Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Category: ダックス  

カフェダックスの消音対策

彼岸を過ぎて秋が加速した感のある佐渡地方。
田んぼでは早稲に続いてコシヒカリの刈り入れが本格化。
どこからかキンモクセイの香りも。
そんな中、ホントはサイクリングや釣りに出掛けたいところでしたが
ヒルクライムの無理が祟って腰痛に・・・
そこでおとなしくガレージに籠ってダックスいじり。
前々から気になっていた騒音対策を施します。





デイトナのインナーサイレンサー




今回、騒音対策として用意したのはデイトナのインナーサイレンサー。
観察するとただの鉄管に爪を内側に打ちこんだ単純な構造で
要は排気通路に壁を作って音を打ち消す仕組みのようです。
パイプの長さは効果が一番ありそうなラインナップ中最長の200mmを選択。
抜けが悪過ぎたら短く切ればいいやって事で・・・
まぁ、見た目は今まで付けてた物に比べたらいかにも効きそうです。




インナーサイレンサー 正面比較




排気方向から見ると「排気干渉タイプ」である事がよくわかります。
で、これをサイレンサーに装着。




インナーサイレンサー装着



排気干渉タイプ




長穴加工など若干手を加える必要はありましたがほぼポン付け。
で、さっそく期待に胸膨らませながらエンジンを掛けてみると・・・




!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?




おいおい、ぜんぜん変わっとらんちゃ (=_=;)






Newer Entry続!カフェダックスの消音対策

Older Entry復活!佐渡金山ヒルクライム

 

Comments
Editということは…
パイプ自体の共振音なんかが耳障りなのかもしれないですね。

バンテージ巻くくらいしかできないでしょうね。
Edit
>C1さん

なるほど、共振音ですか。
アイドリング中と吹け切ってからの音は割りと静か(個人的感想)
なのであながち外れてないかも知れません。
さっそく何かしら巻き付けて変化を確認してみます。



Editエキパイ部分の厚みが
0.3mm厚いだけでも音質、音量、共に大幅に変わります。

バギー時代に沢山やりこみました。。。結果はサイレンサーのグラスウールのオイルしみによる低下をマメに交換とエキパイ部分へのサーモバンテージが一番音量効果がありました。

4ストならエキパイ部分とサイレンサーの容量アップしかないですよね。

あとは腹下にサブチャンバー室を設けて排気周波数をズラすとか…ってやりすぎですねw
Edit
①根本から先っちょまで毛布を巻く

②カーステを付けてエンジン音より 大音量で流す

③耳栓を大量発注し佐渡の全住民に 配布

④CBX1000のマフラーを加工して 入口を1本にして装着

⑤自転車用の段ボールケースで車体 を覆いハンドルやタイヤの下部、 ライトやウインカーを二ョキッと 付き出させ内側に吸音材を詰める
Edit
>C1さん
昨夜、試しにボロ布を巻き付けて走ってみましたが残念ながら変化なし・・・
ちゃんとしたバンテージだと違うのかな?
ちなみに、デイトナのサイレンサー・・・
以前のバッフル仕様よりエンジンが回ります w


>満太郎さん
どの案も素晴らしいですがとくに⑤は気になります。
ダイハツ「コペン」のように壁紙の取り換えだけで
ドカにもなるしninjaにもなる!
特許申請で大儲けだっちゃ~



Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >