまにはエンジン掛けとくか
って事で始動を試みましたがまったく掛かる気配がありません・・・




モリアオガエルと発電機




発電機の設置場所はガレージ内だと一酸化炭素中毒に
なりそうだったので窓枠近くの屋外にしましたが
そこには熟睡してるモリアオガエルの姿・・・
寝てるとこ邪魔してすいませんね~
ちなみに、ヘビもいましたがそっちは自粛しときます。





Category: カメラ  

写真三人展「鳥・祭・景」

GW最終日、ようやくうちにもお休みが回ってきたので
相川・京町通りで開催されてる写真三人展
「鳥・祭・景」を見に行ってきました。
自分が一眼カメラを手にするきっかけとなった人たちも
絡んでるので話を聞いた時から楽しみにしてた催しです。

まずは世界遺産・構成資産候補の一つ「北沢選鉱場跡」からスタート。
目的地の京町通りはこの上に位置します。




世界遺産候補 その1


世界遺産候補 その2




新緑に覆われたコンクリートの巨大な廃墟は
「天空の城ラピュタ」を想わせるよう・・・
ジブリ好きな人ならピンとくると思いますが
こんな所が相川地区には沢山あります。




登坂開始




さて、今回の相棒は小回りが利くBD-1。
京町通りはクルマが交差するのも難しく駐車スペースも限られてる・・・
それに上り坂だしロングライドの練習にもちょうどイイかなと。




鐘楼下


海への近道


京町通り




京町通りは文字通り京都の商人が住んでいた事が名前の由来で
軒の低い町家が上から下までびっしりと並んでます。
茶色を基調とした景観づくりが効いてますね。




其蜩庵 到着




程なく展示会場の「其蜩庵」に到着。
こちらは手づくり工房となっており庵主の「裂き織」や
島内作家のガラス細工や陶芸品などが並んでました。
昔ながらの町家を活かした店内は落ち着いた感じで
その奥の座敷が今回の展示場。




其蜩庵


三人展




作品を展示してる三人はそれぞれが独自の目線で
今の佐渡を切り撮りブログにて公開を続けてますが
大判の写真で見るとPC上のそれとはまた違う印象を受けました。

奇楽庵」、「四季の佐渡+α」、「ガシマ2 -photo Life-




三人展 絵葉書




最近、重いしかさばるし・・・
なんてのを言い訳に一眼カメラの利用頻度が減ってましたが
そんなヘタレな事じゃいかんですね!
自分は何がしたかったんだろう?
あらためて初心に戻る良いキッカケになりました。
都合を付けてまた見に行きたいと思います。





Category: ガレージライフ  

コロナ ファンヒーターの修理 備忘録

五月らしい青空続きの佐渡地方。
日中の気温は20℃を超え陽の当たる場所では汗ばむくらい・・・
こうなるとストーブやファンヒーターはそろそろお役御免となりますが
早朝は冷え込む事もあるので今しばらくはそのままに。
そのファンヒーター(コロナ製)、少し前からエラーメッセージ「E4」が
頻繁に出るようになりその都度再点火で凌いでましたが
いよいよエラーメッセージ「E0」が現れ点火不能に。


で、仕方なく掃除も兼ねてバラしてみることに。
ファンヒーターがちょこちょこ消える原因の多くは炎検知器に
付着した白い酸化物なので多分今回もそれかなと・・・




コロナ ファンヒーター 分解


コロナ ファンヒーター 分解2




まずは各パネル(トップ・サイド・バック)、操作パネル、送風ファンを取り外し
バーナー上部のフードを外せる状態にまでバラします。
ダイニチ製はバーナー部へのアプローチが楽なんですがそれに比べるとかなり面倒・・・
ちなみに、灯油タンクは隙間に溜まったゴミを掃除する際
細かな埃が給油ラインに入らないよう空にしてから装着しておきました。




埃まみれの送風ファン 




送風ファンはこんな感じ・・・↑
バーナー部に問題が無くても埃はすぐに溜まるので定期的な掃除をお勧めします。


さて、フードを外したらいよいよ核心部に到達。
上から覗いてみると・・・何かある!




点火不良の原因




怪しい黒い物体(赤丸内)が炎検知器にくっついてる!
どうやらこれがトラブルの原因だったみたいですね~
取り除いてみると軽い炭の様・・・
例えるなら「へび花火」の燃えカスみたいな感じでしょうか。
なんでこんな物が出来るのか不思議です。




点火プラグ


炎検知器




黒い物体を取り除きバーナー周辺をきれいにしたら
ついでに炎検知器と点火プラグも引き抜いて掃除。
とくに点火プラグは先端に硬い物が焼き付いてたので
ヤスリとペーパーで念入りに整えておきました。


その後、修正が済んだら外した手順と逆に組み直して試運転。
物が火器なので万が一に備え消火器を用意して屋外で・・・




試運転




結果は良好!
これでまたしばらくは使えそうです。






Category: 自転車  

佐渡ロングライドの足慣らし

今月の21日に開催される「2017 佐渡ロングライド210」。
今年も自転車スタッフとして参加予定ですが大丈夫かオレ!?
って事で機材・エンジン、共に少しずつ慣らし運転・・・
まずは平場をぐるっと回ってきました。




土手のタンポポ




いよいよ田植えの始まった国仲平野では
黄色いタンポポが緑の畦と青い空に映えてました。
遠くの山が紫がかって見えるのは新芽が出始めるこの時期ならでは。
これから一気に新緑の勢いが増していきます。




奇楽庵




10kmほど走ったところで奇楽庵に立ち寄りコーヒーブレイク。
趣味の多い庵主と話してるといつも新しい「へぇ~」
がありますが今回の注目は写真展の話。
庵主やリンクしてもらってる華さんも絡んだ「三人展」。
展示場所は坂の上・・・
相川・京町通りにあるという「其蜩庵」。
近いうち慣らしも兼ねて自転車で見に行こうと思います。




田植え直前の国仲平野


堰堤の菜の花




さて、今回ロングライドに投入予定の「ピンクヘッド号」ですが
思ったより漕ぎが軽いのは嬉しい誤算。
小さなフロント(30T)が利いてるようです。
その反面、足を鬼のように回さないとスピードは出ません・・・
フロントを32Tか34Tあたりにするといいのかな?
漕ぎの軽さを取るかスピードを取るかその辺りが「1×9」の悩みどころ。
鳥や花を眺めるだけなら悩む事もないんですけど・・・






1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >