Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Category: ホンダZ  

最小回転半径の適正化

ステアリングラックの渋み調整が落ち着いたホンダZですが
惜しい事にハンドルが若干左に傾いて気持ち悪い・・・
そこで、修正する事にしましたがラックブーツを外したところ
ラックギアの飛び出し量が左右違う事が気になり念のため確認。
子供に手伝ってもらいハンドルをフルロックするまで動かして
センターからの移動幅を左右で比べてみたら1cm近く違ってる!?
ラックケースの端からストッパーがぶつかる面までの奥行きが
左右で違う事を差し引いてもこれはおかしい。
今回、タイロッド長は弄ってないしボスを社外品に替えた時も
長さが極端に変わる程は弄ってない・・・
どうやらラックセンターのずれをタイロッドで無理やり補正してたみたいです。
右にUターンする時、3車線あっても切り返しが必要で
「ちっさいくせに小回り効かんな~」
と思ってましたが原因はもしかしてこれだった!?




ラックエンド調整




で、さっそく左右の移動幅を測定し直したところ
やはり右にハンドルを切った時の移動幅が少ない・・・
そこでタイロッドエンドのナットを緩め左右の移動幅が
同じになるようタイロッドシャフトを回して調整。
トー角が狂わないよう目印を付けて同じだけ回した結果、
L側タイロッドシャフトのネジ山は少なくR側は多めに変化。
それによりハンドルはさらに左へ傾くことに・・・




ラックエンド長修正後




でも、今回は残念ではありません・・・むしろ、ありがたい!




角度修正




ボスを外さなくともほぼ真っ直ぐに修正する事が出来ました w
が、ここで大ポカ判明・・・
ステアリングマニアなら一目瞭然!?
自分はハンドルを外してようやく気付きましたが
これまですんなり付いていたのが不思議でなりません・・・汗



と、色々ありましたが一通り作業完了 w
試しに今までは切り返さないと右Uターン出来なかった
場所で回ってみたところ切り返し無しでクルっといける ♪
予定外の作業でしたがこれは大きい・・・
たった数ミリの変化ではありますが効果は数値以上。
滅多にフルロックターンはしませんがいざという時、
とくに右への小回りが利くようになったのは助かります。





Newer Entry常夏ガレージ

Older Entry運転ストレス約30%減

 

Comments
Leave a comment








12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >