Moving @ SADO ~別館~

日本海に浮かぶ佐渡ヶ島でうこついてる人のブログ

Sort by 自転車

Category: 自転車  

黒板五郎リスペクト

先週末は雨が降ったおかげで雪解けが加速。
そこへ太陽の陽射しも加わりさらに加速!
おかげで道路の雪はほとんど消えてなくなりました。




日光浴




つい先日まで30cm近く積ってたのがウソのよう。
寒さに凹んでたワンコも喜んで日光浴です w
ただ、お天気は変わりやすく数時間後には曇り空・・・
それでも先週に比べたら寒くないのでこの機を逃さず
久しぶりに自転車を引っ張り出してポタリング。




なごり雪?


雪捨て場




寒波の名残り巡り。
外で体を動かすのは雪かき以来・・・
気持ちいいですね~
昨年は1月以降、除雪に出る事はありませんでしたが
今年もそうなってくれる事を願うばかりです。


ところで、冬季のサイクリング用に導入した毛糸の帽子。




黒板五郎?




これまではツバ無しタイプを使ってましたが風があったり
陽射しが強いと今一だったのでこれはイイ!
耳も暖かいので一石二鳥です。
ただ、ガラスに映った姿を見て驚いた・・・


黒板五郎 w


足元が長靴だったので上着もドカジャンだったらほぼ完璧!
寒い中で乗ってみてようやく解った・・・
あれは北の大地で洗練されたスタイルなんだと。





Category: 自転車  

仮称「ピンクヘッド」

暇さえあれば雪かきに追われたここ数日、
夜は疲れて早めに休む事がほとんどでしたが
ようやく体も慣れてきたのでストレス発散にガレージ作業。
まずは比較的手軽に出来るところからって事で自転車いじり、
次期MTBに組み込む部品を整備しときます。




次期MTBの基本構造




軸となるのは古いクロモリフレーム、
ニックネームは釣り人目線で仮称「ピンクヘッド」!
そこにサスペンションフォークを組んでみる予定。
俗に言う「ハードテール」ってやつですがバランスはどうなるだろう?
このフレームは元々付いてたはずのリジットフォークが無かったので
改造するにはちょうど良かったんですが用意したフォークの方が
長いのでキャスター角は寝るだろうしBBハイトは上がるわな~
まぁ、組んで乗ってみないと答えは出ないので先に進みます。




リアスプロケット整備




組み込むコンポーネントは9速時代のデオーレXT。
大手パーツメーカーがこぞって10速時代に移行した7年程前、
コンポ入れ換えで中古市場に流れた不遇の部品たちですが
自分が考える使い方においては必要十分なクオリティー。
パラレルリンクブレーキなんかは無駄に凄い!
ただ、予想外だったのは昨今のフロントシングル定番化・・・
多段化が進み今や1×11速(ワンバイイレブン)の時代です。
一番ワイドなリアスプロケは10-42T!?
9速時代は一番ワイドなやつでも11-34T・・・
フロントシングルに拘るなら低速・高速のどちらかを
選んで走る場所に合わせたセッティングが必要そうです。




スパイダーアーム




スパイダーアームを見てるだけで酔える w





Category: 自転車  

ダムの畔で次期MTBを考える

冬至を目前に10月中旬の陽気となった先日の休み。
こんな機会を逃す手はない・・・
って事で大掃除を手早く済ませSHOGUNさまとニイボダムへ。
出向いた目的は次に仕立てるMTBの方向決め。

・フロントシングル
・フロントサスペンション付きのハードテイル

上記2点を軸に構成の予定ですがギア比の問題や
部品選びに迷いがあるので実際に走って答えを探します。


まずはニイボダム外周のフラットコース。
平場のバードウォッチングやお散歩程度なら
インナー(26T)トップ(13T)で事足りそうですが
長距離も走るとなるとフロントはやっぱりミドル(36T)が必要かな?
フロントシングルにするならリアとの兼ね合いもあるけど
間を取って(32T)前後ってとこでしょうか?




落ち葉ロード


脇道トレイル




お次はダートコース。




山岳トレイル




前々から気になっていた外周コース脇の林道ですが
雪や雨の影響でマッドコンディション・・・
ドロドロになりそうな事から少し躊躇しましたが
テストするには打って付けなので覚悟を決めて突進。
勾配がきついところはインナー(26T)ロー(30T)、
滑りそうなところはリアを若干重く(26T)してトラクションを
掛けながらゆっくり進む事でクリア。
これ、楽しい♪
もうSHOGUNさまだけで十分なような気がしますが
それでは困るので粗探し w
下りではやはりサスペンションが欲しいかな~
それとブレーキ。
雨で濡れるような状況ではディスクブレーキが欲しい!
カンチではワイヤーが切れるほど握り込んでも
ツツツ~と滑って冷や汗もの・・・
これは何とかしたいです。




案内図




それにしてもダムのすぐ側にこんなコースがあるとは知りませんでした。
佐渡市に合併する以前の旧新穂村時代に出来たコースみたいですが
案内看板を見ると尾根近くまで行けそうな感じです。
今回は時間も無いので途中で引き返しましたが
いつか突き当りまで行ってどんな景色が見えるのか確かめたいですね。
その時はぜひレトロモダンなMTBで・・・


ところで・・・




ドラえもん!?




この人、気になるわ~






Category: 自転車  

新酒を呑んで考える

師走に入り何かと気忙しい今日この頃。
やりたい事は色々あれど早朝と仕事上がりは暗いし寒い、
ガレージ籠りも出来ない事はありませんが
無理してやってもろくな事がないのでここはおとなしく現実逃避・・・




勉強中




古本屋で買ってきたMTB雑誌を肴に前向きな晩酌。
新たなMTBを仕立てるにあたり少し勉強でもしようかと・・・
で、その中の「一年生」向けトレンド紹介記事を見てビックリ!




リジットって普通だろ!?


27.5!?




自分が抱くMTBのあるべき姿が「かつて」扱いされてる!
この雑誌は今年出版されたわりと新しい(すでに古い)ものですが
ここ10年で規格がこんなに変化してたとは知りませんでした。


● ホイールサイズは29、27.5インチが主流に・・・(昔は26インチ)
● サス付きが当たり前・・・(昔はリジット)
● フレーム素材はアルミやカーボン・・・(昔はスチール)
● ヘッドはOSアヘッドからテーパーヘッドに・・・(昔は1インチスレッド)
● ディスクブレーキが当たり前・・・(昔はカンチ)
● リアスプロケットは9、10速から11速に・・・(昔は7速)


他にも変更点がいくつもあって浦島太郎状態です。
クロモリフレームに手持ちの部品を組んで
あわよくば「レトロモダン」な一台を!
と目論んでましたがただの「レトロ」にしかならないもよう・・・
まぁ、それもいいでしょう。




たくわん




ちなみに、最新パーツは買えませんがお酒だけは最新 w
佐渡を代表する酒蔵の一つ加藤酒造の
「金鶴 純米 しぼりたて生 風和(かぜやわらか)」

うまいね~ (´~`*)






Category: 自転車  

MTB増車計画

先月末から雨の日が多く12月も雨のスタート。
これからこんな日が続くかと思うと気が滅入ります・・・




師走の雨




寒くても路面さえ乾いてればバイクやホンダZに乗れますが
さすがに水たまりがあるような状況では無理して出掛ける気にもなれません・・・
そんな時、以外と使えるのがMTB。
早く走れば跳ね上げた泥水を頭から被る事になりますが
水たまりを避けてゆっくり走ればドロヨケ無しでもけっこう楽しめる。
今まで気付かなかった路地や景色に出会えるし
鈍り気味の体も動かせるので一石二鳥!
コレはイイ ♪




サザンカ




で、冬場の楽しみにストック部品でもう一台組めないか検討開始。
ベースのフレームはかなり古めのクロモリフレーム・・・
個性的だと思ってたエレベーテッドチェーンステーも
BD-1が横に並ぶと普通に見えます w




エレベーテッド




さて、どうしようか・・・






12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >