Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Category: 自転車  

ママチャリ タイヤ交換備忘録2

面倒なホイール外しまで進んだママチャリのタイヤ交換作業。
お次は古いタイヤとチューブを外して新品に交換します。




タイヤ外し




ママチャリのタイヤはロードバイクのそれと違ってテンションが低いので
コツさえつかめばタイヤレバーを使わなくても外せますが
せっかくあるなら100均仕様でも使った方が楽です。




耐摩耗・長寿命!?




交換する新品のタイヤ&チューブは買いに行ったところ安価なノーマルから
ちょいとお高い耐パンク・耐摩耗性能を謳った物まで色々あって迷いましたが
次に作業する期間が少しでも伸びるならと後者を選択。
小さく書かれた(当社比)の文字が気になりますがまぁいいでしょう・・・




新品チューブ投入




新品チューブを組む時は捩れ防止に少し膨らませておきますが
ベビーパウダーを少し付けるとさらに引っ掛かりなく収まります。




噛み込み確認




一通り組み上がったらリムとビードにチューブが噛んでないか目視で確認。
万が一噛んでた場合、パンクする可能性が高まるので要注意!
高圧のロードバイクだったら速攻でアウトになりかねません・・・




バルブ位置にマークを合わせる




どうでもイイかも知れませんがメーカーロゴとバルブ位置を合わせておきます。
こうしとくと空気を入れる時、コンマ数秒バルブを早く探せます w
本来ならタイヤバランスを気にして位置決めすべきでしょうが
タイヤ振れで困るほどスピードは出しませんからね。




作業完了




タイヤ交換が済んだらバラしたのと逆の手順で組み直し。
スタンドやステー類の順番はメモ代わりに取っておいた画像で確認、
ブレーキやシフターの調整も忘れない様に行います。

最後に試乗して作業完了・・・
のはずでしたがタイヤ関係でなくシフターに問題あり。
シフトアップは出来ますがシフトダウンが出来たり出来なかったり・・・
インター3の調整はしっかりやったのにおかしいな?
ってことで色々やってみたところ原因はシフトワイヤーケーブル。
これを洗浄&オイル注入したところ問題解消 ♪
ケーブル単体で動かした時はとくに問題無いと感じてたので
内部抵抗が与える影響の大きさを改めて再認識です。
で、家人に「今まで変じゃなかった?」と聞いたところ
「使わんから気付かんかった」・・・だそうです。





Newer Entry高速カーフェリー「あかね」 初乗船

Older Entryママチャリ タイヤ交換備忘録1

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >