FC2ブログ

Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 11 2017

Category: ホンダZ  

漂着船の傍らで

ウインカー点検整備のテストドライブ。
当日は寒かったものの久しぶりに青空が覗いたので
気分良く小木半島に向け足を延ばすことに。
冷たい空気が効いてるのかエンジンも心なしか元気で
普段は3速に落とす「七曲り」の上りも4速のままクリア。
腰上OHする前はモクモク白煙吐くのが当たり前だったのに・・・
なんだか怖いくらいです・・・


さて、小木半島の先端「沢崎灯台」に向かう予定でしたが
今話題の「木造船」が羽茂付近に流れ着いたニュースを思い出し
途中で国道を逸れ一路羽茂港へ。




不審船とホンダZ




木造船が陸揚げされてる羽茂港に到着。
港まで家から約30km程ありましたがウインカー操作は左3回/右0回・・・
ちっともテストドライブになってません w




不審な2台


木造船とホンダZ




たぶん北からやって来たと思われますがここ最近の漂着件数は驚くばかりで
能登から北海道まで日本海沿岸で連日発見されてます。
実際に見るのは2年ぶりですが大きさと造りは前回とほぼ同じかな?
ちなみに、この船には最初からエンジンが無かったらしく
いったい何の目的で沖に出たのかどこから流れ着いたのか謎だらけです。




タイヤの余生




船首や船体横に緩衝材として使われているのは古タイヤ。
キャビンは薄っぺらなトタン張りでネジはよく見るとすべてマイナスネジ。
70~80年代に作られた船だと伝え聞きますが
物を大事に使ってるあたりは好感が持てます。
ただ、お国の事情なんでしょうがこんな船で荒れた日本海に出るのは無謀でしょう・・・
そんな人たちが豊かで平和に暮らせる事になるよう願ってますが
最近の日本を見てるとどっちが良いのか・・・





Category: ホンダZ  

ウインカーオートキャンセラーの点検整備

鉄は熱いうちに打て!
という事で寒さに負けずガレージ作業。
ちょっと前から気になっていたホンダZのウインカーレバーですが
左に曲がる際、ハンドルを前もって少し左に切らないと
ウインカーレバーが硬くて入らない事があったり
右はすんなり入るけど今度はオートリターンが効かず
ウインカーが点きっ放しになったりと今一な感じ・・・
症状が出始めたのはステアリングラックの修理を終えた頃からか?

で、何となくこんな症状の話をどこかで見たような気がして
ネオライフさんのHPを見直してみたところそれらしき記事を発見!
どうやらハンドルボスの取付け角度がいい加減だとダメらしい・・・
多分、これだなって事で早速外してみると。




ウインカーキャンセラーの不具合




ビンゴ!絵に描いたようなミス・・・
キャンセルキー上面にある二つの凸が水平位置(赤線)にあるはずですが
うちのは45度近く斜め(黄線)になっておりました。
どうやらステアリングラックの修理に没頭するあまり
この辺に気付かず適当に組んでしまったみたいです。




オートリターンシステム


ダボ付きリング




無事、原因が分かったので組み直しますがせっかくなので
ガム状になったグリスを除去し新たにグリスアップ。
ネカネカした動きからキレと粘りがイイ感じの動きになりました。




接点グリス




クラクション用の接点部分にはタミヤの接点グリス、
もう何十年も前の物ですが大丈夫か?
当時のラジコンは今みたいにアンプではなくコイルとアームの
移動接点式でスピードコントロールしてたのが懐かしいな~
お台場では復刻モデルが多数展示されてましたが
その辺りはどうなってたのか今更ですが気になるところです。

さて、各部品を正規の位置に戻したらテストドライブ。




ウインカーキャンセラー テスト




うっかり交差点の少ない海岸線を選んでしまったため
ウインカーの出番は少なかったですが操作した限りでは問題ナシ。
グリスアップ効果も覿面で動きがスムーズに♪
初めてZに乗った時、ウインカーにオートキャンセラーが付いていて
「古いクルマなのに大したもんだ」
と感心したのをあらためて思い出しました。





Category: ガレージライフ  

お台場旧車天国2017 多角的見聞録

東京から戻り早一週間が経とうとしております。
が、今週の佐渡は今一なお天気続きで冷え込みも厳しく
せっかくお台場で熱くなったガレージ魂も凍えそう・・・
つい先日まで青空の下に居たのがウソみたいです。
そこで、今一度熱くなるためにホンダZ以外で気になった
クルマやバイクを見直してみる事に。

まずは2輪から。




MTX200 フロント


MTX200 リア




「MTX200R」
まず何がイイって色がイイ w
会場内では多少浮いてる感もありましたが目立ってました。
スタイルもうちのXLRに時代が近い事もあり親近感を覚えます。
最近はこの手の大きな四角いライトって見なくなりましたね~




ミニRZ




「RZ250 MINI」?
これ、見た目のバランスが好みの一台です。
細部の作りは元々こうだったと思わせる程自然な仕上がりですが
ここに至るまで相当苦労されたであろう事は容易に想像されます。
bunさんのTDRやポッケにも通じるところがありますが
ヤマハ車はこの手の改造がハマりますね。




マニア向け・・・




もう錆び具合以外は何が凄いのか分からない一台・・・
見る人が見ればお宝なんでしょうが自分はまだその域に達してません。
ただ、こういうのも嫌いじゃない・・・
むしろ好きになりつつあります。
昔の自分だったら綺麗に錆を落として塗り直す事しか
考えなかったと思いますが今はそれをよしとしない自分が居ます。
ちょっとヤバいかも?



お次は4輪、他にもお宝級のモンキーをはじめ凄い2輪はいっぱいあったし
3輪もありましたがキリが無いので割愛 w




S


羽根付きヨーロッパ


べレット




基本、ノーマル好きですがカフェレーサーが大好き♪
うちのホンダZも出来ればカフェレーサーに・・・
と思ってるのはココだけの秘密です。




ロータスいっぱい




憧れの「ロータスヨーロッパ」
凄いんだけどこれだけ居並ぶと感動が薄れるのはなぜ!?
もう天国の雰囲気にのまれおかしくなってたんでしょうね。




コリニオ


S600エンジン


コリニオ集結




「コリニオ」
ホンダS600がベースのカスタムカーで3台が集結するのは稀だそう。
レストアの様子もパネル展示されてましたがマニアの情熱恐るべし!
困難にぶち当たっても夢に向かって前進あるのみ・・・
こういうのが本当のドリームカー!?
少し見習いたいと思います。




インターセプター




「インターセプターⅤ8」
先日、バブルシールドの一件で映画を見直したばかりなので感慨も一塩です。
まず、想像してたよりもデカい!
エンジンを掛けてのデモンストレーションでは
スーパーチャージャーの甲高い回転音キターーーーーー♪
こんなのに後ろから突かれたらトーカッターが逃げ切れないのも納得です。


う~ん、何となくガレージ魂が熱くなってきた!
今度の休みは久しぶりにシャッターを開けてみようと思います。





Category: ガレージライフ  

お台場旧車天国2017 近視眼的見聞録 

先週末、真冬並みの寒気から逃れるように東京方面へ出掛けてきました。
寒冷前線の影響で出発前に風が強まり一時は船が出るかも危ぶまれましたが
日頃の行いが良かったようで最終便(19:30発)は無事出航。
その後、新潟からは夜行バス(23:30発)と電車を乗り継ぎ
「お台場旧車天国2017」が開催されてるお台場へ。




ゆりかもめ乗車


2017 お台場旧車天国




朝は今季一番の冷え込みだったそうですが晴れてるだけで文句なし!
日本海側のそれに比べたら楽なもんです。
同じ頃、後から聞いたら佐渡では雪が降ってたらしい・・・
言いたかないけどこの青空が羨ましい~


さて、初めて訪れた大規模旧車イベントですが想像以上の盛況ぶりで
駅を降りるとすでに入場待ちの長い行列・・・
正直、甘く見てました。
会場スペースも広大でゆっくり見てたらとても全部は回り切れません。
フリマコーナーではダックスのフレームや気になる物も
いくつか見つけましたが荷物になるので泣く泣くパス・・・
でも、我慢するには徒歩でちょうど良かったかも?
そうじゃなかったら雰囲気にのまれ散財してた事間違いなしです。

もちろんクルマやバイクの方もいっぱいありました。
色んなジャンル、状態、の物があって圧巻の一言!
イベント名に天国が入る辺りは伊達じゃありません。
それも旧車好きに限りますけどね w

そんな数ある中で気になったクルマは・・・




空冷Z FOR SALE


水冷Z GS


水冷Zの鼻


水冷Z GSS


マツさんZ


空冷Zの鼻


バーナー常備



自分の目に映ったのはこんなとこでしょうか。

とくにマツさんの空冷Zを見つけた時は嬉しかったですね~
エントリーしてるとは知らなかったのでビックリ!
前々からネット上ではお付き合いがあり空冷Zのレストア進行状況も
遂次拝見してたのでまさかここでお会い出来るとは。
さらにマツさんとおしゃべりしてるとそこへ現れたのはStar Riseさん。
Zいじりではネットを介し色々お世話になっていたのでこれまたビックリ!
エンジンブローした時、無事に修理出来たのは排気バルブを
ご提供頂けたStar Riseさんのおかげです。
小さなホンダZですが仲間を引き寄せる引力は大きいですね。

それにしてもマツさんのホンダZは想像以上の出来栄えでした。
やればここまで出来るんだというお手本を目の前に
お二人から色々タメになる話や与太話も聞けて
短い間ではありましたが充実した時間を過ごす事が出来ました。
淹れて頂いたあったかいコーヒーも美味しかった~
さっそくうちのZもバーナー常備を検討です。

「お台場旧車天国」、ちょっと無理しましたが行って良かった♪
ホント、イイ刺激頂きました。






Category: ヒトリゴト  

東京遊覧シュミレート

日本上空に停滞してる寒波の影響で全国的に冷え込んだ今朝。
こちら佐渡の山にも雪が降り尾根付近には白い冠雪!
いよいよこの季節がやって来ました・・・
全く冬眠するつもりはありませんがこうなると少し凹みますね。




大佐渡山脈に冠雪


大佐渡スカイライン冬季閉鎖




先日、上ったばかりの大佐渡スカイラインドンデン線
積雪のため今日からしばらくは通行止め・・・
今週末はさらに冷え込むらしいのでこのまま冬季閉鎖になるかも知れません。



さて、話変わって私事ですが今週末から東京方面に出掛けてきます。
トンネルの向こうはこっちと違って暖かいんだろうな~
と期待してたのに週末からは関東方面も真冬並みの寒さとか・・・
でも、せっかく行くんで色々回って来ようと思ってます。
中でも楽しみにしてるのがちょうどお台場で開催される「お台場旧車天国」!
前々から興味はありましたがこちらに居ては縁がないものと
半分あきらめていたのでこの機会を逃す手はないでしょう。

そんな予定なんでここ数日は出発前に体調を崩さないよう
夜はおとなしく宅飲みしながら行動計画を練ってますが
宿や電車を手配するにあたり驚いたのが今はネットが便利って事。
何を今さらって感じですが奇楽庵氏に聞かなかったら知らなかった・・・
「えきねっと」なんて新幹線の料金が条件さえ合えば半額!
ホント、目からウロコって感じです。




銀杏とゆず味噌




先日の台風で落下した銀杏の実、軽く塩を付けて食べるとコップ酒が止まらない♪
在京時間には限りがあるので何パターンか脳内シュミレートしてますが
チビチビやりながらのこんな時間が案外楽しいのかも知れません。
ただ、いかんせん何年も行ってないので電車移動の時間が読めない・・・
今はスマホに便利なアプリがあるんで上手く使えば
お上りさんでもスムーズに移動出来るそうですが・・・
モバイルスイカとか使いこなせるかオレ?





Category: ツーリング  

ウソ?ホント?佐渡から富士山が見える!?

またまた晴れの休みがキターーーーーー♪
って事で二週続けてのバイクツーリング。
前々から行きたいと思ってた大佐渡スカイラインに上ってきました。
これから先、いつ冬季閉鎖になってもおかしくないし
寒さが増すとバイクの出番が減りますからね。




ガメラと冬枯れ




山の中腹から上はすでに冬枯れ状態。
ガードレールにはガメラレーダーへ向かう雪上車などが
積雪時に道幅を確認するための長いポールが設置されてました。
次にここを訪れるのはカタクリの花が咲く来年4月下旬頃かな?




白雲台




走り始めて約30分で国仲平野を一望出来る白雲台に到着。
この時期にしては穏やかなお天気でしたがそこは山、
さらには暖を取るつもりだった売店がシーズン終了で
心身ともにすっかり冷えてしまいました・・・
ただ、眺めだけは文句なしで普段は見えない本土の山並みまでが一望!
こんなのは年に数回あるかないかだと思います。




白雲台からのパノラマ




↑ 白雲台からのパノラマ写真(クリックすると見れるはず・・・)。
小佐渡の向うに本土の山並みが迫る景色は圧巻でした。
画像で見ると今一ですけど・・・




金北山の肩越しに鳥海山




↑ 向かって一番左には金北山の肩越しに富士山・・・ではなく鳥海山。
秋田と山形の県境にそびえ立つ独立峰で佐渡からの距離は約150kmくらいかな?
その山容から「出羽富士」とか「秋田富士」と呼ばれるそうですが
頭が白いとそれも納得の見た目ですね。




両津湾越しの朝日連峰




↑ 両津湾越しに見えるのは新潟市内と飯豊(左)・朝日(右)連峰。




弥彦越しの谷川岳




↑ 弥彦山や角田山の奥に薄っすら見えるのは分水嶺の谷川岳方面。
小佐渡山中の尾根に見える二本の電波中継塔は先日行った女神山




真野湾越の北アルプス




↑ 向かって右側は鏡のような真野湾越しに妙高山(左)と北アルプス(右)。
妙高方面の山々はけっこう見えますが立山方面まで見えるのは稀!
さらに視界を右に向けると薄っすら能登半島の姿も。
以前、佐渡から富士山が見えると聞いた事がありますが
こんなに見えるとまんざら嘘じゃないのかも?




みえます判定




信じてみたくなりますね~





Category: タイカブ  

ランガンスタイル

雨の日の休日が続いた10月後半から一転!
ようやく晴れの休みがキターーーーーー♪
って事で前夜は色々予定を立てながら眠りにつきましたが
うっかり寝坊してしまい早々に計画倒れ・・・
そこで、いくつかの予定をまとめて実行することに。

タコ獲りツーリング!




タコハンターカブ




タイカブでポイントを移動しながら外海府を北上していくランガンスタイル。
予定では岩場に潜むタコを片っ端からゲットする作戦でしたが
どうもこの日はみんな揃ってお出掛けしてたみたいで・・・




片辺大橋




まぁ、ポイントの開拓も兼ねてたので悔しくはありません・・・

で、帰る事にしましたが元来た道を戻るのもつまらないし
せっかく外海府まで足を延ばしたので
入川からデンデン山経由で国仲方面へ戻ることに。
大佐渡山脈をショートカットするこのルートは通った事がないし
「入川渓谷の紅葉はそりゃ~見事だぞ」
と前々から聞いていたのでちょうどいい機会かと。




入川渓谷入口




まずは入口の警告看板に「通行止め」の文字が無いのを確認。
ドンデン山頂から入川方面に続くこの道は大雨や強風により
土砂崩れや落石、倒木などが多発するので
事前に通行止めになってないか確かめておくのが無難です。




入川の紅葉




川から離れる辺りからは狭く曲がりくねった道路が山頂まで続きます。
ちなみに、入川渓谷の見所ですが序盤が山場だったようで
気が付いた頃には遅かった・・・
山頂付近はほとんど枯れ木になってました。




杉葉地獄




路面は台風の影響か落ち葉で凄い事になっており
つるっと滑ってヒヤッとする場面も何度か・・・汗
放牧された牛たちによる地雷原もあるそうなので気が抜けません。
所々川のようになってる場所もありましたがそこはタイカブ、
更にはチェストハイのウェーダーにゴアテックスの雨合羽、
じゃぶじゃぶ突き進んでも苦にならない w
むしろ開き直ったら楽しいくらいでした。
トイレさえ我慢出来れば最強!?




防水仕様




けっして怪しい者ではありません・・・




振り向けば外海府




峠付近からは眼下に入川集落と日本海が望めます。
ここまで何回か写真撮ったり休みながらで約40分・・・
家に帰るなら素直に元来た道を走った方が断然早い事が判明 w
けど走って面白いのは間違いなくコッチ!
何度も見てる国仲平野も峠を越えて見ると格別の感がありました。




タイカブ、峠を越える




ところで、今回初めて相川側(入川)からドンデン経由で両津側(梅津)に
抜けて気が付いたのがカーブミラーの番号標識。
あれって両津側の「1」から始まり相川側まで峠越しの通し番号だったんですね。
てっきり山頂あたりが最終番号(50くらいだったかな?)だと思ってました。
相川側で最初に気付いたのが「120」だったので多分もうちょっとあると
思いますがこれは意外な発見でした。




カーブミラーの通し番号




それと、セーラームーンに向こうを張った魔法の杖(タコゆすり棒)。
遠心クラッチだから良かったものの峠では物凄く邪魔 w
たまに見掛けますがロッドホルダーみたいな物を作って
手ぶらでいける方法を考えた方が良さそうです。




錦秋





Category: ガレージライフ  

BSアンテナ再々調整 備忘録

2週連続で雨の休日・・・台風のバカ野郎!
仕方なく先週録画しておいたBS番組でも見るかと
TVを点けてみたところ録れてない?
録画予約は毎週録画にしてたのに一体どうした?
で、BSチャンネルを見てみると画面に・・・


受信できません。アンテナの設定や調整を確認してください。(E202)


どうやら先の台風(21号)でアンテナに支障が出てたみたいですが
ほとんどTVを見ないので全く気付きませんでした・・・
で、風が収まるのを待ってアンテナ調整。
このあたり、3年前の経験を活かします。




インジケーター




まずは屋根に上ってBSアンテナの同軸ケーブルに
レベルインジケーターを接続。




インジケーター点灯




点灯するって事はズレてる証拠。
原因が判って嬉しいような悲しいような・・・
台風一過の青空と陽射しが今の自分には眩し過ぎます。




BSアンテナ微調整


ブチルテープ




インジケーターが消灯する位置でパラボラアンテナをガッチリ固定し直したら
インジケーターを取り外しブチルテープ&ビニールテープで防水処理。
これでしばらくは大丈夫かと思いますが度々強風が続くようだと
壁かベランダにアダプターで固定した方が良いのかも?
まぁ、そうなったらなったでまた考えましょう。




佐渡の秋




早く行かないと紅葉の見頃、終わっちゃう~ ε ~ε~┌(|||´Д`)ノ








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >