Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Category: ホンダZ  

腰上OH ピストンリング

トラブル発生から今日で一ヵ月・・・
そろそろ公道復帰したいな~




・・・



さて、ヘッド修正が一段落?したので今度はピストン。
割れてしまったピストンリングを交換します。
腰上OHを考え始めた数年前の状況では
ノーマル用ピストンリングは手に入らなかったので
ホンダ純正流用ピストンで排気量アップ!
なんて事を考えていましたがありがたいことにノンキーさんが
ノーマル用ピストンリングを作ってくれたので
今回はそれを使ってノーマルで修復します。
あちこち走ってみましたが自分の行動範囲なら
それで十分ってわかりましたから (^^ゞ


まずはピストンの洗浄作業。
頑固な汚れが取れないのでサンエスK1で煮込みます。


ピストン煮込み中


その後はオイルリングの溝にあるオイル通路を再生。
見事に穴という穴が詰まっていたので精密ドライバーを
使用して一つずつ根気よく貫通させます。



オイル通路埋没・・・


謎の黒い塊と化したカーボン汚れは噂通りに頑固でしたが
すべての穴を開け終わった時は気分爽快!
これでこそ開けた甲斐があるってもんです w


それが済んだらいよいよ取り付けとなりますが
その前に一応「合口すきま」を確認しておきます。
シックネスゲージで測ってみたところ
トップ・セカンド・オイルリングともに0.3mm。
隙間の方は大丈夫そうです♪



隙間OK



参考までに生きてた使用済みリングも測ってみましたが
明らかに張りがなく隙間の方も0.8mm超!
外側は段付きが見られ上下の厚さも薄くなっていました・・・
一見大丈夫そうでもダメなものですね。



ちなみに、ピストンリングを組み込む順番は・・・

1、オイルリング
2、スペーサー下側
3、スペーサーー上側
4、セカンドリング
5、トップリング

組み込みには専用工具もありますが
そんな物は持ってないので今回は手組。
かじり防止にオイルストーンで角を軽く均してから
ヘッド上面を滑らすよう慎重に組み込み。
何とか折らさずに済みましたが緊張した~
そのおかげで写真は撮り忘れました ^^;


ところで、オイルリングはすぐに分かりますが
トップリングとセカンドリングは要注意!
メッキしてあり両角?が落ちているのがトップリングで
メーカー刻印(アルファベット)がある面が上になるそうです。
自分はうっかり順番を間違えて一度やり直しとなりました (+_+)





Newer Entry腰上OH カムチェーン交換

Older Entry腰上OH 気密性テスト

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >