Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Category: ホンダZ  

バルブタイミングラインの謎・・・

ヘッドカバーがようやく外れた水中メガネ。
思いのほかきれいな状態を保ってましたが
その他の機能部分はどうなんでしょうね~?

そこでまずはバルブタイミングの確認から。
なんでも聞いた話ではずれてることもあるそうなんで・・・


カムの合わせライン

プーリーのTマークをダイナモカバーの刻印に合わせたとき
カムシャフトのバルブタイミングラインがフランジと水平に
なっていればOKとの事ですが・・・
よく見ると角度の違う2本のラインがあるみたい (ーー;)
長いラインのほうは後から削ったように見えますが
こんなもんでいいんでしょうか?
ちなみに、左カムシャフトホルダーの切り欠き部に
カムシャフトの切り欠きを合わせた時、水平になるのは
長いほうのラインでした。

切り欠き部

上の画像が切り欠き部分です。
この時、バルブがピストンに当ってる様子も無いので
これはこれでいいんでしょうね。

で、ここで思い出したのがストック部品!
たしかカムシャフトあったよな~と探してみたらありました。

別のカム

2号ヘッドか何かのおまけで付いてきたカムだと思われますが
このカムの場合はラインが1本だけですね。
シャフトの切り欠きとは微妙に直交していませんが
その角度は先出したカムの短いラインと似ているような・・・

こうしてみるとラインより切り欠き優先のほうがよさそうですが
このあたり真相が知りたいところです (-_-;)



Newer Entryバルブクリアランス調整

Older Entryヘッドカバー御開帳

 

Comments
Edit
んで、現状で上死点と合うラインはどちらなんでしょう?
プラグ穴に割り箸でも突っ込んでプーリーを少し回せばどちらのラインが正解なのか解ると思いますよ。
Edit
なるほど!割り箸って手がありましたね~
今回はプラグ穴からヘッドライトで照らし目視だけで済ませましたが
その限りではどちらもそう変わりなく見えました(^_^;)
どうも長いほうのラインが正解らしいので
今度の休みにでもあらためて確認したいと思います。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >