Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 06 2017

Category: ダックス  

マフラーステー 耐震テスト 

梅雨入りしても雨が少ない佐渡地方。
後になってから帳尻合わせで長雨になると困るので
今のうちに梅雨の晴れ間を有効活用。
先日、溶接加工したダックスのマフラーステーですが
取付けたまま試してなかったので実際に走ってみることに。




両津湾遠望




向かった先は凸凹路面がテスト向きな「大佐渡スカイライン」。
航空自衛隊の分屯基地がある金井側の防衛道路は
刻みが入った硬いコンクリート舗装なので
溶接個所には程よいストレスとなるんじないかなと。




つつじ平


ガメラレーダーと山つつじ




ガメラレーダー直下の「つつじ平」では軽くお花見トレッキング。
花のピークはやや過ぎてましたが深緑に映えて十分奇麗でした。
ちなみに、赤↓が撮影ポイント(妙見山)になります。




マフラーステー溶接後




さて、マフラーステーの方ですが結果的には問題なし。
まだ数十キロしか走ってないんで安心は出来ませんが
すぐに割れてしまうような事はなさそうです。
ただ、素人作業なんでいつ割れても大事に至らないよう
保険的にワイヤリングしておくと安心かな?





Category: カメラ  

2017'ホタル

新潟県を含む北陸三県が本日梅雨入り。
例年よりだいぶ遅めの梅雨入りとなりましたが
これでぼんやりしてた季節の変わり目に一区切り、
あとは早い梅雨明けを願うばかりです。

その数日前、今年も近くの川にホタルが飛び始めた
と耳にしたのでホタル狩り(撮り)に出掛けてきました。




ホタル1




足は威圧感が少なく小回りが利くモンキー。
撮影ポイントにはホタルの生殖活動はもとより他の撮影者の
邪魔にならないよう遠くからエンジンを切って接近・・・
常時点灯式のライトってこんな時は不便です w




ホタル5




ホタルの撮影はシャッタースピードを遅くして撮りますが
車の往来がけっこうあるのでなかなか上手くいきません。
中にはブレーキランプやウインカーをわざと点滅させたり
懐中電灯を大騒ぎしながら振り回す輩も・・・




ホタル2


ホタル3




それでも、余計な光が入り込まない状況を見計らい
何枚か撮影出来たのでなんとかそれらしい雰囲気は出せたかな。
ちなみに、前回撮影に来たのは2013年だからもう4年前!?
ついこの間と思ってましたが月日が経つのは早いものです。




ホタル4




それにしてもいっぱい飛んでました。
とくに薄暮を過ぎた時間帯は乱舞といっていいほど・・・
こっちの水は甘いのか!?





Category: ツーリング  

唯一無二の「ばらロード」

だらだら続く初夏の佐渡南部・小木半島ツーリングレポ・・・
小木の「カフェ&南書店 日和山」でのんびりした後は
昨年、見頃を逃した「ばらロード」へ。
小木から真野へ向かう国道350線の途中、
小比叡を過ぎた辺りで右折し羽茂方面に下ると
鈴鹿の300Rみたいなコーナーの両脇に見事な赤バリア・・・




ばらロード 4


ばらロード 3


ばらロード 1




今年は当てました ♪
見える前から香りが漂ってくる程!
枯れたばらもそれなりに楽しめましたがやっぱりコッチがイイですね。


う~ん・・・


それにしてもお見事!
島内でも個人の庭先やバラ園で楽しむ事は出来ますが
バイクやクルマに乗ったままとなると唯一無二。
青い空に白い雲、柿畑の新緑に杉の深緑・・・
この時期、ココだけでしか出会えない素晴らしい眺めです。




ヒルハマガオ




ハマヒルガオもイイね。
次回はアジサイが咲く頃に再訪したいと思います。





Category: ツーリング  

「日和山」で未来のガレージを考える

初夏の佐渡南部・小木半島ツーリング。
静かな入り江で癒された後は気になるお店「日和山」へ。




日和山 3




場所は小木港に近い商店街の一角。
古い町家をリフォームした店内にはカフェと小さな本屋さんがあり
洒落た雑貨なんかもいくつか置いてありました。


う~ん・・・


うちのガレージもこんな感じにならんかね~
骨組みはこんなもんなんで照明器具で化けるかな?




日和山 1




残念ながらお目当ての雑誌はありませんでしたが
ちょうどお昼時だったのでここでランチ休憩。
「桜のチップで燻製した鶏肉のサンドイッチ」
だったかな?
ツーリングでは眺めの良い屋外で食べるのが定番でしたが
たまにはこんなパターンもイイでしょう。




日和山 2




ちなみに、欲しかった雑誌はコレ↓




パスマガジン 佐渡・粟島




後日、手に入れましたが表紙が気持ち良さげ~ ♪
小洒落たお店がいくつか載ってたりして記事も面白かったです。
その中にはこの「日和山」も写真入りで紹介されてましたが
空き家を活かした個性的なお店がここに来て増えましたね~
ガレージいじりの参考にしたいので
機会があればいくつか訪ねてみたいと思います。





Category: ツーリング  

虫谷地区の静かな入り江

初夏の佐渡南部・小木半島ツーリング。
素浜でRCグライダーを見た後は沢埼経由で小木港方面へ。
「佐渡ロングライド」のAコース(210km)を逆に辿ってみましたが
このゾーン、あらためて思いますが自転車じゃツライわ~
自分が走ってる姿を想像しただけですでにツライ w




初夏の沢埼灯台




沢埼灯台で一休みした後は景観保存地区の「宿根木地区」へ。
と思ってましたが観光バスが並んでたので今回はパス・・・
その代わり虫谷地区にある静かな入り江へ。




虫谷の入り江 3


虫谷の入り江 2


虫谷の入り江 1


虫谷の入り江 4



この入り江、以前訪ねた「青の洞窟」と共に近年知名度上昇中で
この日も続々と遊覧船が訪れてました。
どちらも条件によって変化する海の青さが魅力的ですが
こちらの方が黒い溶岩や木々とのコントラストは
四季折々で楽しめるかも知れません。

いつかカヌーで訪れてみたいと思ってますが
凄い勢いで走り抜ける遊覧船が怖いので思案中・・・
引き波の力はバカに出来ないので沈した時の事も考え
安全第一で準備を進めなければなりません。
それでもやっぱり水面からの景色を見てみたいな~





Category: ツーリング  

目撃!ハンドランチグライダー

季節の移ろいにターボが掛かりつつある今日この頃。
せっかくの晴れた休日にガレージ籠りはないだろう・・・
って事で久しぶりに佐渡の南部・小木半島を回ってきました。
前から一度行ってみたかったお店「日和山」や穴場観光スポット、
それに昨年は見頃を逃した「ばらロード」もありますからね。

足はBOX積んだXLR。
気になるお店「日和山」にはカフェや本屋が併設されてるそうなので
探してた雑誌があったら買って帰ろうって算段です。




双眼鏡で何を見る




今回はカメラに加え双眼鏡も持参。
これ、カワセミ観察に使ってますがビーチコーミングにも利くんですよね~
浜辺に漂着した良さげなプラケースに走り寄ってみたらバックリ割れてた・・・
なんていう悲しく辛い無駄足が減りました w


で、今回もポイントを変えながら双眼鏡を覗いてたら何か飛んでる!?




RCグライダー




正体はRCグライダー。
海から砂山の斜面を吹き上がるサーマルを上手く使い
音もなく気持ち良さげにフライトを楽しんでました。
せっかくの機会なんでちょっとお話させて頂きましたが
今時の機材が進化してる事に驚嘆!
サーボやバッテリーの小さいこと小さいこと。
うちのも小さいと思ってたけどその比じゃないし
離陸もモーターやエンジンを使わずハンドランチでいけるんですね~
メカメカしいドローンは今一好きになれませんでしたが
これは機会があれば挑戦してみたいです。



う~ん・・・



まずいもん見た w





Category: ダックス  

マフラーステー改造 100V溶接機でやってみる

継ぎ足し部品の切り出しまで済ませたマフラーステー改造
次はいよいよ溶接作業に入りますが突合せ部分を面取りし
「X」状にすると溶接棒が溶け込みやすくなり
両面から溶接すれば強度も期待出来るそうなので試してみる事に。




面取り




まずは片面をバチバチっと溶接。




片面溶接完了




さらに裏返してもう片面も溶接。




100溶接機 裏面


溶接完了?




上手くいったように見えてもスラグを落としてみたら溶け込みが甘かった・・・
なんて事も多々ありますが滅げずに作業を繰り返す事でカバー。
そこそこになったらサンダーでキレイに均し溶接作業は完了です。




溶接面の均し




今回使ったのは家庭用電源(100V)で使えるアーク溶接機。




100V溶接機




ホンダZのエキパイ修理用に購入してから早10年・・・
その間、タオルハンガー修理など数える程しか使ってませんが
いつもやってみて思うのはスタート位置がよく見えない!
付属のウチワみたいな溶接面は遮光板が真っ暗なので
慣れてこないと母材と溶接棒がすぐにくっ付いてしまいます・・・
そこで、数年前から放っぽってあった「自動遮光溶接面」を投入。




自動遮光面




Daft Punk w

アーク発生の直前までスタート位置が見えるのでこれは便利!
両手が使えるってところも不慣れな素人には有利。
溶接棒がプルプル震えては上手くスタート出来ませんからね。




マフラーステー仮組




錆止めと上塗りを簡単に済ませたら早速装着。
前後の幅に余裕があるので多少エンジンが動いても
ステーに過大な負荷は掛からないし外れる事もないでしょう。




マフラーステー改造完了




今一な見た目も装着すれば問題なし w






Category: ダックス  

マフラーステー改造 下準備

エンジン換装後、だいぶ安心感が増してきたダックス。
普通に走る分に不満はとくにありませんが強いてあげれば
灯火系の発電量が脆弱なのともう一点・・・




危なっかしいマフラーステー




数ミリ車体に引っ掛かってるだけのマフラーステー。
長くなったエンジンに合わせる必要がありましたが
早く路上復帰させる事を優先した結果こんな始末に・・・
これではいつ外れてもおかしくありません。
実際、危ない事もありましたからね・・・


で、予てからやろうと思ってたステー改造にようやく着手。
根元から切り取って新設するのが一番スマートなんでしょうが今回はパス・・・
自分の溶接技量じゃ不安があるので肝心なところはそのままに
強度を落とさず落下だけ防ぐ継ぎ足し作戦でいきます。




型紙作成




まずは段ボールで大まかな形を決めたら金属プレートに転写。




型紙写し


切り出し




継ぎ足し用の部材取りに使ったのは建築金具「Z 羽子板」。
ホームセンターで3mm厚の鉄板を探し回りましたが
これが一番安いし最初から丸穴が開いてるので加工の手間も省け一石二鳥。
残った部材も長ボルト付きなので後々何かに使えるかも?
ちなみに、材質は強度区分4.6相当の炭素鋼との事ですが
マフラーステーくらいなら多分大丈夫でしょう・・・




切り出し完了




見た目より機能優先で前後の動きに余裕を持たせた長穴形状。
ラバーマウントのエンジンは走行中にけっこう動きますからね。
そういう意味でも本来ならもっと早くに対処しとくべきでした・・・
今まで外れなかったのが不思議なくらいです (゚_゚i)







12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >