FC2ブログ

Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 08 2018

Category: ガレージライフ  

≪閲覧注意≫ ガレージの居候

久しぶりにまとまった雨となった佐渡地方。
これで猛暑も一段落といった感じですがどうなる事やら?
前線の動き次第ではかなりの雨が予想されるためまだ安心は出来ません。
それでも気温が少し下がってくれたのは良かったかな。
先日なんかは新潟の三条市で北陸地方初の40℃越え!
こちら佐渡でも38℃まで上がりましたからね~
あ~なるともう耐えられない!
常夏の島なんかまっぴら御免です。

そんな中、トップケース取り付け金具の手直しでもするかと
ガレージに向かいましたが奥の景色に若干の違和感・・・




カブに尻尾




「もう無理!暑過ぎ!真っ裸になるわ~」
とヘビが言ったかどうかは分かりませんが抜け殻がありました。
二年前にタイムスリップしたような不思議な感覚・・・
タイカブがカブ50に代わってますが前回とほぼ同じような状況です。
いつも覚悟だけはしてたのでそんなに驚きませんでしたが
やっぱりまだ居たのかと思うと微妙なところ・・・
ボンネットや工具箱を開けるのも命懸けです。




パーフェクト!




やったね!メーターオーバー w
巻き尺代わりに使えます。
それにしても前回の抜け殻はどこに仕舞ったっけ!?
パスタさんみたいに並べて比べようと思いましたが見つかりません・・・
何かに化けた!?






Category: モンキー  

猛暑対策

プラグ交換で調子を取り戻したNERVモンキー。
その後、近所の用足しや買い物の足として重宝してますが
調子が良くなると別のところに不満の矛先が・・・
ちょっとした荷物があるとバックを身に着けて出掛けますが
デイパックは背中が熱くなるしウエストバックは腹に食い込む w
この夏はもうそれが我慢ならんのです!

で、解決策としてトップケースを付けてみることに。




キャリアベース装着




こんな事もあろうかと用意していたGIVIのキャリアベース、
取り付けてみると車体が小さいので目立ちますね~
固定は付属の金具を使いますがキャリアが小さく後ろ側は
うまく収まらないのでステーを自作。




キャリアベース自作ステー




素材はダックスのシートレールに使った網戸用アルミレールの残りを流用。
キャリア先端の形状に合わせ台形に切り出し角は丸めて鏡面化。
取り付けたら見えなくなりますがこの辺は自己満全開です。




自作ステー鏡面化




しかし、いざ取り付けてみたらL字部分とテールランプとの隙間が極小!
そのままでは段差を通過した際ぶつかる事は必至なので逆に装着・・・泣




キャリアベースステー逆付け




5Lモンキーのキャリアと違い4Lモンキーのそれは軟なので
ナットも薄い物にしないとヤバそうですね~
重い物積んで段差を超えたらテールランプがきっと割れる・・・
この辺、早々に改良が必要そうです。






Category: ヒトリゴト  

暗闇セラピー

怒涛のお盆ウィークが終了・・・
田舎はどこでもそうだと思いますが帰省客や観光客を
迎える側なんで全く休まる暇がありません。
普段は人口減を嘆いてるんですけどね~
増えたら増えたで大変です w




ホンダZと火星




ガス抜きにホンダZで暗闇徘徊。
例年になく暑い佐渡ですが夜の田園地帯は天然クーラー♪
見上げれば天然プラネタリウムがどこまでも広がり
地球に最接近中の火星やペルセウス座流星群の流れ星に遭遇。
暴走気味の体内時計を整えるには一人ボケ~っとするのが効果的です。
余計な物が少なく自然が豊か・・・
やっぱり佐渡はイイな~






Category: ホンダZ  

スタビライザー点検再整備

先日、スタビライザーの不具合が見つかったホンダZ。
とりあえずボルトを締め直し見た目は元に戻りましたが
走ってみたところ歩道の段差を跨いだ際に変な音?
ガレージに戻って確認してみるとまたボルトが緩んでる!
回り止め金具は効いてるしどういうこと?
で、今度は全部バラして確認すると・・・




ナメボルト




ナメてる・・・



こんな状態なんで衝撃が加わるとズボッと抜けてしまうのか?
試しに山のしっかりしたボルトをねじ込んでみたところガッチリ締まって大丈夫そう・・・
でも、今一不安が拭い切れませんね~
穴の向こう側にボルトを咬ましたいところですが
エンジンハンガー側は袋状になっておりそれが出来ないので
今度ダメならボルト穴のサイズアップも考える必要がありそうです。




ゴムブッシュの継足し




ついでにゴムブッシュの欠損部分もしっかり作り直し。
素材はガレージに長らく転がってた謎のゴムブッシュを流用。
当初、この欠損はボルトの緩みに関係ないと思ってましたが
この隙間によるガタが長年積み重なっておかしくなったんじゃないかと・・・
ちなみに、ゴムの加工はノコギリなんかよりカッターや
彫刻刀を使った方が楽に切ることが出来きて作業効率が良いようです。




スタビライザーブッシュ継足し修理




作ったパーツを欠損部分に挟み込み新品ボルトで締め直したら再修理完了。
これでボルトが抜けてこなければイイんですけどね~
それが確認出来たらブッシュのヘタリ具合も酷いので
流用品が見つかり次第交換し直そうと思います。






1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >