Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Category: ホンダZ  

腰上OH シリンダーの取付け

洗浄から始まった部品修正作業もようやく一段落!?
ってことでいよいよお楽しみの組込み作業に入ります。
が、その前に・・・
各部品の合わせ面をオイルストーンで均して脱脂。
散らかりまくった作業スペースはきれいに掃除して
組込む順番がわかりやすいよう必要となるであろう
部品と工具、ケミカル用品を並べておきました。



・・・



まずはシリンダーの組込みですが今回は先にピストンを
クランクに取り付けてからシリンダーを差し込む方法を選択。
先にピストンをシリンダーに差し込んでおいてから
後でクランクと合体させる方法もあるようですが
狭い作業スペースになるのでクリップ装着が大変そう・・・
それに、万が一にもクリップをクランクケース内に
落としては大変な事になるのでやめておきました。
でも、わざと落として腰下OHってのもありだったかな?
腰下割らないと交換できないカムチェーンテンショナーローラーは
ギリギリ感で溢れてましたから・・・
まぁ、ダメになったらまたその時考えましょう。


で、組付け作業の方ですがピストンリングを折らないように
即席で作ったピストンリングコンプレッサーを使用。
ちゃんとしたSSTもありますがけっこう高いし
サンメカなら一生のうちにそう何度も使いませんからね。



即席ピストンリングコンプレッサー


↑ちゃんとノックピンも入ってます。

薄っぺらなので強度の方が心配でしたが
タイラップが効いたのかちゃんと機能してくれました w


全てのピストンリングがきちんと入ってしまえば後は
ぞぞぞぞぞぞって感じ?にシリンダーが下りてくれます。



シリンダー組付け



ちなみに自分・・・
この作業をピストンリングの組み間違えにより
2度楽しむ事となりました (+o+)





Newer Entry腰上OH シリンダーヘッドの取付け

Older Entry腰上OH カムチェーン交換

 

Comments
Editいよいよ佳境
「いいね!!」
Edit
>USHIさん

ここまでくると嬉しいような寂しいような w
ってそんな余裕かましてる場合じゃないですね・・・汗
Edit
ピストンリングコンプレッサー、参考にいたします。私の72は多分オイル上がりだと思いますが、その原因が?
色々ある中で、リングをピストンに組み込む時に、リングでピストンに、傷を付けたようなv-221
Edit
>バックヤードビルダーさん
500cc缶なら2気筒分、余裕で取れますよw

ところで、オイル上がりの原因ですが、うちのZもピストンの裏側が煤けていたので気になりますね~
ピストンの傷が原因ってのは?
またレポートの方楽しみにしています。
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >