Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Category: ホンダZ  

腰上OH バルブの擦り合わせ

ネジ山の再生で一歩進んだヘッド修正。
お次は肝心のバルブまわりをいじっていきます。
メニューとしては・・・


1、擦り合わせ
2、当り幅の確認
3、気密性の確認


とこんな流れかな?


まず1の擦り合わせですが必要な道具は
こんな時がいつか来るだろう・・・
と用意していたバルブコンパウンドとタコ棒を使用。
最初は粗目で最後は細目で仕上げます。
じつのところ、最初は怖かったので細目からスタートしたのですが
なかなか変化が見られないので結局粗目からになりました (^^ゞ



バルブコンパウンド


↑ちょっと表面の荒れが目立ったのでコンパウンド大盛り。



タコ棒


コンパウンドがバルブガイドに入ると大変な事になるので
そのあたりは注意しながら行いました。
USHIさん情報で電気ドリルの使用例もお聞きしましたが
今回は初めてって事もあり怖いので全部手作業。
竹トンボを飛ばす要領で回しながら上下運動・・・
けっこう時間が掛かりました (^_^;)


2の当り幅は本来なら「光明丹」を使って
確認したいところでしたが手元に無かったので
朱肉をオイルで溶いて代用・・・



偽光明丹・・・



その結果、今一判り難いですがノギスで測ってみたところ
多少の誤差はあると思いますが
「IN:約1.5mm OUT:約1.8mm」
と規定値よりやや広め・・・
でもまぁ、切れ目が無かったので良しとします。
あとはバルブをヘッドに組んでから
3の気密性チェックで最終確認ですね。


この作業・・・
デリケートな部分なので神経を使いましたが
だんだん形になってくると嬉しいですね~
気分だけは「POPヨシムラ」って感じです w



Newer Entry腰上OH 気密性テスト

Older Entry気分転換

 

Comments
EditGood job!!
着々と進んでますね♪
完成が楽しみです~♪
Edit
>USHIさん

だんだんと出口が見えてきたような気がしますが
不安要素も見えてきたりして・・・汗
それでも機械いじりは楽しいですね♪
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >