Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Category: ホンダZ  

合皮でGO!

先日、下地作りの終わったおんぼろステアリング・・・
今度はいよいよ革巻きに挑戦です。
この作業、以前から興味はあったもののいざ実践となると
作業工程の多さに尻込みしてなかなか出来なかったんですよね~
手首のリハビリをきっかけにようやくのスタートです(^^ゞ

・・・

まずは情報収集!
雑誌ではオールドタイマーの別冊「旧車再生テクニック」
ネット上ではいつもお世話になってるおぬまさんのHP
革巻き作業の様子が画像付きで詳しく解説されてますので
これらを参考に用意する物や作業工程を確認します。
上記の情報源がなかったら今回の作業はなかったでしょう・・・

あと、ご近所のホンダ野郎(笑)hama3さんの存在も大きかったです。
すでにノーマルステアリングに革巻きを施されており
実際に目で見て触ることが出来たのはありがたかった~♪
作業にあたっての注意点を教えて頂けたのも心強かったです。

・・・

さて、ある程度情報が頭に入ったら行動開始!
まず最初は肝心の革探しです。
ところがここでいきなり問題発生(ーー;)
佐渡では大きな天然皮革が入手出来ません。
通販で買うのは高くつくし、初めてでは失敗する可能性も大・・・
そこで今回は近所のホームセンターで手に入る合皮を使うことにしました。
このあたりの妥協はすでにhama3さんが合皮を使って
問題なく仕上げた例があるのでスムーズでしたね。
価格も安いのでダメだった時はやり直しも効きますから(^^ゞ

で、さっそく90センチ幅でロール状になったものを切り売りで1m50cm購入。
ここからステアリングに巻き付ける分を切り取ります。


最初は切れ端を使いサンプル作り。

サンプル


合皮の場合、端が切りっ放しでは糸で引っ張った時
強度不足から破れてしまいそうなので端を折り返し2重にしてみました。
幅はステアリングの径に合わせて決定しますが
合皮でも引っ張ってみると多少は伸びるようなので
少し短いくらいにして後は糸で引っ張り調整するようにしました。


サンプルが出来たらそれに合わせて本番用を作製します。

端っこの補強


長さはハンドルの外周+突合せ部分+α
折り返し部分はミシンで端を縫うつもりでしたが考えてみると
私、電動ミシンって使ったことないんですよね~
小学生の時に授業で使ったミシンは足踏みでした ^^;
今時のミシンは高機能なので使い方次第では
面白いことが出来そうなんだけど・・・

結局、地道にG17ボンドで接着です(+_+)



う~ん(ーー;)


・・・


電動ミシンをさらっと使いこなせるようになりたい~
飲み屋のお姉さんに趣味は?って聞かれたら
「ふっ、ミシン掛け ( ̄ー ̄)」
って答えてみたいものです。


Newer Entry帯からリングへ

Older Entry黄砂アレルギー

 

Comments
Edit言い忘れてた事
そうそう、合皮には伸びる方向があります。
shibaさんなら気が付いていると思いますが、輪ゴムみたいに伸びる方向でワッカを作れば、勝手にシワ無くピッタリと収まりますよね。

自分は一切ボンドを使っていないけど、今のところ両面テープだけでもずれたり剥がれたりしませんよ。
Edit役に立ちますか
こんばんは。ステアリングの革巻きページ、ひそかな人気ページです。
Editお二人様のおかげです♪
合皮の伸び方向ですが今回は逆にしました。
ロールからの切り売りだと90cm側になるので
一箇所継ぎに拘ると長さが足りなくなるんですよね~(ーー;)
今思えばバイアス方向に型取りすればよかった・・・泣

>おぬまさん
初めてあのページを見た時は世の中には変わった
もとい!凄い人がいるものだと感心した記憶があります(^^ゞ
Editうわ...
あのページ作ってからもう7年も経つんだ...。若かったなぁ....。今ではあんなパワーありません。そういえば2年ぐらい前に革の再生(パテ使って塗装して)を試みたステアリングも途中で終わってるし...(笑)
Editななななななな
七年前の鼻血でしたっけ~!?

月日の経つのは早いものですね~
あの頃はまだ水中メガネがうちにやって来るなんて
思ってもみなかったです(^^ゞ
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >