Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Category: 自転車  

ドンデン山ダウンヒル

フラフラになりながら登り切ったドンデン山。
山荘からの景色を十分堪能したらお次はダウンヒル!
競技とかだと機材保護?のためパスする人もいるようですが
これを抜きにしたらもったいないですよね。
ただ、飛ばし過ぎでコケた時のダメージは計り知れないので
写真でも撮りながら安全第一で慎重に下ります。




ドンデン山荘への分岐


↑ 山荘入口の看板奥に見えるのは佐渡最高峰の「金北山」(標高1,172m)。
その奥には真野湾越しに小木半島が見えます。




亀甲路面・・・


↑ これが今回一番の難敵だった「亀甲路面」。
端まできっちり刻んであるので逃げ場がありません・・・
ロードバイクのタイヤ幅だと凹部分にハマりやすく
上りで乱暴に踏み込むとスリップして立ちゴケしそうになります。
ちなみに、下りでも悪影響は大きくががががががっと物凄い振動!
終いにはヘッドパーツのロックナットが緩んでしまい
随時締め込みながら走る破目になりました。




さよならドンデン山荘



放牧地


↑ ドンデン山荘の下にはエスケープゾーンならぬ放牧地が広がります。
今回、牛に迫られる事はありませんでしたがそこかしこに落ちてる
牛フンにその息遣いを感じました・・・




つづら折れ区間



ぐるぐるカーブ



お立ち台


↑ 台地(放牧地帯)を過ぎると「つづら折れ区間」。
見た目に心が折れますがアウト側を走れば楽勝・・・ってウソです。
Z坂の倍くらい厳しいです!




採石場・・・


↑ 眼下に見えるのは採石場。
花の百名山との対比が強烈でやりきれませんがこれも現実です。




栗爆弾


↑ 中腹付近は広葉樹のトンネル。
今はまだ濃い緑ですがもうすぐ真っ赤に染まります。
すでに路面には栗が落ちてるのでうっかり踏まない様にしないと危険です。
でも、食べれますので拾って帰れば家族はきっと大喜び。
もう一回行って来い!って言われるのは必至 w




トラック野郎


↑ アオネバ登山口を過ぎるとトラック続出!
とにかく引っ切り無しに現れるので気が抜けません。
ここは仕事の邪魔にならないよう&飛ばし過ぎに注意して下りましょう。




無事下山


↑ 無事下山したら稲穂越しにドンデン山を眺めて一休み。
寄り道しながらでもやっぱり下りは早いです。


さて、この「ドンデン山ヒルクライム」コース。
事前情報では「佐渡ヒルクライム」コースより楽・・・
と耳にしてましたが誰だそんなこと言ったの!?
同等、もしくはそれ以上に厳しかった・・・
坂バカには挑戦し甲斐のある魅力的なコースに間違いありません。






Newer Entryパンク

Older Entryドンデン山ヒルクライム

 

Comments
Editひぃぃ・・・
7枚目、よくそんなところでチャリ立てましたね。
チャリ落下とか考えないんですか(汗
Editイリュージョン
身代りに自分が滑って転んだよ (☍﹏⁰)。
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >