FC2ブログ

Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 11 2020

Category: イーハトーブ  

新穂村保健保安林をゆく

夏の終わりにやって来てから着々と信頼感を増してきたイーハトーブ。
組み直したスポークとタイヤもだいぶ馴染んだようなので
いよいよ当初の目的であった林道散策に初挑戦!
栗拾いには間に合いませんでしたが積雪前だからヨシとします。




林道入口




向かった先はいつも行くニイボダムの奥にある散策コース。
あまり奥深い山だと万が一の時、歩いて帰って来れませんからね・・・




案内看板




目指すは「海の見える丘」!
昔からホントに海が見えるのか確かめたかったんですよね~
いよいよその念願が叶います。
それも大好きなオートバイに乗って♪




展望良し?




これも昔から気になって仕方ない謎キャラ・・・




誰!?




ネズミ嫌いのアレなのか!?

この林道ですがこの看板の状態と同じで荒れ放題・・・
途中までは軽トラの轍がありましたがその先は草ボウボウ!
元々湿地みたいだった足元は前日の雨も相まってヌルヌルのドロドロ!!
一瞬、「やべっ」と思いましたがイーハトーブ恐るべし!!!
左右に振られても足付きの良さと幅広のハンドルが効きますね~
草むらを掻き分け粘り強く登ってくれます。
長靴履いてきて正解でした。




紅葉


グリップ良し!




出来れば濡らしたくなかった・・・
なんて最初は思いましたが途中からはそんな余裕なし!
もう行けるとこまで行っちゃえって感じで半分自棄に・・・




限界点・・・




しかし、道の真ん中で大きな榊が通せんぼ・・・
あと少し行けたら視界が開けそうだったのに~
徒歩で進む事も考えましたがマダニが怖いのでやめときました。

さて、ここからが大変!
ヌルヌルドロドロの急斜面を下る事を考えとけばよかったと後悔・・・
でも、ローギアな設定がここで威力を発揮♪
プアなリアブレーキと強力なエンブレのおかげで沢に落ちずに済みました。
もうちょっと高速寄りに振ろうかなと思ってましたが止めときます w




マタマタの木


晩秋、夕暮れの林道にて




今回、走ってみて実感しましたが軽いって素晴らしい!

ってか、島にクマやイノシシがいなくて良かった。




腐海?






Category: ツーリング  

晩秋の大佐渡スカイラインで考える

ちょっと早過ぎる降雪で一時閉鎖となっていた大佐渡スカイライン。
今シーズンは紅葉狩りに行けずじまいで終わった・・・
と半分諦めてましたが寒さが緩んだ事により通行再開!
そうとなれば、この機会を逃す手はありません。




新保ダム




足はダックス。
ちょっと前にハンドル交換したので峠道ではどんなもんかなと。




両津湾遠望




両津湾方面の眺望。
この日は海峡越しに本土の山並みがよく見えてました。
鳥海山、飯豊連峰、などの高峰は頭が真っ白!
本格的な冬が近い事を実感します。




晩秋の大佐渡スカイライン最高地点




標高942mの大佐渡スカイライン最高点。
数日前に積もった雪は消えてましたが辺りは冬枯れの様相・・・
昨年は記録的に雪が少ない暖冬でしたが今年はどうなるかな?
スキー場だけに積もって平場は積もらないのが一番ですが
そんな都合良くはいかないか・・・
だんだんと寒いのが苦手になってるので暖冬は大歓迎です。




真野湾遠望




最高点を通り過ぎ尾根を進むと見えてくる真野湾方面の眺望。
写真では確認出来ませんが妙高・立山の峰々まで見えてました。

さて、交換したハンドルですがHURRICANEのフォワードコンドルってやつで
グリップ位置が以前の物より絞りが緩く若干幅広になり前方に数センチ移動。
手元(胸元)の窮屈さ解消を狙っての交換でしたがコレ、
最初は違和感も覚えましたが慣れたら楽かも?
まぁ、もうちょっと乗ってみないと確信は持てませんが。
あとはフロントブレーキ・・・
平場では気になりませんが峠道では欲しくなりますね~

ディスクブレーキ・・・

物欲にもガツンと効くやつが必要そうです。





Category: イーハトーブ  

ライド&ハイク

先日のダメ出しテストである程度信頼感を得たイーハトーブ。
各部のオイル滲みはこれから一つ一つ直していくとして
今度はギア比に改善点があるかどうか確かめに一路お山へ。




栗地雷




向かった先は両津港からほど近いドンデン山。
出来ればダートが続く女神山へ行ってみたいところでしたが
前日にかなりの雨が降ったので断念・・・
オフ車とは言えまだ暫くは泥だらけにしたくありませんからね。
まずは全面舗装路の急こう配で能力を試します。




亀の子舗装




平地巡行ではノーマルだと出しても50~60kmがいいところで
1&2速はスタート直後に吹け切ってしまい速攻でお役御免・・・
まったく使い物にならない印象でしたが上り坂で一変!
かなりの急こう配もクラッチ操作無しで粘り強く登ってくれます。
もちろんノロノロですけど w

さて、頂上まで辿り着いたらそこから先は徒歩で自分の足回り強化。
最近ちっとも運動してませんから・・・
バイクと自分、どっちも鍛えられて一石二鳥です。




ドンデン高原




ドンデン山頂からは以前巡った「大佐渡石名天然杉」まで
10km程の縦走路が続いており海を見下ろしながら尾根歩きを楽しめます。




金剛山への縦走路


ドンデン池




今回は序の口「ドンデン池」でおにぎり食べて折り返し。
ここまで来るのは小学校以来!?
大人になってからボロバイクに乗って嬉々としてやって来る姿・・・

当時の自分が見たらどう思うかな?




秋の国仲平野眺望




けっこうイイもんだよ。





Category: ガレージライフ  

根性無しの必需品!ヒーター付きベスト

ここにきて朝晩の冷え込みがグッと強まりガレージ籠りも
それなりに準備しないと寒くて長居しづらくなりました。
つい先日も風がやたら冷たいと思ったら佐渡の最高峰「金北山」に初冠雪!?
もう、のん気にバイクなんか弄ってる季節じゃないのかも・・・




2020'初冠雪




早過ぎるっちゃ!

そこで、寒さに備えて防寒ジーンズやアンダーウェアでも探しに行くかと
近年話題の「ワークマン」へ出向いたところ趣味仲間と遭遇。
今日はお目当ての物があって来たとの事なので付いて行ってみると
そこにあったのはバッテリーで発熱する「ヒーターベスト」ってやつ。

あ~、夏に流行った扇風機付きベストの冬版だ・・・

と、その時はちょっと怪しいやつくらいの印象でしたが
後日、近くのホームセンターでも似たような物を目にするうちに
だんだんと良さげに思えてきてしまい・・・




ヒーター付きベスト



買ってしまった・・・

以前なら寒さは気合と根性でなんとか耐える事が出来ましたが
もうそんな強がり言ってられないお年頃ですから。




電源




探してみると色んなタイプがありどれにしようか迷いましたが
今回はネック部分にもヒーターが付いた中から選択。
さらには前後別々にヒーターのオンオフ・強弱が操作出来て
凡用のモバイルバッテリーが使えるやつ。




カラータイマー?




作動中はウルトラマンみたいに点滅するのが笑えますが
現状が分かりやすいし切り忘れ防止にもなるからまぁアリかな。

さて、ホントに使える代物なのかどうか怪しかったので
さっそく早朝のカマス釣りで試してみたところ・・・

これ、すげ~!

トレーナーとフリースの間に着込み、その上から雨合羽といった
使い方でしたが思わず声が出るくらいの暖かさ!
とくに首元が暖かいのはイイですね~
耐久性が気になりますが・・・
もし、壊れてもすでに元を取ったような気分です w

試しに電源をオフにしてみたところ一気に寒気が・・・
これは使い方次第では色んな場面で重宝しそう。
厳冬期のツーリングやガレージ作業で役立つ事に期待です。





Category: イーハトーブ  

新スポークのダメ出しテスト

先日、なんとか形にする事が出来たイーハトーブの前後ホイール。
タイヤも組めたのでいよいよ車体に戻して最終調整。




コンペ仕様




その前に、せっかくなんで作業途中の立ち姿。

「公道も走れる本格トライアルスマシン」は先代バイアルスの謳い文句。
純正オプションでゼッケンプレートがあるくらいですから
ライトなどの保安部品は簡単に外せるようになってます。
ハンドル切れ角も異次元のふり幅!
これ、手足のように乗りこなせたら楽しいでしょうね。

ただ、このままじゃ流石に公道は走れないので保安部品を取り付け
新たに組んだスポークのダメ出しテストに移ります。




新スポーク初走行




いきなりガレ場へ突っ込むのは野暮なので
まずは舗装路で少しづつ走りながら小まめにチェック。
まわりの状況が許すところでは蛇行したり上下に揺すってみたりと
あえて負荷を掛ける様にしながら数十キロ走行。




新スポークの緩み確認




結果としては今のところ緩みも出ずに問題なさそう・・・
しかしながら油断は禁物!
最も重要な部品の一つなので馴染むまでは引き続き注視です。

その他、気になった点は・・・

一、フロントフォークのオイル漏れ。
一、メインスイッチの接触不良?
一、ガソリンコックのガソリン滲み。
一、リアサスあたりがギコつく。
一、チェンジ or ドライブシャフトからオイル漏れ?

色々あって嬉しい限りです。





Category: モンキー  

モンキーのタイヤ交換 TT100 

イーハトーブのタイヤ交換が終わり一息ついたところで
外したタイヤなんかを片付けていたところ気になるものを発見。
後輪のタイヤが坊主になってしまったメッキモンキー用に
昨年?一昨年?に用意しておいたダンロップのTT100。
まだなんとかイケると引っ張ってるうちに交換する機会を逃し続けてきたので
勢いが残ってる今のうちに思い切って交換しておきます。




モンキータイヤ交換




どうしてすぐにやれなかったんだろう・・・
って思うくらいイーハトーブに比べたら軽くて楽♪
でも、タイヤを外す手数は同じ!
小さくてもちゃんとしたバイクだとあらためて実感です。

合わせホイールの場合、中が腐食して割る時に苦労する事もありますが
メッキモンキーのホイールは状態良好。
チューブもホイールに張り付いて裂ける事もありますが
見たところ劣化が見られないので再利用です。




8インチ 21インチ 比較


TT100 交換




いい機会なんでイーハトーブの外したタイヤと記念撮影。
タイヤだけで見るとその差が余計に際立ちますね~
同じスピードで走ったらモンキーのタイヤが早く減るのも納得です・・・




バンクシー?








12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >