Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Category: モンキー  

ジェネレーターまわりのオイル滲み検証

先日、「大佐渡スカイライン」を走り切ったモンキー。
その後、ジェネレーターカバーの下にオイル滲みは見られませんでしたが
中がどうなってるのか気になって仕方ないので確認することに。

まずはカバーのドレン穴付近を見てみましたが滲みなし ♪
次にエンジン側のジェネレーターベース下部ですがこれも滲みなし ♪
よっしゃよっしゃ!と気を良くしたところで更に核心部、
フライホイールを外してみたところ内側の一ヶ所だけにオイル滲みアリ・・・泣
やはりセンターのオイルシールがダメだった?
とガッカリしながらLEDライトで奥の方を照らして見ると・・・乾いてる!?
組み直した時にシリコングリスを多めに付けた事が幸いしてる
だけかも知れませんが今のところオイル漏れは止まってるみたい。


じゃ~、フライホイール内側に付着したオイルはどこから来た!?
で、よく見たところどうもオイルまみれの発電用コイルが怪しい・・・
補修前のオイル漏れによりコイル内に残ってたオイルが走行中に暖まり、
ガレージ内で少しずつ下に垂れてフライホイールの内側に落ちたのでは?
もし推測通りならしばらくすれば垂れなくなると思われますが
以前、V-maxのジェネレーターまわりから配線にオイルが回り込み
それが抵抗になってコネクターが発熱&熔解した苦い経験があるので
甘く見てると大変な事になりそうで怖いな・・・
とりあえずパーツクリーナーをたっぷり吹き掛けエアブローしておきましたが結果は如何に?
この先どうなるかもう少し様子をみる必要がありそうです。




フライホイール取付け




ちなみに、今回のフライホイール組み直しでは新たに純正パーツを一つ追加、
フライホイールを締め込むナットの下に入る「10mmワッシャー」。
中華エンジンには元々入ってませんでしたが念のため追加・・・
本家ホンダでも初期の横型エンジンでは入ってない場合があるようですが
一応12Vを模してあるので無いよりはあった方が良いでしょう。
これで半歩、本物に近付いた w





Newer Entry冬用、エネルギー搬入

Older Entryモンキー、山に上る

 

Comments
Edit
shibaさん見てたら人生謳歌してるなぁ~と思ふ
Edit>満太郎さん
ホント、オイル漏れで悩んでるなんて幸せもん・・・
こうしてボソボソとですがブログを書ける現状や
訪れてくれる趣味仲間たちにあらためて感謝です。

先日も満太郎さんがご縁で知り合えたパスタさんと
ブログの更新が滞ってるのが心配・・・
と話してたばかりなんでカキコを見て少しほっとしました。
これからも鋭いツッコミよろしくお願いします。
Edit
入院生活で同じ趣味、同じ匂いのがん友がいるので助かってます。
退院したら新車を買う作戦だそうですが奥さんからは反対されてます。
退院前に売った車両は下の息子のninjya代に消えましたw

上の娘さんはまだ現役アルペンレーサーです。
学生時代や国体開催時期は新潟や東北に行ってるようです。
今期はオートバイの怪我で休んでるけど、休んでいても大阪でのトップは動かんそうです。

本人の希望はMT-07からグレードアップしてMT-09になり、一昨日からはCB1300SFになってます。
奥さんと共闘して阻止しクロスカブくらいに落ち着かせてやりますw
Edit>満太郎さん
以前、バイク事故で入院中の同級生を見舞いに行ったところ・・・
ベッドの上はバイク関係の雑誌にDVDばかり!
懲りて凹んでると思ってましたがやはり次期の愛車を探してました w
薬では効かないところに必要なんでしょうね。

Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >