Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Category: ガレージライフ  

笛とキャブレター

先週行われた地元の春祭り「山王祭」。
「鬼太鼓」「射手」「下り羽」「山車」などが古式ゆかしく行われました。
自分はこれまで「鬼太鼓」と「下り羽」と携わってきましたが
今年は初めて下り羽に笛吹きとして参加。




笛吹き




知らなかった世界を体験する良い機会となりました。
で、笛を吹きながら頭に思い浮かべてたのはキャブレター・・・
こんな事では師匠に怒られますが性分なんで仕方ありません。




篠笛と龍笛




↑ 奥が「龍笛」で手前が「篠笛」。
キャブレターに例えると龍笛が「PC20」で篠笛が「PC18」って感じ?
音を出すため息を吹き込む穴の事を「歌口(うたぐち)」と呼びますが
龍笛のそれは篠笛のそれに比べ径が大きく吹き込む空気量も多くなります。
その分、出てくる音(圧・量)も大きいですがそのあたりキャブと通ずるところがあるような・・・
押さえる穴の数で音階が変わるところもMJやPJの番数違いっぽいし・・・




PC20




これまでモンキーには中華PC18を使ってきましたが今一上が物足りないので
ダックスのエンジン変更で余ったPC20を試してみようかと・・・
笛は効率良くやれば無駄な息を使わず良い音が出るけど
キャブのセッティングはどうでしょうね?
まぁ、そう上手くはいかないか・・・





Newer EntryPC20経由中華PC18

Older Entryうちの近所の活断層

 

Comments
Edit
郷土の伝統を受け継いでいくのはすごくいいことですね、見習いたいです。
おもいもよらなかったけどキャブと笛は似てたんですね(笑) 
じっさいキャブを吹いて音色を奏でられるよう練習してshibaさんが新たな伝統を作ってください、その際は弟子入りいたします。
Editホラ吹き3年!?
吹き込むだけで音が鳴るようインテーク側を加工して
音階はスロットルで調整出来るよう京浜かミクニに発注・・・

酔っぱらった師匠曰く・・・
笛吹きはみんなホラ吹き w
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >