Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Category: 自転車  

ドンデン山ヒルクライム

東京オリンピックの開催が決まった翌日・・・
登ってきました「ドンデン山」。




目指すはドンデン



「大佐渡スカイライン」と並び佐渡を代表する激坂続きの山岳道路。
もしかして自転車でいけちゃう!?と思い始めて早数年・・・
なかなか踏ん切りが付かず尻込みしてましたが
オリンピックと秋晴れの空でようやくスイッチが入りました。
曇ってたらたぶん行かなかったな w



スタート地点に決めたのは梅津川を数キロ遡った地点にある分岐点。




ドンデン分岐



ここからアオネバ登山口までの約4キロはパレードラン?
採石現場を行き来するダンプに気を付けながら慎重に進みます。
狭いブラインドコーナー、さらには砂も浮いてるので要注意!




ダンプに要注意!



↑ 前方を見上げるとこれから通過するつづら折れ区間が見えます。
すぐに手が届きそうですが登るにつれどんどん離れていきます・・・
富士登山の山小屋と同じですね。



↓ ここがスタート地点から4キロ先の「アオネバ登山口」。
花の百名山として有名な登山道はここを左に、
車両は右に折れて急な上りが始まります。




アオネバ登山口



じつは、すでにこの地点で心と体が折れかけてます ()´д`()
汗だか涙だかよく分からないものが溢れ心臓バックバク!
正直ナメ過ぎてました・・・
よってこの先、アタック中の写真は無しっていうか撮る余裕無し w
とにかく足を付かず登り切る事だけに集中。
ちなみに、一番の山場はつづら折れ区間と思われましたが
それ以上に厳しかったのがそこから上の亀甲路面!
ハンドルを取られるわ、踏み込むとスリップするわで
普通のアスファルト路面に比べたら倍以上疲れました。
それでも歯をくいしばること1時間ちょい・・・




ドンデン山征服



祝!「ドンデン山」制覇
途中、何度も挫けそうになりましたが諦めないで良かった。
登り切った達成感は格別です。


その後は「ドンデン山荘」で一休み。




ドンデン山荘


ご褒美は抹茶ソフト



気温20℃を切る秋の風に吹かれながらご褒美の抹茶ソフト・・・うめぇ~♪


デッキからの眺望も最高!
刈入れの時期を迎えた田んぼが広がる国仲平野が一望。
さらには粟島から新潟市内のビルまで確認する事が出来ました。
海抜約900m、スタート地点からの走行距離は約12km。
ページの冒頭、ドンデン山を見上げてた加茂湖畔(赤)・・・
あそこから走ってきたと思うと感慨もひとしおです。




眺望最高!







Newer Entryドンデン山ダウンヒル

Older Entryタイカブのチェーン調整

 

Comments
Edit
すごいですね、とうとう自転車で登りきったんですね。
それも足をつかずに登りきるなんて・・・・モンキーでもヒイヒイいいながらってかんじだったのでそれを自転車でなんてすごい。
上のほうのあのデコボコの路面は難関だったんでしょうねー、汗やら涙やらそりゃいろんなものが出てきてもおかしくないです。
Edit
>パスタおやじさん

ヒルクライムはちょっとしたコツがあって
コーナーを繋ぐ緩斜面でいかに「休んだ気になるか」が勝負です。
あとはあまり先を見ない&急がない事ですかね w

それとデコボコ路面、ダックスやタイカブくらいのタイヤ幅でも嫌なものですが
溝幅に近いロードバイクのタイヤ(700c)では・・・滝汗


Edit
おぉぉ~、ハミングバード号、ついに狭い鳥籠ブチ壊して飛んでっちゃいましたね。(ハミングバード/斉藤和義参照)
あの道はロードバイク向きじゃないって思わないところがスゴイw
ボクが一番心配したのは狭いコーナーでの対向車とのすれ違い。
トレッキング客のバスとかが結構登ってくるし、杉池から下る時常にブレーキ握りっぱなしで腕痛くなって握力低下しましたからね~。
次は天然杉ですか、それとも山居の池?
Edit
>きらくあんさん

天然杉?山居の池?ってキビシイ~ (ToT)
でも、もし行くんだったら誘って下さい。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >