FC2ブログ

Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 05 2020

Category: 自転車  

パナモリマウンテンのサドル再生

フレームの補修ペイントとメカ整備に先んじて進めていた
パナモリマウンテンのサドル修理。
元々付いていたアボセットのサドルは少し破れはあったものの
パッと見はそのままいけそうに思えましたが持ってみると
やたら重く感じたので指で押してみたら破れから水が噴出!
赤いダホンのサドルに続いてお前もか・・・
と思いながらも作業工程は概ね同じだと判断し分解開始。




これがホントの吸水シート




まずは中のスポンジがどうなってるか確認してみましたが
全体に水が染み込んでたので表皮を剥いで正解。
破れたところから押し出すだけでは乾かなかったはず・・・




遠赤乾燥中




新聞紙を押し付けて出来るだけ水分を少なくしてから
コタツの遠赤効果を利用して乾燥促進。
この冬はこればっかだった w




乾燥ダイエット成功




結果、約60gのダイエットに成功!
持った感じは数字以上に軽く感じるから不思議です。
ホント、面倒でも修理出来て良かった。
他にも使えるサドルはいくつか持ってましたが
オリジナルが使えるならそれに越した事はないですからね。





Category: 自転車  

パナモリマウンテンのメカ整備

先日、補修ペイントに一区切りついたパナモリマウンテン。
しばらくは天井にでも吊って保管する予定でしたが
せっかくなんで一度パーツを組み付け走らせてみる事に。




パナモリのパーツ一皿




分解後、手付かずのまま仕舞ってあったパーツ。
欠品は無いようですがいつものごとく錆びだらけ・・・
アルミの腐食は磨けばイケそうですがメッキが剥げたのは厳しいかな?
まぁ、見た目は多少悪くても機能的に問題なければそれで良し。
出来るだけ元の状態に戻し当時の性能を確かめます。




錆びた5ピン・・・


トリプルギア分解




バラシて磨く!




錆びたディレーラー


ディレーラー磨き




とにかく磨く!




DXペダル分解




錆びて固着していたペダルもバラして磨く!
ホイールのハブも同様にバラして洗浄&グリスアップ。
両者ともカジってたのでゴロゴロ感は多少残りましたが・・・
まぁ、許す。




チェーン継足し・・・




チェーンだけはあまりに酷いんで再生断念・・・
何かの車体から外した7速用中古チェーンがあったので
数コマ足りない分は捨てずに取ってあった切れっ端を継足して間に合わせます。




デオーレDX




ちなみに、メインのコンポーネントはシマノの「デオーレDX」。
80~90年代のパーツで「XT」に次ぐセカンドグレード・・・
シマノの釣り具で例えると「ツインパワー」ってところかな?
当時、自分が乗ってたSHOGUNは「EXAGE 400 LX」
(シマノの釣り具で例えるとバイオマスター?)だった事もあり
いつか使ってみたいと思ってた憧れのパーツです。






Category: ガレージライフ  

キャノ熱にあてられる

新型コロナの影響で中止となった島内のイベントは数々ありますが
その中でも個人的にショックだったのは「佐渡ロングライド210」。
近年、これを機に自転車を弄ったり乗ったりしてたので
なんとなく勢いと区切りが付かずモヤモヤ続き・・・




ナヨクサフジ




ホントだったら昨日はロングライドだったんだよな・・・
と思いながらグリップ交換した赤いダホンのテスト走行。
これが思いのほか調子が良かったんで追い風にも背中を押され
奇楽庵氏のお店まで足を延ばし復活作業中のキャノ偵察。




キャノ再始動!




エンジン再起動を確認!
聞けばこれまで色々あったし、まだ暫くは作業が続くそうですが
ここまで来れば公道復帰も近いかな?
こうしてスクラップ一歩手前?だったのが一つ一つ手間を掛け
問題を解決してく様子を見るのはイイ刺激と勉強になります。
放置期間が長いと起こるトラブルもたくさん学ばせて貰ったしね w
それにしても、ややこしい仕組みの作業をよくやるわ。

ただ、困った事にそんな様子を見てたらキャノ熱に感染。
数年ごとに発症してるんで今回も克服出来るとは思いますが
だんだんと重症化してるんで確たる自信はありません・・・





Category: ガレージライフ  

パナモリマウンテンの補修ペイント 4

クリアー掛けを残すのみとなっていたパナモリマウンテン。
今回はUVカット効果を謳ったクリアーを見つけたので
どんなもんか試しに使ってみる事に。




UVカットクリアー




蛍光色は紫外線による退色が早いのでこれはイイかも?
最近、プラモデル作ってないんでこんなのある事知りませんでしたが
先日使った「色ノ源」といい、変わり種が増えてますね。




クリアー掛け完了




クリアー塗装は一気にやると必ず失敗するので薄く吹いての繰り返し。
今回はグラデーション部分もあるのでそこが垂れると厄介ですから・・・
多少表面がざらついても後で磨けば後から何とかなるので無理はしません。
それでも最後のひと吹きは九分まで引っ張り垂れないようにストーブで強制乾燥。
暑くなる前に灯油を使い切り、ストーブを早く片付けたかったので一石二鳥です。




クリアー掛け完了




手付かずの部分との繋ぎ目が今一ですが磨けば目立たなくなるかな?
まぁ、最初の状態に比べたらだいぶ見れるようになったので良しとします。


パナモリマウンテンの補修ペイント

パナモリマウンテンの補修ペイント 2

パナモリマウンテンの補修ペイント 3


さて、外出自粛がきっかけで始めた補修ペイントもこれで一段落。
まだ大手を振って外で遊べるような状況ではありませんが
サイクリングには良い季節になってきたのでこのフレームも
パーツを組み付け本来の走れる姿に戻してあげたいところです。






Category: ダックス  

ホンダ純正ジェネレーター

ホンダ純正ジェネレーターに交換したダックス。
配線を繋ぎ直しプラグに火が飛ぶ事を確認出来たので
キックしてみたところ以前より始動性が悪くなった!?
それでも掛かってしまえば問題なさそうなので仕事上がりに実走テスト。




純正軽量ジェネレーター




タイミングライトで念のため点火時期を確認してみると
交換前と比べて最大進角は変わってませんでしたが
低回転時の遅角具合が若干少なくなってる・・・
始動性が悪くなったのはこのせいかな?




ライト光量問題なし




交換する最大の理由であったアイドリング時の光量不足は
ウインカーやストップランプを同時点灯しても以前と比べたら雲泥の差。
これで回せばもっと明るくなるので灯火系の強化は狙い通り!
バッテリーの充電電圧もしっかり出てるので交換作業は上手くいったようです。

ただ、調子に乗って暗い夜道を遠回りしてたらガス欠に・・・




ガス欠・・・




カバンの中のタイミングライトは役立たず・・・
こんな時、全波整流化してたらヘッドライトが点いたんだよな~





Category: ダックス  

ジェネレーターの純正&軽量化

バルブスプリング仕様変更の効果を実感出来たところで
もう一つなかなか出来なかった作業に着手。
前からやろうと思うだけで終わってたジェネレーターの交換・・・
アイドリング状態では蝋燭並みにしかヘッドライトを光らせる事が出来ず
夜の交差点では怖い思いをしてきたのでホンダ純正に交換します。




ジェネレーター交換




物は軽量アウターローター付きって事で入手済みでしたが
全波整流化をもくろんだのが原因で手付かずに・・・
そこで、今回は面倒な全波整流化はせずにそのまま交換し、
どうしても必要性を感じるようであればまたその時考える事にします。




軽量アウターローター




アウターローターは純正を削った物で重量は約2割減。
あまり軽くし過ぎると非力なエンジンではトルク不足になるそうですが
うちの場合はボアアップしてあるし反対側のオイルフィルターローターも
軽量化してあるんでバランス的にはちょうどイイんじゃないかと・・・
まぁ、あれこれ悩んでいても何も解決しない。
ただ、これまで悩み続けた4年間も無駄じゃなかったはず・・・





Category: ダックス  

シングルバルブスプリング実走テスト

バルブスプリングをシングル化したダックス。
効果の程を確かめたかったので人混みを避け実走テスト。
コースはこれまでとの違いが分かりやすいよう
走り慣れた小佐渡の峠道から海岸線へ。




棚田




結果、Wスプリングに比べて気持ちエンジンの回り方が軽くなった感じ!?
音で無理やり表すと「ズイィーズイィー」と重い感じだったのが
「ブイィーンブイィーン」と引っ掛かりが取れたような・・・
つづら折れの峠道ではアクセルのオンオフを多用しますが
今までよりもギクシャクしなかったような気も・・・
ヘッドを組み直したばかりで抑え気味にしてた影響もあるかと思いますが
普通に走る分には今のところ悪い事はなさそうです。




迷走・・・




人混みを避け過ぎて未開の土地まで・・・
念のため工具は多目に持参してましたが
こんなドン詰まりで壊れたら大変なところでした。





Category: ダックス  

バルブスプリングのシングル化

外に出掛けるのがストレスになるようなGW・・・
ならば、ガレージに籠ってストレス発散!
夜間に行っているパナモリマウンテンのペイントと並行し
ちょっと気になっていたダックスを早起きしていじってみる事に。
最近は日の出も早く寒くもありませんからね。




ダックスのヘッド改良




エンジンを乗せ換えた時点でハイカムを入れましたがバルブスプリングが
ダブルのままだと具合がよろしくないそうなのでシングル化してみようかと。
こんな機会を無理やりにでもキッカケにしないと不具合が
発生するまできっとやらずに終わりますから。
でも、それならそれで良いのか・・・

ちなみに、懸念されるトラブルとはリフト量が増えた事により
バルブスプリングが縮み切らないとか縮んだとしても
圧が強過ぎてバネが折れたりカムまわりがカジるとか・・・
前者は突っ掛る事無く回ってるんで問題無いと思われますが
後者の件は知ってからずっと気になっていたので点検も兼ねて分解です。




ヘッド分解点検




結果、スプリングには異常なし。
カム山とスリッパーの接触面にも異常なし。
ただ、バルブの頭は圧が強かったのかそれとも他に原因があったのか
分かりませんが走行距離(約1,700km)の割りには荒れてる気が・・・




バルブの頭




これくらいは普通なのか!?

今回は吸・排気ともオイルストーンで修正して様子見。
ホンダZの時は削って大変な事態に陥りましたが
横型エンジンの場合は調整幅が広いので多分大丈夫でしょう・・・
あとは本命のバルブスプリングのシングル化ですがこれはインナーを抜くだけ。
これでサージングが出るようじゃ困りますが出来るだけバネは弱い方が
エンジンのためになると思うので今回はこのまま組んでテストしてみます。







1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >