Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Category: ガレージライフ  

リカバリー作業いろいろ

寒暖の差が激しく体調維持が難しい今日この頃、
それは人だけでなく機械にも同じなのか?
突然、PCが黙りこくってしまいました・・・
撫でても叩いても動いてくれない・・・
そんな訳でここ数日はネットから離れリカバリー作業。
その甲斐あってなんとか再起動には成功しましたが失ったファイルも多く・・・
って言うかどんなファイルがあったかよく思い出せない w
自分の頭にもリカバリーが必要そうです。


それと平行してもう一つリカバリー作業。
先日、ビーチコーミングに出掛けた際どこかでコールタールを
踏ん付けてしまったらしく長靴のソールが大変な事に・・・




コールタールべったり・・・




両側とも1cm近い厚みのコールタールがほぼ全面にベットリ・・・
ちょっと擦ったくらいでは伸びるばかりで全く取れないので
まずは割り箸などでこそぎ落としソールが確認出来るまでの状態に。
しかしながらベタベタするのは相変わらず・・・
そこで今度はエンジンのカーボン落としで威力を発揮した「メタルクリーナー」なら
細かな溝に入り込んだコールタールもきれいさっぱり落ちるだろうとドブ漬け作戦。




メタルクリーン作戦




温めた溶液にしばらく漬けてから歯ブラシで落としてみるとイイ感じ!
に最初は思えましたが伸びるばかりでほとんど落ちない?
それどころか溶液の温度が下がってきたらよけいに酷くなる始末・・・
どうもコールタールが温めた事で軟らかくなっただけのようです。
で、色々考えた結果・・・




ガソリン作戦




少量のガソリンと歯ブラシ作戦。
以前、ビーチサンダルに付いたコールタールを落とすのに使ったら
綺麗に落ちたのを思い出し試してみましたがこれが当たり!




コールタール除去




ものの数分でほとんど落とす事が出来ました♪
頬ずりはしませんが出来そうなくらい溝の奥までスッキリ。
ここまでくれば砂が付着したりカーマットを汚す事もないでしょう。
ガソリン=溶剤なんでゴム製品に対しては出来るだけ
使いたくありませんが短時間でこの効果なら致し方ないかなと・・・
劣化の進行具合が若干心配ではありますがその辺は経過観察、
とりあえずリカバリー出来て良かったです。






Newer Entryうるう日の補修作業

Older Entry佐渡乳業の「トキパック」

 

Comments
Edit
てっきり人工芝みたいなとこでゴシゴシと思ったっちゃw
コールタールにはガソリンか・・メモメモφ(..)
Edit>満太郎さん
たしかに人工芝が効きそうな絵面ですね~
やってる時は時短優先だったので事後になってしまいました (;^_^A

この体験談は世界中のコールタール被害者に贈ります。
何人おるかは知らんけも w
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >