FC2ブログ

Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 02 2021

Category: アウトドア  

懐古趣味的雪遊び

先週末、シーズン終了直前と思われるスキー場に出掛けてきました。
ここ最近は雪が降ってもすぐに解けるし雨も多くなってきて
当日もゲレンデには南風が吹き付け所々では地面が露出・・・
やりたい事があったので間に合って良かった。




ダニエルフランク




K2のダニエルフランク ファーストシグネチャーモデル!

もう20年近く前の古いボードになりますがコレ欲しかったんですよね~
まさか島内の中古ショップで出合えるとは思ってもいませんでした。
で、飾っとくつもりでしたがせっかくなら乗ってみようって気になって
予備のバインディングを急遽修理したわけです。

乗ってみた感想としては硬いけど小回りが効いて面白い♪
当時全盛だったダニエルフランクは巨大なキッカーでロデオフリップ等を
かますのにちょうど良いようあつらえたんでしょうが申し訳ない・・・
自分、そんな事は出来ませんのでちょろっとグラトリしたりコケるだけ。
バイクで例えるならRC30をスラロームだけで遊んでる感じ?
まぁ、程度の違いこそあれ自己満足度は高いです。


・・・・・・


ところで、今回の試乗にあたっては教訓も・・・
板と同じくらい古いバインディングを修理して使えるようにしたまでは良かったんですが
やはりプラスチックの経年劣化は進んでたようで予想通りストラップにトラブル発生。




バインディング破損




本番前夜、ブーツを付けてスタンスの確認をしてたところストラップが破断・・・
幸い色違いですが予備のストラップがあったので交換しましたが
反対側のストラップも数回滑ったところで破断・・・




バートンのストラップ破損




こんな事もあろうかと予備のストラップを持参してたので何とかなりましたが
怪我の元なんで古いバインディングはよろしくないですね。
この後、トゥバックルも割れてしまいました・・・
ちなみに、2004年モデルって事は先日やって来たトリッカーと同じだわ!






Category: トリッカー  

ブレーキ整備

爆弾低気圧の影響で雪が降ったり止んだりの佐渡島。
思ったほど雪は積もらず安堵しましたが強風による影響が腰に来た・・・
突風で向きが変わった近所のカーブミラーを元に戻そうと
メガネレンチで大型ナットを回した瞬間、腰にピリッ!
すぐに動きを止めたつもりでしたが時すでに遅し。
段々と痛みが増して夜になってからはちょっと動くだけで激痛。

ただ、こうなってしまった原因には思い当たる節が・・・




リアブレーキ点検




直前まで行っていたトリッカーの前後ブレーキ整備作業。
この際、中腰の姿勢を取り続けてたのが引き金になったかも!?
立ち上がった時、暫く腰を伸ばせなかったですからね・・・




フロントキャリパー点検清掃




フロントキャリパーは表面の油汚れが酷かったので
バンジョーやホースの緩み、劣化による割れ等を疑いましたが
どうやらフロントフォークから流れ出たオイルが原因だったみたい。

リアキャリパーの方は問題が一目瞭然。




ブレーキパッド交換前




ブレーキパッドがヤバい状態だったので新品に交換。




ブレーキパッド交換後




飛び出し過多だったピストンは前後とも出来るだけ磨いてから
メタルラバーMR20塗布&揉み出しの繰り返しで機能回復。




虫のキャンプ場




イーハトーブもそうでしたが屋外放置が長かった車両には必ずと言って良いほど
ドロバチの巣と思われる痕跡が見られますが今回はキャリパー内の天井に3つ。
親バチが作った巣の中に捕まえてきた虫を入れて卵を産み付け蓋をする、
その中で生まれた幼虫は虫を食べて育ち成虫となって穴から外に旅立つ・・・
って事らしいんで既にもぬけの殻と思われますが機会があれば
旅立つところを一度この目で見てみたいものです。





Category: アウトドア  

バートンのバインディング修理 備忘録

先週末、春のように穏やかだった佐渡島。
陽気につられ飛び出した旧車やバイクも見掛けましたが一転大荒れ!
週明けからは大時化で今季3度目となる佐渡汽船、終日全便欠航。
まぁ、こうなる事はある程度覚悟してましたがここまでとは・・・
それでも山に雪が積もればスキー場の営業日が伸びるので
悪い事ばかりではないと出来るだけ前向きにとらえ
今のうちに壊れた用具を修理しておきます。


トゥスライダーに問題を抱えていたバートンのバインディング。
デフォルトでは強化プラと思われる小さなピンでスライダーをベースに留めますが
このピンが曲がってるためスライダーが抜けてしまいブーツをしっかり固定出来ない・・・
これ、旧式のバートンではよくあるトラブルみたいですが既に部品も出ないので
今回はアルミ棒から代替品(強化カラー?)を作成します。




強化カラー作成


強化カラーのサイズ確認




現物合わせで少しずつヤスリで調整。




バートン用強化カラー装着




これでもし次に壊れるとすればスライダーかベースだな。
と、ここまで書いて思ったけどもしかするとピンが曲がるのは仕様だったのかも?
足首に強い負荷が掛かった時、ピンがわざと曲がるように計算されてたとしたら・・・
まぁ、古いモデルを使ってる時点で全て自己責任。
体の方も経年劣化してるので怪我しない程度にしなしなやる事!
わかったな、オレ!!





Category: トリッカー  

錆落とし WD-40

エンジン始動でやる気に拍車が掛かるはずだったトリッカー。
すぐにオイル漏れが発覚した事で足踏み状態となってしまいましたが
部品待ちの間に出来る事もあるだろうって事でまずは目立つところから・・・
屋外での放置期間が長かったせいでとにかく錆が凄いので
この機会にじっくりと腰を据えて錆落とし。
どうせ外は寒過ぎて乗る事も出来ませんからね。




サビサビFフォーク




まずは一番目立つフロントフォーク周辺から。
フロントフォークのオイル漏れが幸いし?摺動部の錆は少な目でしたが
そこから上は酷い状態だったのでどこまで落とせるか・・・
使用するのはワイヤーブラシとボンスター、それに防錆潤滑剤WD-40。
WD-40はクレのそれよりも錆落としには効く気がしますが気のせいか?
それよりもなによりもNASAで使われてるって噂がお気に入り w




ボンスター攻撃




ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ・・・




フロントフォーク錆落とし後




寒さも忘れてゴシゴシし続けた結果、そこそこイイ感じに。
もしかするとXLRのそれより綺麗になっちゃったかも!?
細かな腐食跡は残ってしまいましたが最初の状態を考えたら致し方なし。

これなら錆びまみれだったバックミラーもいけるかも?




サビサビミラー




ゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシゴシ・・・




ピカピカミラー




捨てなくて良かった w


それにしても、WD-40・・・
錆落としに効果的なのは良いんですが飛び出す勢いも凄過ぎないか?
うちのだけかも知れませんがちょっと押しただけでドバー!
と出るのでうっかりすると余計な所まで油まみれ・・・
NASAの人たちは平気なのか!?





Category: ガレージライフ  

読む方のスーパーカブ

前々から気になっていたスーパーカブ・・・
スーパーカブと言っても走るスーパーカブじゃなくて読む方のスーパーカブ。
それも次から次に発刊されるマニア向けのムック本じゃない方のスーパーカブ。

「スーパーカブ」 トネ・コーケン著




トネ・コーケン著 スーパーカブ




いつかまとめて読んでみたいと思ってたところ
ご近所のホンダ仲間であり最近はユーチューバーと化している
hama3さん(014garage)からお借りする事が出来ました。

まず意外だったのはマンガじゃなくて小説だったって事。
てっきり表紙の様子からマンガだと思い込んでたのでいきなり困惑・・・
老眼で細かい文字が見え難い・・・
でも、今では最初に読んだのが小説版で良かったと思ってます。
すでにマンガ版も存在しアニメ化の話も進んでるそうですが
自分の頭の中に出来上がった世界観を崩されたくない・・・
ナニコレ!?的にガッカリな事が多いですから。
スーパーカブやMD90、CT110ハンターカブと聞いてその姿が見える方、
ある程度経験を積んで少々偏屈になってしまった方には
自分同様、小説版の方が楽しめるんじゃないかと思います w

話の中身はネタバレになるのであえて多くを語りませんが
山梨県北杜市に住む女子高生がスーパーカブと出会い成長していくストーリー。
とくに1~3巻あたりまでが良かったな~
原付免許を取得した頃のワクワク感が甦ります。
まぁ、突っ込みどころも多々あるんですが共感出来る事の方が多く
防寒対策のくだりなんかは自分の経験と重ねてしまう人も多いはず。
また、ところどころに現れるバイク以外の小物ウンチクもツボ!
とくにサバイバルやミリタリー系。
作者はゴルゴのファンなのか?

とにかく、外出しにくいご時世ですのでこの機会に読んでみては如何でしょう?
バイクに乗って冒険に出掛ける原動力をきっと与えてくれると思います。
って事で自分はようやくバイクに興味を持ち始めた息子にこの本を贈りました。
さて、彼にどんな変化が現れるのか・・・楽しみにしています。






Category: ガレージライフ  

シン・EVA防寒長靴

月初め、晴れ間がのぞいてこのまま春になるのか?
と思われた佐渡島でしたが強烈な暴風雪によりまたまた真冬に逆戻り。
せっかく雪が溶けた路面にも朝起きてみたら真っ白な積雪・・・

もう雪掻き飽きた!




また積雪・・・




趣味仲間が相次いでホンダの除雪機を手に入れたんで
その事をダシに自分も購入を画策しましたが家族の理解を得られずに断念・・・
費用対効果を考えろって事らしいが趣味で一台持っててもイイじゃないか!

そこで、除雪機代わりにはなりませんがガス抜きに長靴を新調。

【ミツウマ 長靴 セフティー ER-2029】




ミツウマの長靴




これまで使ってた長靴は裏地が薄く冷たくてもう我慢出来ない・・・
とくに今年は雪掻きの回数が多いためか足がしもやけになってしまったので
何か無いかと探してたところ求める条件に一番近かったのが上↑の長靴。

・経年劣化に強い素材である事。
・防寒仕様である事。

上記二点が最低限の条件でしたがここに加えて

・軽い。
・つま先を守る樹脂製の芯が入ってる。

という追加要素が購入の決定打となりました。

で、さっそく雪が積もったんで雪上テスト。




ゴム長 vs EVA長




以前の長靴と比較するために片足ずつ装着し30分程除雪作業。
結果は期待以上の暖かさ!もう全然違う w
軽さは同じようなEVAラバーなんで変わりませんが内側に防寒素材が
有るか無いかでこんなにも違いが出るとは正直想像以上でした。
もっと早くに買っときゃよかった・・・

ちなみに、セーフティー仕様となっているのでバイクでも試してみると
足首の曲がりにくさはオフロードブーツと同じ感覚・・・
シャリーみたいなシーソー式なら問題なく使えますが
リターン式の場合はペダルの位置を変えないと厳しいです。
あと、つま先の幅がクロックスのサンダルみたいに広い点は要注意!
慣れないと妙なところで引っ掛かったり躓いたりします・・・
でも、総合的には買って損なし!
これで雪掻きが楽しくなれば費用対効果は絶大でしょう。





Category: ホンダZ  

節分前の海岸にて

2月最初の休日は起きてみたらイイ天気!
数日前まで佐渡汽船が丸一日欠航になる程荒れてたのがウソのよう。
こうなれば貴重な晴れ間を有効に使わない手はありません。
あれやこれやと考えましたがまずは先週に引き続きホンダZでツーリング。
気温が上がらない午前中はオートバイだと厳しいですから・・・
晴れてはいても早朝の気温は氷点下です。




2月の浜辺




暫く走って車を停めたのは近くの海岸。
当初はカニを買いに峠を越えて遠出する予定でしたが
うっかりマスクを忘れてきた事に気が付いて断念・・・
いつもならポケットやカバンからヒョイと出てくるんですけどね~
まぁ、ついてない時はそんなもんです。

でも、天気の良い海岸でビーチコーミングするのも悪くはありません。
砂浜を歩くのは日頃の運動不足解消にちょうど良いし
運が良ければ深海生物や隣国のビールケース、ルアーなんかとの出会いもあります。




美肌マスクGET!




今回出会ったのは未使用と思われる「美肌マスク」・・・
マスクを持ってない事を不憫に思った神様からの贈り物か?
それとも悪意を持った誰かのイタズラか?

後に奇楽庵氏立ち合いのもと開封してみたところ未使用らしき事が判明。
氏は要らないと言うのでガレージ作業に使おうと思いましたが
よく見たら就寝用だしそれよりも気味が悪いので処分・・・




疑似冬眠開け




それにしても、年明けの感じだとホンダZは春まで乗れないと覚悟しましたが
こうしてたまにでも乗る事が出来ると気分が軽くなりますね~
でも、アメリカ東部では現在強烈な寒波の影響を受けてるそうなので
こちら日本も2月半ば頃はヤバいかも知れません・・・
まぁ、寒い時にしか出来ない事もあるしあとひと月ちょっとの辛抱かな。





Category: トリッカー  

ヤマハあるある!?

頑張った甲斐あってエンジン始動に成功したトリッカー。
エンジン自体は問題無さそうなのであとは車体周りとなりますが
ざっと見た限りではフロントフォークやエンジン周りのオイル汚れ、
チェーンの錆、ブレーキディスク&シューの減りが気になるくらいかな?
まずはお金を掛けず手間だけ掛ける方向で整備を進めます。




トリッカー充電中




晴れ間を見計らい電源のある母屋まで押し運びバッテリーを充電。
使用期間は分かりませんが充電器の診断では×マークが点かないので
なんとか使えそうですがあまり期待せずに様子をみます。

充電器にはセルスタート機能が付いてるのでエンジンを始動し
暖機運転が終わったところでゲージを用いて圧縮圧力を測定。




トリッカー圧縮圧力測定




結果は7kgf/cm2ちょっと・・・

ホンダZやホンダの4ミニたちと比べるとやたら低い数値ですが大丈夫!?
少なくとも10kgf/cm2前後を期待してたので不安になります・・・

それでもスロットルへの反応は悪くないし排気音には力強さも感じるので
一通り点検を済ませたところでナンバープレートを取り付けテスト走行。




トリッカー走る




壊れる心配もあったんで最初は各部を確かめながら慎重に走ってましたが
途中からはそんな事も忘れてしまうくらい快調そのもの。
一旦エンジンを止めると再始動出来るか不安でしたがそれも暖機が済んでれば一発始動。
マメに乗ってればバッテリーも暫くは大丈夫かも知れません。

ただ、休憩してる間に各部を点検していて問題点も・・・




エンジンオイル漏れ




エンジン直下にオイルが垂れてたんで出所を辿ってみるとジェネレーターカバー上部から!?
シリンダー後部を覗くとセルモーターの下辺りがオイルまみれ・・・
最初からオイル滲みはありましたがこんなにフレッシュじゃなかったはず。
かなりの量だけど一体どっからだ?

あとはフロントフォークからのオイル漏れ・・・




フロントフォークオイル漏れ




フロントブレーキのキャリパー付近がオイルで汚れてる原因はコレか!?
たった10km弱走っただけでこんなだと放っとくわけにはいきません。
ブレーキに悪影響を及ぼす前にオイルシールの交換が必須のようです。


帰宅後、漏れ出たオイルをパーツクリーナーで一旦ドライな状態にしてから
オイルの出所を探るべくエンジンを掛けてみたところ前者の原因は多分判明。
暗かったのでライトで探ってたところセルモーターの下辺りからミスト状のオイルが
けっこうな勢いで吹き出てるのが見えたので最初はクランクケースにヒビでも入ってるのかと
青ざめましたがネットで調べてみたところこの症状「ヤマハあるある」らしい・・・
トリッカーや同じエンジンを積んだ兄弟車のセローでも発生する
ガスケット抜けによるオイル漏れの症状と酷似してるので多分それ。
いや、それじゃないと困る・・・
後者のオイル漏れはオイルシールに問題があるのは明らかなので合わせて交換部品発注です。







1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >