Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Category: ツーリング  

石名和木線

6月に入り一気に夏が来た感じの佐渡地方。
佐渡の初夏を代表する大野亀のトビシマカンゾウが見頃と聞いたので
XLRに跨り「大佐渡石名天然杉」経由でまわってきました。



【10:15】 両津港から約10分で「大佐渡石名天然杉」の入口(和木集落)に到着。



大佐渡石名天然杉 和木側入口



入口は通り過ぎてしまうくらい分かり難いですがその先も寂しげで
初めて訪れる人は「ホントにこの道でいいのか?」
と不安になるような林道が約10km続きます。



いざ天然杉へ



↑のポイントは海から約1kmくらい入ったところですが
横を流れる川に竿を出せばヤマメや岩魚が釣れちゃいます。



【10:40】 和木側入口からゆっくり走って30分弱で峠の駐車場に到着。



峠の駐車場
 



平日の昼間だというのに駐車場には先行車の姿。
道幅の狭いヘアピンカーブでは出会い頭の衝突に要注意!
また、路肩には浮き石が多いのでオーバースピードも禁物です。
こんな時、XLRは扱いやすくてイイですね。
フロントホイールが大きいので見た目は曲がりそうにありませんが
乗ってみるとタイヤの細さと軽い車体が相まってペタン、グオッ!
と思いのほか軽快に走れます。




駐車場入口



「駐車場の登山口」は「遊歩道入口」にあらず・・・
「遊歩道入口」まではここから砂利びきの作業道を約10分(500m)くらい徒歩で上ります。
もちろん一般車両の乗り入れは出来ません。




大佐渡石名天然杉 遊歩道案内看板



遊歩道内のレポートは以前も書いたので省きますがあれから3年も経ってたんですね・・・
で、今回は目新しいところだけご報告。
遊歩道の出口付近にある「展望台」がリニューアルされてました。




展望台



以前は角材で出来てましたがオシャレな丸太造りになってます。
出来は悪くありませんがちょっと小振りになったのはなぜ?
まぁ、見た目は変わっても眺めの良さは変わりなし。
佐渡北端の鷲崎方面や両津湾の景色が一望出来ます。



佐渡北端方面



↑ 左手には佐渡北端の眺望。



佐渡北端方面の眺望



↑ 木陰の向こうにはこれから向かう「大野亀」の天辺が薄っすらと見えます。
その手前に見えるのは先日ロングライドで通ったZ坂かな?




両津湾方面の眺望



↑ 右手には両津湾越しに水津の岬が見えてます。
当日は靄が掛かって見えませんでしたがスッキリ晴れてれば
水平線の向こうに本土の山並みを見ることが出来たでしょう。



和木入口方面



↑ 目を下にやると先ほど走ってきた川沿いの道が見えます。



【11:30】 駐車場を出発
下りは元来た道は戻らず峠を越えて外海府方面(石名集落)へ。
中腹から上の道端にはウツギの花がいっぱい!
この花、好きですね~
カンゾウや岩ユリにも負けてません。



ウツギ満開




【11:50】 約20分で石名集落の入口(出口?)に到着、やはり下りは早いですね。



石名側出口



途中、何台かの対向車とすれ違いましたがそのうちの一台は重機を積んだセルフローダー・・・
先行してた車が慌ててバックしてくるので何事かと思いましたがXLRには関係なし。
難なく草の生えた路肩を進んで無事クリア、あらためてオフローダーの良さを実感です。
さて、この後は一路海岸線を北上し「大野亀」を目指します。






Newer Entry初夏の佐渡北端めぐり

Older Entryその先へ・・・

 

Comments
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >