FC2ブログ

Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 09 2019

Category: シャリー  

エンジン換装

夏の暑い時分から計画を練っていたシャリーの4速化。
ロンツー、林道、峠道、街乗り等々あちこち乗り回してみて
やっぱりオーバードライブ気味なギアがもう一つ欲しいな・・・
との結論に至ったので思い切ってエンジン交換。




エンジン下し




今回は腰下を割っての面倒なミッション交換は避けて
腰上だけ点検整備した4速エンジンにまるっと乗せ換えるだけ。
と言ってもやってみたら上手くいかない点もいくつか・・・
まぁ、何とかなったのでほぼ計画通りかな?




ジェネレーター交換




一番面倒だったのはジェネレーターの換装作業。
この際なんで一気に12V化してしまう選択もありましたが
今回はノーマルに付いてたジェネレーターを外して4速エンジンに流用。
シャリー復活にあたり6Vバッテリーを新品にしたばかりなんで・・・
それに電球やCDI、ホーンなどの電装一式も必要になるし・・・
出来るだけ手間と出費を省きます。
ちなみに、6VでもRクランクと同じ形状だったからこんな事が出来てますが
見るからに出力弱そうなコイルだわ~
4速エンジンに付いてる12Vのも似たようなもんだけど w
とりあえずバッテリーか電球がダメになるまでは6Vで様子見です。




4速化完了




エンジン換装後、オイルを入れて始動テスト。
ノーマルキャブとノーマルマフラーを元に戻して試してみると
ちゃんとアイドリングしてアクセルの動きにも全開まできっちり順応!
嬉しいけどこれでいいのか!?
計画通りならそんなはずないんだけど・・・





Category: ガレージライフ  

釜の底が抜ける・・・

ここにきて朝晩過ごし易くなりガレージ籠りも快適に。
そこで、いよいよシャリーのエンジン弄りをはじめようと
エアコンプレッサーの電源を入れたところでガレージ内から
いつもなら聞こえてこない微かな異音に気が付きました。

「シューーーーーーーー」

っと言う空気が漏れるような連続音。
自転車や車、バイクのタイヤは大丈夫だし一体どこから?
と耳を澄ませて出所を探ってみたところどうもエアコンプレッサー付近が怪しい。
よく見ると一杯に充填したはずの空気圧が随分下がってる!
前々から数日すると自然に抜けてはいましたが今回は早過ぎるので
タンクの底に手を当ててみると風を感じる・・・
エアコンプレッサーは使用後に水抜きしとかないとタンクが錆びて
底に穴が開く事があると聞いてはいましたがまさかそれ?
最悪、「天空の城ラピュタ」のように底が吹き飛ぶんじゃね!?




亀裂?錆穴?




さっそく軽く空気を充填してタンクの底面に石鹸水を吹きかけてみると
あろうことか底の一部から勢いよく泡立ってくるではありませんか~
で、漏れてる付近の塗装を剥いで確認してみると小さな亀裂らしきものを発見!
よく見ると栓をするように打ち込まれた?丸いリベット状の淵から空気が漏れてる?
錆で薄くなったのが原因じゃなかった点は良かったですが
どちらにせよこれは由々しき事態です。
それでも、この程度なら何とかなるかもとネットで先人の対処法を探ってみると
穴の大きさや状態にもよりますがタイヤのパンク修理材から大掛りな溶接まで多種多様・・・
エアコンプレッサーのトラブルってけっこう多いんですね。




エアコンプレッサー修理




その中から今回はやり直しが効きやすそうな「ロウ付け」を選択。
溶接は被害拡大の恐れが拭い切れないので最後の手段です・・・
結果はとりあえず漏れないくらいには修理出来ましたがちょっと心配。
熱の入れ過ぎで半田が患部に上手く流れず玉になって零れ落ちたり
失敗を何度も繰り返しましたがその辺りは以前の経験を生かして対処。
これで直れば最高ですが日頃のメンテナンスも再考しないといけませんね。
最初の頃は使用毎に水抜きしてたっけ・・・





Category: シャリー  

ドンデン山で考える

台風15号の通過以降、秋晴れが続いてる佐渡地方。
いつもと変わらない初秋の光景を目にする事が出来てますが
台風の進路次第ではどうなってたか・・・
遠隔地(離島)に住む者として未だに停電や断水、復旧作業が
遅れてる地域の状況を見てると他人事とは思えません。

佐渡島の電源は現在大小3つの火力発電に依存してますが
全て沿岸部にあるため地震で津波でも来たらみんなダメでしょうね・・・
その時、本土側にも大きな被害が発生してれば離島の復旧作業が後回しに
なるのは残念ながら想定内なので各戸での自衛手段が必至です。
移動手段としての自転車、食料調達手段としての釣り・・・
趣味も少しは活きるかな?
実際問題、現実に直面したらそう上手くはいかないでしょうけど・・・
とにかく被災地域におかれましては早期の復旧を願うばかりです。




ドンデン山の夜景




↑ 先日行って来た「ドンデン山」から見た佐渡の夜景。

一番明るく見える所は佐渡の玄関口である両津港周辺で
その奥には小佐渡の山並み越しに本土の弥彦山や角田山の
シルエットが薄っすらとですが確認出来ます。

ちなみに、この日上った目的は夜景でなくノーマルシャリーの登反力テスト。
キャブに「300円チューン」を施してから加速性が良くなり
平地ではそれなりに走れるようになりましたが上りはどうなんだと。
で、島内でも屈指の登反コースにあえて挑戦してみたわけですが
さすがにトルク不足は否めず3速は全くの役立たず・・・
1速と2速を駆使してなんとか上り切る事が出来ましたが
ほぼ全開を強いられるので機械的&精神的にストレスが大き過ぎ!
島内各地をストレスなく走り回るにはやはりノーマルでは物足りませんね。
まぁ、そこまで求める必要があるかっていうと正直無いんですが
趣味の事なんで自分が納得するくらいまでは弄ってみたいと思います。





Category: ガレージライフ  

横型エンジン作業台作成

台風15号の影響が心配された佐渡地方でしたが
雨・風ともに大した事も無く逆に暑いくらいのお天気となりました。
ここにきての30℃越えは体に堪えますね・・・
そんな中、秋のツーリングシーズンに備えてガレージ作業。
先日入手した謎の横型4速エンジンを整備するため
作業しやすいよう木製の作業台を作ってみる事に。
出来れば鉄の角パイプを溶接して作りたかったところですが
近所のホームセンターでは材料を入手出来なかったので
そっちの方はまた別の機会に挑戦です。




作業台の部材切り出し




寸法は大手4ミニパーツメーカーの作業台を参考にしましたが
レビューを見ると少し大き過ぎるとの意見があったので若干小さ目に調整。
部材は家にちょうどよさげな杉の角材が転がってたのでそれをリサイクル。




エンジン作業台完成




組み上がったところで以前作った物と比べてみましたがかなりコンパクト!
下にお菓子が入ってたブリキ缶を敷いてみたらピッタリだったので
セットで使えばオイル受けになって良さそうです。






Category: タイカブ  

2019 佐渡国際トライアスロン

台風接近で雨が予想されていた今年の佐渡国際トライアスロン大会。
幸いなことに進路が少しずれたおかげで雨雲の空白地帯となり
当日(9月1日)は朝から暑いくらいの好天に。
ただ、前日に吹いた強い西風の余波でスイムは苦戦したらしく
足が売り切れバイクやランでリタイヤされた方も多かったとか・・・
自然相手は思うようにいかないものですがそれを克服するのも
トライアスリートには醍醐味の一つなんでしょうね。
選手の皆さん、ボランティアの皆さん、お疲れさまでした。


自分は今年もバイクコースの審判として参加。




2019佐渡国際トライアスロン




足はタイカブ。
XLRも悪くありませんがルール違反の監視業務に加え落下物の回収など
ストップ&ゴーも多いのでカゴ付きノークラがやっぱり便利です。




審判業務中




でも、これ見ちゃうとな~




GL1800




こちらのGL。
昨年までは同じ色でもエッジの効いた旧型だったはずなので
オーナーさんに聞いてみると最近こちらに乗り換えたそう。
しかも、前車は島内で欲しい人を探してたとか・・・
タイミング次第ではもしかするともしかしてたかも・・・
どうもGLとはご縁が無かったみたいです・・・


やっぱりうちはちっちゃいのだな。






12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >