Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Category: 自転車  

ホイールの700c化

今年も残すところあと二週間・・・
時間が加速しているように感じるのは気のせいでしょうか?
テスト前だけ徹夜した学生時代を思い出します。
切羽詰らないとやる気が出ないあたりは変わってないですね (ーー;)

・・・

さて、年内の公道復帰を目指し継続中の自転車いじり。
フレームの加工作業も終わったのでいよいよタイヤの取り付けです。

元々付いていたホイールサイズは「27-1・1/4」という
一昔前のスポーツ自転車規格?でしたが
フロントホイールが曲がっており修正不能な状態でしたので
この際、「700c」規格に前後とも変更する事にしました。
今時、「27-1/4」のホイールを探してもなかなか見つからないし
タイヤなどを探すにしても「700c」のほうが後々楽そうですからね。

そこで、中古の700cホイールを入手。


700c

かなり昔のものですが、今いじってるフレームには
デザイン・性能・やれ具合、ともにちょうどよさそうです。
おまけで付いてきたスプロケやタイヤも中古ではありますが
個々に揃えるとなるとけっこう悩むところなのでありがたい!
セッティングの際はこれらをベースに検討したいと思います。


まずはリアホイールから装着。

リアタイヤ装着

フレームのエンド幅が124mmと、今時のロードでは主流の
130mmより狭かったのですんなり嵌るかちょっと心配でしたが
ホイールの規格も負けず劣らず古い規格でフレームより
さらに狭い120mm!?でしたのでちょうど良かった(?)です (^^ゞ

ちなみに、今後の事も考えてメンテスタンドも用意しました。
最初は塩ビ管で自作する予定でしたが、手間と材料費に見合った
性能を期待出来なかったもので素直に既存品を選択です ^^;

しかし、それよりも大変だったのはフロントホイール・・・
ホイールのハブ幅(100mm)に対し、フォークのエンド幅(96mm)が
狭いという問題はちょいと広げることでクリア出来たはずなのですが
なぜかつっかえてハブ軸がフォークの凹に嵌らない?
で、その原因を調べてみたところここも規格の違いが発覚!
どうやらフォーク側の凹は8mm軸に対応したものだったため
新規の9mm軸には若干ですが狭過ぎて嵌らなかったようです (-_-;)

そこで、丸ヤスリで慎重且つ大胆に対処。
どうやったかは・・・言えません ^_^;


・・・


それでも、なんとかフロントホイール装着完了。
やや、やっつけ気味の作業ではありましたが・・・


2階に立つ!

ガレージの二階に立つ!w



Newer Entry日東のドロップハンドル

Older Entry沈胴式ナットへの対応

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >